なんだろう?なんかグッときた

雑記ブログです。こじらせております。

【鬼滅の刃】累の最後は?蜘蛛の鬼の家族たちってどんななの?

【鬼滅の刃】累と蜘蛛の鬼の家族たちってどんななの?

 

累は言います。

 

 誰にも邪魔はさせない・・・
僕たちは家族五人で幸せに暮らすんだ
僕たちの絆は誰にも切れない

 

累とは十二鬼月
下弦の伍(かげん)

 

 

累

 


他の鬼4体ととも家族を作っています。
ニセ家族です。本物の家族ではありません。
血のつながりのないお母さん、お父さん、お兄ちゃん、お姉ちゃんがいます。
もちろん累にはニセの家族を作った理由があります。

 

 

 

 

 

 

 

累の蜘蛛の鬼の家族たち

 

 

累の母

 

累の母役の鬼です。

なんでも本当は子供だそうです。蜘蛛の糸で鬼さつ隊の隊員を操り人形のように操ります。仲間同士を戦わせます。

鬼さつ隊の隊員を全滅させることが遅かったため、やった来た累にお父さんに言いつけるよ的なことを言われて怯えだします。累の父役の鬼に殴られてたりしています。DV的な感じなのです。そうは言いつつも恐怖で間接的に殴らせているのは累です。

 

最後は炭治郎の慈悲の剣撃にて倒されています。母役の鬼は、命を落とせば解放されて楽になれると考えました。ニセ家族生活は大変なのです。

 

 

累の父

 

累の父役の鬼です。

お顔のパンチが効いていますね。こわいですね。知能は決して高くありません。

最後は鬼さつ隊・水の柱、富岡義勇に切り刻まれています。

 

 

累の姉

 

累の姉役の鬼です。累のニセ家族に参加しつつも、恐怖で支配している累を怖がりつつも、自分の居場所がないためにニセ家族に参加している感じなのです。最後は鬼さつ隊の蟲柱・胡蝶しのぶ、の毒を刃にて命をおとしています。

 

ちなみに胡蝶しのぶの技の名前です。蟲の呼吸 蝶の舞い’’戯れ”
そう、”たわむれ”なのです。切ないですよ・・・。

 

累の兄

 

累の兄役の鬼です。造形がコワいですね。最後は善逸(ぜんいつ)に切られています。

 

 

 

累は基本、家族(他の鬼)を恐怖で縛っています。
寄せ集めの鬼たちに自分の力を分け与えています。

 

累は家族の絆に飢えています。
本当の絆が欲しいのです。

それは累の過去、人間だった頃にあります。

 

 

 

 

累の過去

 

累は人間だったころ、生まれつき体が弱く歩くのさえ苦しいのです。
そんな累の前に鬼舞辻無惨(きぶつじ むざん)が現れました。
無惨は累に血を与えます。

 

累は鬼になります。
強い体を手に入れましたが、日の光にあたれず、人を食する者になってしまいました。

 

累の両親は鬼になった累をあやめようとします。
結果、累に返り討ちにあってしまいます。
累は自身の両親をあやめました・・・。

 

累は『川で溺れた自分の子を助けるために、亡くなった親の話』を聞きました。
累は感動しました。

自分の両親は自分をあやめようとしたにもかかわらず、世の中にはそんな家族がいるのか。
川でなくなった親は”親の役目”を果たしたんだ・・・。
累は感動しました。

 

累は親の愛と絆を求めたのです。

で、その結果、ニセモノの家族を作りました。
ただ、累は親の愛を知りませんでした。(両親は実際、累を愛していました)
累はわからなくなっていたのです。あやめようとした事実だけが記憶にあります。

 

その結果、
作った偽の家族を恐怖で縛ってしまうという・・・。
こわい。切ない。どうしたもんだろう・・・。

 

 

 

 

 

累の最後

 

累は炭治郎に言われます。

 

強い絆で結ばれている者は信頼の匂いがする
だけどお前たちからは
恐怖と憎しみと
嫌悪の匂いしかしない

 

こんなものは絆とは言わない
紛い物は・・・
偽物だ!!

 

 

 

累、激怒。
炭治郎を攻撃します。

禰豆子(ねずこ)は炭治郎をかばい、累の攻撃を受けます。
累、感激です。

兄弟の絆に感激です。

 

累は言います。

君の妹を
僕に頂戴

 

大人しく渡せば
命だけは助けてあげる

 

うわ・・・。
この人やべぇ・・・。

 

 

炭治郎は助けてあげることができるのか?
累を救ってあげることができるのか?

 

当時の炭治郎では、
累を倒すことができませんでした。
追い詰めはしたんですけどね。

 

累の首は富岡義勇がはねました。
もうなんだよ・・・。
悲しいまま累は命を落としてしまうのか・・・。

 

倒れた炭治郎は累の瀕死の体に手をかけます。
累は炭治郎の手からぬくもりを感じます。

 

累は思い出します。
自分の親は鬼になった自分をあやめようとしました。
それは事実です。

 

それでも両親は累をあやめた後、自らの命も絶とうとしていのたです。
累が人をあやめた罪を背負って・・・。

累の母親(累に手をかけられた後に)は言いました。

丈夫な体に生んであげられなくて・・・
ごめんね・・・・・・

 

 

累は両親の愛を思い出しました。

ごめんなさい。
ほんとうは全部全部、
ぼくが悪かったんだ
許してほしい

 

でももう、手遅れなんじゃないのかい・・・。
累は一人で地獄におちていくんだと・・・。

が、鬼滅の刃はそんなことないのです。

 

累の意識の中に、
累の両親が現れます。
ともに一緒にいくよ的なことを両親は言ってくれるのです。
累は泣いてあやまります。

 

 

『【鬼滅の刃】累の最後は?蜘蛛の鬼の家族たちってどんななの?』でした。