なんだろう?なんかグッときた

雑記ブログです。こじらせております。

【鬼滅の刃】我妻善逸 VS兄弟子・獪岳 (かいがく)は何者なんだい?こいつアレだな

【鬼滅の刃】我妻善逸 VS兄弟子・獪岳 (かいがく)は何者なんだい?こいつアレだな

 

【鬼滅の刃】我妻善逸 VS兄弟子・獪岳 (かいがく)は何者なんだい?こいつアレだな

 

我妻善逸が本気なのです。

ヘタレかっこいい我妻善逸が本気なのです。
全然ふざけていません。

 

www.garyoku.xyz

 


おいおい・・・何があったんですかい?

どうやら因縁の相手がいるようなのです。
因縁の相手が鬼なったようなのです。
しかも新しい、上弦の陸・名前を獪岳 (かいがく)・・・。


獪岳?そいつはいったい何者なんです?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我妻善逸と獪岳の関係

 

獪岳も元は鬼殺隊の隊員でした。
しかも我妻善逸と同じ”育手”でした。
名前を桑島慈五郎(くわじま・じごろう)
雷の呼吸の使い手で、元柱でした。

 

元鳴柱・桑島慈五郎



 

善逸はなんやかんや言いながらも、
”育手”のじいちゃんがすきでした。
修行はとても厳しく、厳しすぎるぐらい厳しく、
それでも善逸はじいちゃんが好きでした。

 

 

善逸は誰からも期待されることなく生きていました。
修行は厳しくとも、じいちゃんは善逸を見限るようなことはしなかったのです。


 

善逸と桑島慈五郎

 

 

 

獪岳も同じ”育手”から修行を受けて鬼殺隊の隊士になりました。

 

善逸と獪岳は修行期間がかぶっています。
修行中の二人のやりとりです。

 

 

 

獪岳は言います。

 

獪岳の修行時代

 

消えろよ
わかるだろ?

 

朝から晩までビービー泣いて
恥ずかしくねぇのかよ
愚図が

 

お前みたいな奴に
割く時間がもったいない
先生はな
凄い人なんだ

 

善逸は言います。

でも
じいちゃんは・・・

獪岳に桃的な果物をぶつけられます。

 

獪岳は言います。

じいちゃんなんて
馴れ馴れしく
呼ぶんじゃねぇ!!

 

先生は”柱”だったんだ
鬼殺隊最強の称号を貰った人なんだよ

 

元柱に指南を受けられることなんて
滅多に無い

 

先生がお前に稽古をつけている時間は
完全に無駄だ!!

 

目障りなんだよ
消えろよ!!

なぜお前はここにいるんだ!!
なぜお前はここにしがみつく!!

 

獪岳、けっこう言うのです。
しかものちに獪岳は鬼になりました。

 

 

雷の呼吸から鬼を出したということで、
桑島慈五郎は腹を切りました。

 

桑島慈五郎、腹を切る

 

 

介錯をつけることなく、切腹したのです。
介錯をつけない。長い間、苦しむということです。
桑島慈五郎さんは自分で喉も心臓も突くことなく命を落としました。
自ら長い時間苦しむことを受け入れて命を落としました。

 

 

なんでしょう・・・。
このどう受け止めていいのかわからない話・・・。
悲しいのです。とても悲しいのです。

 

 

なんでも善逸の育手の桑島慈五郎さん。
先に獪岳が弟子になったそうです。
後から弟子になった善逸。

 

桑島慈五郎さんは二人を分け隔てなく大切にしたそうです。
ですが自分だけが特別じゃないと気がすまない獪岳は、
不満を募らせていったそうです。
獪岳も、桑島慈五郎から善逸と同じガラの着物をもらっています。
でも獪岳は一度も着ませんでした。

 

 

獪岳は思い言います。善逸に言います。

こんなカス(善逸)と二人で
後継だと抜かしやがった糞爺!!

 

死んで当然なんだよオオ!!
爺もテメェもォオ!!

 

えっ、獪岳・・・。
でもなにかのっぴきならない理由があって鬼になったとかはないのだろうか?

 

 

獪岳はなんで鬼になったの?

 

獪岳と上弦の壱・黒死牟

 

獪岳は上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)から鬼の血を分け与えられています。

 

獪岳は思います。

圧倒的強者に跪くことは
恥じゃない
生きてさえいれば何とかなる

 

獪岳、自ら鬼になりにいったなこりゃ・・・。
獪岳、過去になにがあったんだい?

 

 

 

 

 

 

 

獪岳の過去

 

 

岩柱の悲鳴嶼行冥 (ひめじまぎょうめい)がまだ、鬼殺隊に入隊する以前の話です。

 

悲鳴嶼はお寺で身寄りのない子供たちを育てていました。
血のつながりはなくとも、家族のように暮らしていました。

 

そんなある夜、言いつけを守らず日が暮れても寺に戻らない少年がいました。
その少年は鬼に遭遇しました。

 

その少年は自分が助かるために、お寺にいる悲鳴嶼と子どもたちを鬼に食わせると約束したのです。
そしてその少年は藤の花の香炉の火を消して、鬼をまねき入れました。

 

その少年こそが獪岳でした。

圧倒的強者に跪くことは
恥じゃない
生きてさえいれば何とかなる

 

獪岳、ブレていません。
がんばれ我妻善逸。

 

 

我妻善逸 VS獪岳の戦い

 

上弦の陸・獪岳

 

桑島慈五郎は言ったそうです。

我妻善逸と獪岳で共同の鳴柱の後継者だと・・・。

 

我妻善逸は雷の呼吸、壱の型しか使えません。
獪岳は雷の呼吸、壱の型だけ使えません。

 

鬼殺隊にて、
獪岳のことを悪く言う隊士を
我妻善逸が殴る事件がありました。

 

我妻善逸は思います。

獪岳が俺のことを嫌っていたのは
十分にわかっていたし
俺だって獪岳が嫌いだった

 

でも尊敬してたよ
心から
アンタは努力してたし
ひたむきだった
いつも俺は
アンタの背中を見てた

 

特別だったよ
アンタは
爺ちゃんや俺にとって
特別で大切な人だったよ
だけどそれじゃ
足りなかったんだな

 

どんな時も
アンタからは不満の音がしていた

 

我妻善逸はやさしいし、
しかも全部わかっていたのです。

 

我妻善逸は自分のオリジナルの型、
雷の呼吸・漆ノ型
火雷神(ほのいかづちのかみ)で勝利します。

 

6つしかない雷の呼吸から七つ目の型を編み出したのです。

 

勝利はしつつも、我妻善逸 VS獪岳
なんだかこりゃあ・・・。
切ない戦いじゃないかと・・・。
桑島慈五郎さん・・・。


気を失った善逸は桑島慈五郎の夢を見ます。
二人の間には三途?なのかな流れています。

 

善逸は言います。

俺がいなかったら
獪岳もあんなふうにならなかったかもしれない
ほんとごめん!!
許して!!

 

善逸は謝り続けます。

 

桑島慈五郎は善逸に言います。

善逸
お前は儂の誇りじゃ

 

善逸、桑島慈五郎ともに号泣です。


多少なり救いがないとつらいですもの。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。