なんだろう?なんかグッときた

雑記ブログです。こじらせております。

サンジがレイドスーツを着る!かっこいいんだ!強んだ!そしてジェルマとの関係

サンジがレイドスーツを着る!かっこいいんだ!強んだ!そしてジェルマとの関係

 

 

サンジが飛び六砲の一人、ページワンとの戦いの際、レイドスーツを身に着けました。
自分の正体がバレないようにレイドスーツを身に着けたのです。

 

サンジ的にもどんなもんだろうと、お試しで身につけた感はあります。

 

 

サンジ

 

 

 

 

サンジは言います。

「四皇」との戦いだ・・・
意地はって
人を救えねェ
状況もあるかも知れねェ

 

プライド捨てりゃ
救える命もあるかもしれねェ・・・

 

―もし
コイツにそんな力があるのならな!!
こんなもの身につけたくらいで
おれは「ジェルマ」には成り下がらねェ!!!
試すくらいしてやるよ!!!

 

 

 

「悪の軍団ジェルマ66」の№3!!
”ステルスブラック”!!!

 

サンジ、レイドスーツを着る

 

 

やばい・・・。
カッコイイじゃないですか・・・。

 

 

サンジ、ページワンを圧倒していくのです。

 

サンジ対ページワン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンジのレイドスーツの力とは?

 

北の海の出身者、トラファルガー・ローはジェルマが登場する絵物語「海の戦士ソラ」に詳しいのです。ローが解説してくれます。

 

なんでも自分は正当な読者とのこと。ローはジェルマが嫌いだそうです。
※ジェルマは「海の戦士ソラ」に悪役で登場します。

 

ローが”ステルスブラック”の能力を説明してくれます。
”ステルスブラック”は全身に背景を投影して目にうつらなくなるのです。

 

そう、それはサンジが所望していた”スケスケの実”と同じような力があるのです。
透明になれるという意味でです。

 

 

ちなみにスケスケの実の能力とは?

透明人間になれるのです。
透明になっているだけなので、もちろん実体はあります。ちなみに触れているものは自身と同じく透明化できます。対象は物だけはなく人でも大丈夫です。

 

 

 

 

サンジのレイドスーツの力

 

マントは『盾』に、
かかとには『加速装置』が、
そして足の裏には『浮遊装置』つきます。
さらに背景を投影して目にうつらなくなれる『透過』の能力がついています。

 

サンジがますますカッコよくなっていきますね。

 

ところで『レイドスーツ』ってなに?
なんでしたっけね?誰が作ったんですたかね?

 

 

 

レイドスーツとは?

 

ジェルマの科学の結晶
形状記憶鎧(けいじょうきおくアーマー)なのです。

 

うん?ジェルマ?

 

ジェルマとは?

 

ジェルマとは『科学の国』なのです。
そして科学戦闘部隊なのです。

 

 

そしてジェルマとはヴィンスモーク家の国なのです。
ジェルマ王国なのです。

 

王国ということは王族がいるわけですね。
それがヴィンスモーク家になります。

 

そしてヴィンスモーク家とは大昔に北の海を武力で制圧した一族なのです。
北の海の4人の王を討ち取った大事件、四国斬り。
それはつまり、ある時代の悪の代名詞
ジェルマが悪役として絵物語「海の戦士ソラ」にも登場しています。

 

 

そしてジェルマ王国の国王・ヴィンスモーク・ジャッジこそ、
サンジの実の父親なのです。

 

 

ヴィンスモーク・ジャッジ

 

 

 

そしてジェルマとは国土を持たない国なのです。
海遊国家なのです。なんせ『科学の国』です。

 

ジェルマは何十隻もの船が移動して、そして集結して国を形成するのです。
国自体が海を移動できるのです。さすが科学国家です。

 

そしてジェルマは『ジェルマ66』(ジェルマダブルシックス)という軍隊を持っています。ジェルマの国民は、ほとんどが男であり、兵士なのです。そして日々鍛錬をかかしません。

 

そしてその兵士たちには秘密があるのです。

 

 

ジェルマは兵士を培養しているのです。

 

へっ?

 

クローン的なやつなのです。

 

 

サンジの父ヴィンスモーク・ジャッジも、元は優秀な科学者であり、海外の無法な研究チームに所属していました。そしてドクターベガパンクと共に兵器の研究をしていたこともあるのです。

 

ベガパンクは発見しました。
生物の「血統因子」。それは『生命の設計図』・・・。

 

 

サンジの父は、世界政府の手を逃れて研究を続けました。
その結果、複製兵(クローンへい)を生み出したのです。

 

ジェルマの兵士は、数名の優れた兵士のコピーから作られた兵士たちなのです。
強くて従順・・・。しかも本人たちはそのことを知りません。

 

20歳の兵士を一人作るのに、5年かかるとのこと。
いや5年で、20歳の兵士が作れてしまうのです。

 

そしてジェルマの兵士たちは、
全員ヴィンスモーク家のために喜んで命を捨てることができる従者なのです。

 

 

ジェルマ、こえぇ・・・。

 

 

 

 

 

 

サンジの兄弟たち

 

ジェルマの国王・ヴィンスモーク・ジャッジの息子、サンジ。
サンジ、プリンスなのです。

そんなサンジには兄弟がいます。

 

 

長女
ヴィンスモーク・レイジュ
ジェルマ66ポイズンピンク


長男
ヴィンスモーク・イチジ
ジェルマ66スパーキングレッド


次男
ヴィンスモーク・ニジ
ジェルマ66デンゲキブルー


四男
ヴィンスモーク・ヨンジ
ジェルマ66ウインチグリーン

 

 

ジェルマ66サンジの兄弟

 

 

「血統因子」の操作の結果、イチジ、ニジ、ヨンジには「かわいそう」「悲しい」
といった感情がありません。身体の作りも頑丈なのです。レイジュは感情こそありますが、身体は頑丈です。

 

サンジだけ普通の人間として生まれたのです。

 

サンジたちの母は、生まれてくる4人の男の子を無感情のマシーンとすることに反対したのです。母は操作された「血統因子」に影響を及ぼす薬(劇薬)をのんで、出産したのです。

 

サンジのみが薬の影響をうけて、普通の人間として生まれました。

 

父のヴィンスモーク・ジャッジは少年サンジに言います。

どうせお前は
将来戦士として
役に立たない

 

助ける義理も
育てる価値もない!!

 

お前は一族の”恥”だ!!

 

 

さらに、

ジェルマを出ていこうとする少年サンジに、父ヴィンスモーク・ジャッジは言います。

私からの
最後の頼みを聞いてくれないか
サンジ・・・!!

 

私がお前の
父親である事は
絶対に人前で
口に出さないでくれ・・・!!!
誰にも知られたくない汚点なのだ・・・・・・
わかるよな?

 

サンジ・・・
つらいよ・・・
なんだよ、お父さんそれ・・・

 

大人になったサンジは父、ヴィンスモーク・ジャッジに言い放ちます。
サンジはヴィンスモーク・ジャッジを助けたのです。

 

サンジは言います。

―父親が
悲しむ・・・・・・

 

―ガキの頃の過ぎ去った恨みに固執して・・・
血を分けた実の家族の死を
あざ笑う程度の
小せェ男になったのかと・・・
呆れられる

 

あの人に顔向けできねェ様な
生き方は・・・
おれはしねェ!!!

 

父親、それは育ての父・赫足のゼフのことですね。

 

サンジは続けます。

―13年前
ジェルマから逃げ出した
ヴィンスモーク・サンジは海で一度
死んだんだ

 

お前もそれを望んでた
・・・だから認めろ!!!
お前はおれの父親じゃねェっ!!!
ヴィンスモーク・ジャッジ!!!

 

二度とおれ達の前に現れるな!!!

 

サンジ~。

 

 

 

 

最後まで読んで頂き、

ありがとうございました。