なんだろう?なんかグッときた

雑記ブログです。こじらせております。

映画デットプールを無料(フル動画)で見る方法とは?そして見どころ

映画デットプールを無料(フル動画)で見る方法とは?そして見どころ

 

映画デットプールを無料(フル動画)で見る方法とは?そして見どころ

 

映画『デットプール』はR指定です。
R15指定です。
15歳未満の方の入場・鑑賞が禁止の映画です。

 

 

映画『デットプール』ポップなんですけどね。
Hなシーンが多いというよりは、
残虐な殺戮が多いため、R指定がついている印象があります。
ポップはポップなんですけどね。

 

でも例えば海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』
と比較したらHでもないですし、残虐でもないです。

※『ゲーム・オブ・スローンズ』もR15です。

 

 

 

『デットプール』は『ゲーム・オブ・スローンズ』と比較したなら、
ぜんぜんポップです。
ただポップに演出されつつも残虐な殺戮はありますし、
目を覆いたくなるようなシーンもあります。
でも基本、主人公のデットプールは元気です。

 

なんでしょう。
それでも『デットプール』あまり両親と一緒には見たくはない映画です。
デートで見るのも違う気がします。

 

 

 

それでも最終的には主人公のデットプールを応援してしまいたくなるのです。
デットプールは最愛の彼女に受け入れるもらえるのか?

 

 

 

 

 

 

映画『デットプール』実写版(吹き替え)を無料で視聴する方法とは?

 

 

VODである『U-NEXT』なら無料での視聴が可能です。
U-NEXTの31日無料トライアルで無料での視聴が可能です。

 

ちなみにU-NEXTには2つの作品があります。

『見放題の作品』『ポイントを使用して視聴できる作品』です。
映画『デットプール』実写版はポイントを使用して視聴できる作品です。

 

映画『デットプール』を視聴するには330ポイント必要です。
※2019年12月

 

U-NEXTの31日無料トライアルに登録すれば、
600ポイントがもらえます。

そのポイントを使用して映画『デットプール』を視聴することができます。

『字幕』『吹き替え』は映画を視聴しながら変更することができます。

 

 

U-NEXTの公式サイトをみて見る!

 

 

 

映画『デットプール』の見どころ

 

 

あらすじ

ガンに冒された傭兵ウェイドは、完治を約束する組織の研究施設へ。
だが、そこでは人間を戦闘マシンに変える研究が行われており、彼は不死の肉体と超人的身体能力を得るものの醜い姿に。


施設を脱出したウェイドはデッドプールと名乗り、組織への復讐を始める。


U-NEXTより

 

 

以下ネタバレも含みます。
ご注意を。

 

 

 

 

 

映画『デットプール』の冒頭はゆる~く始まります。
あれ?なんだあんまり面白くないのかな?
そんな風に思った矢先、カーアクションが始まります。

 

 

で、さっそくのポップな殺戮のシーンが始まったりします。
基本はポップなんです。ブラックジョークとして見ていいはずなのです。

 

 

ブラックジョークを笑えるかどうか?そこが好き嫌い分かれるポイントになりそうです。身体がグシャとなるシーンがあったりします。
道路でのアクションですからね。予告編でのイメージよりも残虐なシーンは強いです。

 

そこカメラ向けないで・・・。と思う方もいるかもしれません。
目を覆いたくなるかもしれません。

 

デットプール手錠的なものに捕らえられるも、自らの手首を切断して逃亡します。
安心してください。多少時間があれば手首から先が生えてきます。
生えてくるからいいってもんでもないですね。

 

デットプール(吹き替え版)で自分を『俺ちゃん』と呼びます。
そこの可愛げですよね。一人称の『俺ちゃん』がデットプールにとてもフィットしています。
デットプールには自分を『俺ちゃん』と呼べる可愛げがあります。

 

 

デットプールちょっと苦手かな・・・。
そんな方でも1時間10分ぐらいまで映画を観る事が出来たなら、そこから先のブラックジョークを受け入れられるでしょう。
まあ、1時間10分長いですけどね・・・。

 

 

1時間10分の間に、物語は現在進行形と過去を含めて、どうして主人公がデットプールになってしまったのか?そこが語られます。

 

戦っている相手は誰なのか?
そんなことも判明します。

 

ウェイド・ウィルソン(デットプール)には最愛の彼女がいます。
娼婦のヴァネッサです。

 

ウェイド・ウィルソンは人体実験をされて醜い姿になってしまうのです。
姿は醜くても不死身です。醜い姿を隠すためにマスク(デットプール)を被ったのです。血で染まってもいいように赤いコスチュームです。

 

 

ウェイド・ウィルソンはヴァネッサは今の自分を受け入れてはくれないんじゃないのか?
そんなコンプレックスが生まれます。
不死身のヒーローでありながら、可愛げがあるのです。

 

 

自分のことを人体実験したフランシスだけが自分の顔をもとに戻すことができるとのこと・・・。
が本当はフランシスにもそんなことはできません。

 

 

物語はラストは、
デットプールが敵を倒せたかどうかよりも、ちゃんとヴァネッサに受け入れてもらえるかどうか?そこです。

 

 

もちろんハッピーエンドで終わります。
ただそこでこれまでのブラックジョークが効いてきます。

 

あれ?
もしかしたらデットプールフラれてしまうんじゃ・・・。

ドキドキがありました。

 

映画『デットプール』
ただ、「すっごお面白い映画があるんだよ~」
そんな風に友人に勧めるかと言うと勧めないですね。

 

 

 

 

 

 

 

映画『デットプール』(キャスト・スタッフ)

 

 

出演
デッドプール/ウェイド・ウィルソン:ライアン・レイノルズ

ヴァネッサ:モリーナ・バッカリン

エイジャックス/フランシス:エド・スクライン

ウィーゼル:T・J・ミラー

エンジェル・ダスト:ジーナ・カラーノ

ネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッド:ブリアナ・ヒルデブランド

ブラインド・アル:レスリー・アガムズ

ドーピンダー:カラン・ソーニジェド・リーススタン・リー

 

監督
ティム・ミラー
音楽
トム・ホルケンボルフ
脚本
レット・リースポール・ワーニック
製作
サイモン・キンバーグ
ライアン・レイノルズ
ローレン・シュラー・ドナー

 

 

「U-NEXT」とは?メリットとデメリット

 

 

U-next

 

 

 

「U-NEXT」は動画の配信サービスです。
12万本の動画がありますが、全ての作品が見放題ではありません。
新作映画は「レンタル作品」となり、ポイントを使用して視聴する作品がほとんどです。初回31日間無料だと600ポイントがGETできます。

 

 

無料視聴終了後だと月額1990円で、毎月1200ポイントがついてきます。
そのポイントを使用して新作映画は見れます。

 

1200ポイントですと新作映画が二本見れるか、ものによっては一本か。
ただいずれにしろ、新作映画を毎月一本は視聴可能です。
ポイント内でレンタル作品を楽しむのであれば、追加料金はかかりません。

 

 

「U-NEXT」のメリットは?

 

『U-NEXT』はスマートフォンやタブレットに動画をダウンロードすることができます。
ダウンロードしておけばネットにつながっていない状態でも視聴が可能です。
そして『U-NEXT』はアカウントを4つまで取得可能です。
家族でそれぞれ視聴が楽しめますね。


『U-NEXT』はVODにはめずらしくアダルト作品も視聴が可能です。

 

 

「U-NEXT」のデメリットは?

 

無料トライアルで使用することを考えれば問題ありませんが、
「U-NEXT」は月額が1990円とVODとしても値段が高めです。
それがデメリットかなと・・・。
これがHuluみたいに933円だったりすると嬉しいんですがね。

 

こればっかりは・・・。
「U-NEXT」は視聴できる作品数も多いですからね。
唯一デメリットしてあげるなら値段です。

 

 

 

「U-NEXT」とは?まとめ

 

120,000本以上の動画が見放題
人気雑誌が読み放題(70誌以上)
月額1,990円
毎月1200ポイントGET ※1ポイント=1円
視聴するのにポイントが必要な動画もあります。
初回31日間無料(600ポイントGET)

 

 

U-NEXTの公式サイトをみて見る!