なんだろう?なんかグッときた

雑記ブログです。三十代男、こじらせております。

米津玄師さん紅白歌合戦初出場【lemon】を歌う!そのレア感たるやら!

米津玄師さん紅白歌合戦初出場【lemon】を歌う!そのレア感たるやら!

 

米津玄師さんが2018年の紅白歌合戦に出場されました。ぼくは拝見しました。個人的なイメージなのですが、米津玄師さん。それは人里離れた森に住む獣。人間の言葉を話し、人間以上に人間の感情の動きに敏感な獣。それはそれは人間を魅了する歌をうたうのです。そんなイメージがあります。

 

ただもちろん、アルバム『BOOTLEG』を聴くとわかります。が、ぜんぜんそんなことはありません。実際は色々な楽曲を作れる方なのです。ぼくの中の勝手なイメージなのですが米津玄師さんの紅白出場は、人里離れた森に棲む獣が、人前で歌声を披露するために山を下りてきた。そんなイメージがあります。悪意ある人間に捕らえらある可能性もあるわけです。それでも獣は自分の言葉を美しい歌にのせて伝えるためにやって来たのです。実際はNHKが出演のオフャーをして米津玄師さん側が承諾したのでしょう。

 

 

  

 

『Flamingo』のMVにおける一人妖怪大戦争観の半端なさですね。なんでか観ちゃいますよね。人を惹きつけるモノがあるんでしょうね。見ちゃいますよね。よくよく考えたなら一人妖怪大戦争ってなんだよって話ですよね。でも若頭でしょうね。めちゃくちゃ強いし、人気ありますからね。美しい妖怪です。イメージですね。まあそれはそうと米津さんが作られると歌聴いちゃいますよね。歌も作って歌って、ダンスも、イラストも、なんでもできる人のイメージがありますね。米津さんは『Lemon』を歌われます。

 

 

 

米津玄師さんとは?

 

188センチの長身なのです。米津玄師(よねづ けんし)この名前は本名です。今回紅白では『Lemon』を歌われます。MVを見た方が早いでしょうね。ぼくは音楽の素養がありません。それではなんでなんだか、すごいなと感じれる。ならばそりゃあもう、すごいんでしょうね。

 

 

www.garyoku.xyz

 

 

www.garyoku.xyz

 

 

 

この『Lemon』は鎮魂歌「レクエム」なのです。ドラマ『アンナチュラル』の主題歌でした。アンナチュラルは不自然死究明研究所の物語です。不自然死の死因究明をしていくドラマなのです。

 

 

 

 

 

 

 

米津さん地元・徳島県で歌う! 

 

米津さん徳島県鳴門市の大塚国際美術館から生中継で歌を歌われていました。ミケランジェロ「最後の審判」の陶板壁画が飾られたシスティーナ・ホールに登場されたののです。天才ミケランジェロと米津玄師さんを重ねる演出だったのでしょうかね。

 

 

 

米津さん、紅白に出場するにあたってのお気持ちを述べられていますね。

 

 

o-museum.or.jp

 

 

 

紅白で米津玄師さんの歌っている姿を観る!

 

 

無数のロウソクな並んでいますね。奥に扉があるのです。カメラが進んでいきます。

 

米津玄師さん演出

 

 

 

 

扉が開いて米津さんが登場されます。

 

米津玄師さん演出

 

 

 

おおお~米津さん登場です。

 

米津玄師さん演出

 

 

 

そして歌います。米津さん歌が上手い!舞台が豪華!鎮魂歌レクイエムですから、無数のロウソクが祭壇に並んでいるのです。そして曲の途中からダンサーの菅原小春さんが登場。激しく踊るとう演出!ただ、どっちを見ていいならなのです。米津さん観たいし、菅原さんも観たいし、贅沢ですね。贅沢な悩みでした。

 

 

米津玄師さん演出ラスト

 

 

 

個人的にいちばん嬉しかったのは歌終わりです。米津さんと白組司会の櫻井翔さんが中継で話されました。会話をしている米津さんが見られるとう・・・。米津さん言われていました。「この場を用意していただいたすべての方々に感謝の気持ちを述べたいと思います。どうも本当にありがとうございます」緊張されているように見受けられました。ただレクイエムを歌われているわけですからね。当然ちゃ当然ですね。

 

 

そしてさらに総合司会の内村光良さん、ここは親しみを込めてウッチャンと呼ばせて頂きましょう。ウッチャンとも中継で話されています。ウッチャンが言うのです。「米津さんがしゃべってる!初めて見たよ!すごい」そしたら米津さんがはにかんだ様に微笑むのです。

 

これだけ多くの人を惹きつける曲を作れる米津さんだって幼少期、ウッチャンナンチャンをテレビで見てたりしたんだろうな~とか思えるわけですね。ウッチャンの優しさ。紅白では内村さんのやさしいコメントを見れる機会が多くありましたね。欅坂46のメンバーに「ごめんね。無理させちゃって」と昨年の紅白でいっしょにパフォーマンスした際に、複数のメンバーが酸欠になったことを謝っていましたね。

 

 

三十代も半ばになってですかね、改めて内村さんの優しさってすごいんだな~と思える。チームリーダーとして引っ張り方。メンバーに自由にのびのび力を発揮していただくとう、そんな手法。意図的ではなく、お人柄なのかもしれないですね。気づけば内村さんの話になっております。

 

 

イメージですが、内村さんの一言「米津さんがしゃべってる!初めて見たよ!すごい」がですね。人里に降りてきて、自身の言葉を人間たち伝えた獣の緊張した心をほどいたような。

 

人間の中には魅惑の歌声を自分の手にするべく、獣を捕えようとする悪意のある者だっているのかもしれません。ですがね。内村さんの一言が米津さんの心に緑を生むような。安らぎでですね。「ありがとうございました。お疲れさまでした。」っていうよなニュアンスではあるものの。安らぎは激しく、もののけ姫のラスト、シシ神のクビをディダラボッチに返したなら、森や山が激しく息づいて大自然が誕生する。そんな感じで米津さんのハートに広がっていくのです。あくまで主観的なイメージであり、個人の妄想です。

 

ぱ~と米津さんの心に響く、内村さんの一言です。生命の息吹を与える光の矢の如しですね。米津さん、はにかんだ笑顔を見せて中継を終える。その感じがすごくよかったのです。

 

 

できればいつか、米津さんが歌って欅坂46の平手友梨奈さんが踊る。見ていたいものですね。まあないか・・・。難しいでしょうね。まあ、なかなかですね。

 

 

www.garyoku.xyz

 

 

 

最後まで読んで頂き、

ありがとうございました。