なんだろう?なんかグッときた

雑記ブログです。こじらせております。

ザンビ7話の感想!おい!守口さん、だいじょうぶなんだろうな?の回なのです

ザンビ7話の感想!おい!守口さん、だいじょうぶなんだろうな?の回なのです

 

 

地上波での放送が待ちきれず!【Hulu】フールーで見ています。ザンビ7話は脱出の回なのです。齋藤飛鳥さん演じる山室楓と、堀未央奈さん演じる諸積実乃梨、与田祐希さん演じる甲斐聖がザンビが発生した学園から脱出を試みる回なのです。ラーメンズの片桐さん演じる守口も協力してくれます。

 

 

脱出するということは出口を探すのです。
出口、それは入り口でもあるのです。
出るということはどこかに入ることでもあったりしますね。
ザンビ、どうなることやらなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザンビ7話の感想!

 

ザンビは進化?変化?するようなのです。ザンビ→『カミビト』漢字でどのように書くのかはわかりません。『神人』なのでしょうか。

 

ザンビが生と死の間の存在なら、カミビトは神様と人の間の存在なのでしょうかね。ザンビが孵化してカミビトになるようなのです。

 

太田莉菜さん演じる担任の先生がザンビからカミビトになってしまいました。ザンビはカミビトになると、髪の毛が白くなります。そしてどうやらカミビトはあやめることが出来ないようなのです。

 

えっ?そしたらザンビってやっつけることが出来るのっていう新鮮な驚きがありました。これはきっと今後のゲーム展開『乙女神楽』の設定に関わってくる部分なのでしょうかね。どうなることやら?

 

 

 

 

それはそうとザンビ→カミビトになった太田莉菜さん。つまりは担任・元ザンビです。奇妙な動きをして、主人公を襲います。太田莉菜は美人です。キレイなザンビがキレイな主人公たちを襲うのです。本来ならこのシーンでは、恐怖を感じるはずなのですが・・・。

 

 

いかんせん画面上、美人が分布しているわけです。おもわず感心してしまいました。キレイとかカワイイって、すげぇんだなと改めて思いました。キレイなものを見ると、一瞬動作が止まりますね。あれはなんなんでしょうね。基本的には怖いですよ。ふとした瞬間の「あっ!美人」。それきっかけの、美人だな〜、なのです。

 

 

そして星野みなみさん演じる秋吉凛ザンビが再登場します。出番は少なめでした。これはドラマを制作されている方々も思ったのでしょうか?星野みなみさん演じる秋吉凛ザンビ、どこか可愛らしいのです。隠しきれない可愛らしいがあるのです。今は可愛らしいはちょっとあれだなと・・・と。ホラーを俯瞰で見ちゃダメですね。前のめりで、のめり込んでみて恐怖を感じる。それがいい姿勢なのかもしれませんね。

 

 

堀未央奈さん演じる諸積実乃梨と、与田さん演じる甲斐聖が、主人公たちとはぐれ教室に立て籠もることになります。

 

甲斐聖は「もうだめだよ」的に、自暴自棄になってしまいます。それを諸積実乃梨が「私がついてる」的な話で勇気づけます。いいシーンなのです。

 

ただ、それ以上に最近、堀さん一段とキレイになったな感があるのです。ホラーを前のめりに鑑賞せねばと思いつつも、いや、ホラーという状況が、芽吹いたキレイを更に際立たせているのかな〜とか思ってみるのです。

 

 

 

 

7話のラストは、ザンビ封印の儀式を行うような感じになるのです。その場には主人公の山室楓と守口がいます。最初のザンビを柩の周りをロウソクが五芒星的に囲んでいます。振り向く山室楓に、守口が手に持ったライトで殴りかかろうとするようなシーンで終わるのです。

 

 

守口さんあれです。ぼくはラーメンズのコントが好きです。とても好きです。守口さんはきっと、山室楓の背後にいたザンビを殴ったのでしょう。

どうなっていることやら?ザンビ8話が楽しみなのです。

 

 

ザンビ7話のざっくりしたあらすじ

 

主人公たちはザンビが大量に発生した学園から脱出しようと試みます。ですが学園の出口にはカギがかけられているのです。チェーンでグルグルに巻かれています。これはもう誰かが意図的にカギをかけた感まんさいなのです。

 

他の脱出方法を考えている矢先、ザンビに襲われ、主人公は諸積実乃梨と甲斐聖とはぐれることになってしまいます。主人公はザンビを封印する方法があると、守口に案内されます。そこには最初のザンビの柩が置かれています。ザンビ封印の準備をすすめる二人・・・。

 

 

 

ザンビ、今後の展開を予想してみる!

 

ポイントになってくるのは、7話のラスト、振り向く山室楓に守口が手に持ったライトで殴りかかろうとしている。

これですね。

 

なんで殴ろうとしたシーンになったのか?

 

予想1

そもそも学園にカギをかけたのは誰なのか?
これこそが守口であるパターンです。
ザンビの封印には生贄がいる。
だから山室楓を襲ったんじゃないのか?論です。


守口には幼い娘さんがいます。ザンビの大量発生をこの場で食い止めないと、いずれザンビの恐怖が幼い娘の元にとどいてしまいます。

 

 

 

予想2

予想1は、そう推測できるヒントがこれまでのドラマの過程にあったように思えます。
まんまとドラマを制作している方々の術中にはまっているのでは?ですね。

 

守口が殴ろうとしたのは、山室楓の背後にいるかもしれないザンビだとういうことです。主人公の山室楓はザンビ村にて何かしらの啓示的なものををうけており、(本人の知り得ないところにて)それがザンビの封印には必要だというパターンですね。ただこうなってくると、学校の出口にカギをかけたのはだれ?ですよね。

 

守口は学園に入って来ています。そしてカギは内側からかけられていました。
う~ん・・・。

 

 

 

予想3

守口が殴ろうとしているのはやっぱり、山室楓。しかし山室楓はそれをガードする。
8話の冒頭は、山室楓と守口の格闘シーンが展開される。

 

山室楓「守口さん、どうしてこんなことを?」
守口「仕方がないんだ。オレには娘がいるんだ」

 

山室楓「・・・」
守口「娘を守りたいんだ」


守口「だから君は生贄をなってもらう!うわあああああ」

 

的な会話が展開されます。

 

ただこれを、最初のザンビは柩の中で見ているわけです。最初のザンビは自分自身がこうなってしまったとう経緯があるわけです。ザンビ思うわけです。あの子を自分と同じにしちゃいけない。そんなのダメダメ。最初のザンビが目覚めるのです。

 

そして守口をやっつけます。なんやかんやで気づけば恨みも晴れています。ザンビ化した生徒も不思議とみんな元どおり。はぐれていた諸積実乃梨、甲斐聖も無事助かるのです。

 

 

たぶん、違うな。

 

ただ一つ言えることはザンビ8話も楽しみだとうことです。

 

 

 

 

 

最後まで読んで頂き、

ありがとうございました。

 

 

www.garyoku.xyz