なんだろう?なんかグッときた

雑記ブログです。こじらせております。

ザンビ5話の感想!友情ザンビあり!ストーリー以上にいい感じだったと思うのです!

ザンビ5話の感想!友情ザンビあり!ストーリー以上にいい感じだったと思うのです!

 

 

ザンビ、それは生きながらに死ぬもの。死にながらに生きるものなのです。
えっ?それ、ゾンビじゃん?
いいえ、ザンビなのです。残美なのです。

 

 

最初に思いついた人はどんな気持ちだったのでしょう?
噛みしめるように小さくガッツポーズをとったのでしょうか?
全身で喜びを表現するように大きなガッツポーズをとったのでしょうか?
ザンビなのです。

 

 

それはそうとザンビの5話です。クラスから生徒がどんどん減っている。山室楓(齋藤飛鳥さん演じる)の友人たち以外のクラスメイトも、学校内の異変に気づき出すのです。五話の最後の方にはもう、学校内をザンビたちが徘徊を始めるのです。当たり前ザンビ状態になるのです。5話は日常から非日常へのと物語が大きく動いていくのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザンビ5話の感想!

 

良かった。すごく良かったのです。
5話では、齋藤飛鳥さん、与田祐希さん、堀未央奈さん、だけでなく寺田蘭世さん、星野みなみさんが活躍されます。

 

 

堀さんにいたっては他番組に出演されているお姿を拝見して、「あれ?キレイになった」「あれ?キレイになった」そう思った次第であります。先輩に美人がいる、堀さん元々美人です。先輩美人が後輩美人を、さらに美人に変えていく。それが乃木坂46なのかもしれません。美人、それは生き方が反映されますね。いい美人で出会い、自分自身も向上心を持ってさらに美人になっていく。おおお・・・。

 

 

堀未央奈さん映画『ホットギミック』の主演されるそうで、ホットギミックの山戸結希監督は『溺れるナイフ』や『21世紀の女の子』を撮られた方なのです。こりゃ~どうなるんだろう?どんな感じになるのだろう?と、楽しみなのです。

 

 

www.cinemacafe.net

 

 

話、戻します。

 

与田さん演じる甲斐聖がクラスメイトからいじめを受けています。そして屋上で泣いているのです。自分を勇気づけるために音楽を聴いています。スピッツの『楓』です。そこへ齋藤飛鳥さん演じる、山室楓がやって来るのです。楓は泣いている聖に気づくも、なにも言わずに隣に座ります。

 

そして、イヤホンの片方を借りて二人でスピッツの楓を聴くのです。その映像がただただ、キレイなのです。キレイな方がお二人いる。でさらにカメラのアングルや、映像が動くスピードもキレイなのです。もうCMみたいなのです。5話にかんしては本編のストーリー以上に、キレイを感じてしまうことが多かったように思えます。

 

 

榊瀬奈を演じる寺田蘭世さんが登場します。赤いジャージを着て登場します。そしてまず、ぼくは思いました。赤似合うな!そしてすぐに気づくのです。寺田さん、キレイになったな・・・。やはり先輩美人が後輩美人を美人で引っ張るのです。切磋琢磨であり、相乗効果なのでしょうか。それでもやはり、美人ひっぱりができる美人と言うのは性格のステキな美人なのでしょう。ならばこそのザンビであり、残美なのです。

 

 

星野みなみさん演じる秋吉凛はザンビになっていました。結果、寺田蘭世さん演じる榊瀬奈に噛みつくのです。それでも凛ザンビ、どこか可愛らしいのです。演出意図は違うと思います。凛ザンビは暗がりで登場するし、ホラーメイクもされています。もちろんこわいのです。それでも、あれ?そんな風に思って見返してみたならば、もちろんこわいんですよ。ですが、隠しきれない可愛らしさを内在しているのです。ぜったい演出意図にはないと思います。すごいです。隠しきれない可愛らしさ。お見事ですね。

 

 

 

ザンビ5話のざっくりしたあらすじ!

 

寺田蘭世さん演じる榊瀬奈は、齋藤飛鳥さん演じる山室楓たちの元へ、星野みなみさん演じる秋吉凛がいなくなってしまったことを相談しに来ます。ザンビの呪いを封印していた木の風車を手にして、みんなで秋吉凛を探しに行くのです。木の風車は近くにザンビがいると回り出すのです。そして更に接近すると、回転の速度があがるのです。どこかゲーム的な展開なのです。『乙女神楽』楽しみですね。

 

 

トイレの天井裏に凛ザンビがいました。そこに顔を覗かせていた瀬奈は噛まれてしまいます。瀬奈と凛は親友同士です。瀬奈はいなくなってしまった凛を探しにいって、凜に噛まれてしまうのです。切ないですね。友情ザンビです・・・。悲しいですね。

 

 

山室楓たちは夜の校舎を逃げます。ザンビが追ってくるのです。そして女子寮の生徒と共に教室に立てこもるのです。教室の外にはザンビに噛まれたかもしれない甲斐聖がいます。楓を逃がすためにザンビに噛まれたかもしれない聖がいるのです。楓は教室にいれようとしまうが、他の生徒から反対の意見が出ます。聖は「開けて!お願い」懇願しています。開けるの?開けないの?そんな感じで物語は終わります。

 

 

 

ザンビ今後の展開を考えてみる!

 

 

聖はザンビに噛まれたのか?噛まれていないのか?
噛まれていないでしょうね。で、教室に一緒に閉じこもってメンバーの誰かがザンビに感染しているパターン、ありそうですよね。

 

 

堀未央奈さん演じる諸積実乃梨は、ザンビパニックの中で主人公たちと離ればなれになっています。なにか重要なザンビ解決のヒントを掴むかもしれないですね。

 

 

そしてザンビパニックの中、木の風車の行方がわからなくなっています。やはり物語というのは行って帰ってくるものです。もともと封印といたわけですしね。登場人物は成長したことによって、今までの良さに気づくというパターン、あるかもしれないですね。帰っておいでよ、当たり前の日常。木の風車さがし、それは今後の展開にかかわってくるかもしれませんね。

 

 

 ぼくの個人的な見解なのですが、星野みなみさん演じる秋吉凛、どこかエスパーぽかったのです。視線を向けずに外を指さして「亜須未がいるよ」と言ってみたり、
(行方知れずになっている秋元真夏さん演じる亜須未ザンビ。校舎の高いところに座っていたのです。)ザンビ化して行方知れずになっている生徒たちを「みんな学校にいるよ」そんなことを言ってみたり・・・。

凛ザンビがエスパーザンビでである可能性も、なくはな・・・ないでしょうね。

 

いずれにせよ6話も楽しみです。

 

 

 

ザンビ

 

 

 

最後まで読んで頂き、

ありがとうございました。

 

 

www.garyoku.xyz