なんだろう?なんかグッときた

雑記ブログです。こじらせております。

ワンピース【カイドウ】龍なの?元々?それって孤独じゃない?目的はなんなの?考察してみる

ワンピース【カイドウ】龍なの?元々?それって孤独じゃない?目的はなんなの?考察してみる

 

 

 

ワンピース、四皇の一人に『カイドウ』がいます。
通り名は『百獣のカイドウ』

 

おおおっ・・・!!
カッコいい・・・。

 

『百獣のカイドウ』
カッコいいいいいいいいい!!!

まず名前がカッコいいですよね。

 

ただ『カイドウ』にはまだまだ秘密がありそうなのです。
考えていきたいと思います。

 

 

 

カイドウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カイドウの目的ってなんなんだろう?

 

 

カイドウはワノ国を陰で牛耳っている存在です。
そしてゾオン系人造悪魔の実「SMILE(スマイル)」を使って、
自分の船員たちを悪魔の実の能力者にしています。

ちなみにカイドウは、『百獣海賊団』の船長なのです。

 

個人的ですが、ぼくはカイドウが船長をやっているということに、
少し疑問を感じました。何故かといいますと。

 

以下カイドウ、初登場時のナレーション的な説明です。

男は―
「死に場所」を探していた

 

彼について話すならば・・・
海賊として7度の敗北を喫し―

 

海軍又は敵船に捕まる事18回・・・!!
拷問につぐ拷問を受け罪人として生きてきた

 

彼は今・・・
”自殺”をしたのだ

世に珍しき空島からの”飛び降り自殺”を・・・・・・
―そして
現在に至る―

 

―もう一度
言うが
彼が一人で海軍及び四皇に挑み
捕まる事18回・・・

 

1000度を超える拷問
40回の「死刑宣告」
時に首を吊られるも鎖はちぎれ
時に断頭台にかけられるもその刃は砕け・・・

 

くし刺しにするも槍は折れ
結果沈めた巨大監獄船の数は9隻・・・!!

 

誰も彼を・・・
殺せなかった・・・・・・!!

 

―それは
彼自身も然り・・・・・・!!
趣味は”自殺”
男の名は「百獣のカイドウ」

 

「一対一でやるならカイドウだろう」
口々に人は言う
陸海空・・・
生きとし生ける全てのもの達の中で・・・
「最強の生物」と呼ばれる海賊・・・!!

 

まず『カイドウ』の説明がカッコイイ。
ただ、それは一旦置いておきましょう。

 

 

カイドウの目的を考察していみる

 

カイドウのナレーション的な説明文から分かることは、
カイドウは自分自身でもあやめることが出来ないほどに、強靭であるということです。
そしてカイドウは、「死に場所」を探しているということです。

 

そしてカイドウは言います。

こんな退屈な世界壊れてもいい!!
世界最高の戦争を始めようぜ!!

 

カイドウがワノ国を陰で牛耳っている目的というのは、
世界最高の戦争を始めるための、第一歩である可能性がありますね。

 

そしてカイドウは「死に場所」を求めています。
自分で自分をあやめることが出来ないのなら、世界ごと失くしてしまえばいい的な発想なのでしょうかね。カイドウ、べつに海賊王になろうと考えているようには思えないですよね。

 

ナレーション的な説明から分かるのは、カイドウは過去の四皇にも挑んでいるようですね。そして、強靭であるがあまり、結果的に現在の四皇のポジションについてしまっている感、ありますよね。

 

世界最高の戦争を始める過程で、結果的に海賊王になっている・・・的な。

 

 

ただですね。ぼくが個人的に疑問だったは、カイドウは単独で行動をしているものだと思っていました。カイドウ初登場のナレーション的な説明文を読む限り、単独なのに四皇の一人的な自分なのかなと・・・。ただ違いました。カイドウは『百獣海賊団』を率いています。「死に場所」を求めているカイドウがなぜ?

 

ただこれは、世界最高の戦争を始めるためには、カイドウ的には一人でいるよりも、
大勢の子分がいた方がよかったのかもしれません。人造悪魔の実「SMILE(スマイル)」で、船員を強くしているわけですしね。世界を滅ぼすためには・・・。

 

ただ疑問なのは、船員たちはなぜ?カイドウについていくのだろうか?

 

 

 

 

 

船員たちはなぜ?カイドウについていくのだろうか?考察してみる

 

趣味”自殺”のカイドウ
なんだったら、世界ごと自分を滅ぼそうとしているんじゃないだろうか疑惑のあるカイドウ・・・。

部下はどうしてカイドウについていくのか?

 

 

『百獣海賊団』には

 

大看板

火災のキング
疫災のクィーン
早害のジャック

など


飛び六砲

X・ドレーク
ページワン

など


真打ち

バジル・ホーキンス
ホールデム
スピード
ドボン

など


ギフターズ
プレジャーズ

 

いっぱいいるわけです。

 

 

単純にカイドウが恐いから、カイドウについていきます。そんな感じで部下をしている者もいるかもしれません。そしてカイドウが圧倒的に強靭だから、部下をしています。そんな者もいるかもしれません。男が男に惚れる的な・・・。男子は圧倒的な武力に若干憧れがち、それ、ありますね。

 

 

ただ、バジル・ホーキンスやX・ドレークは自分の思惑があって、結果的に百獣海賊団に参加している可能性もありますね。

 

 

早害のジャック、なんかはカイドウの武力に憧れて的な部分が強いのかなと・・・。ただ早害のジャック、悪魔の実の能力者にもかかわらず、海に落ちても命を落とすことにならなかったのです。海の底で、生きていました。これは何か秘密があるなと・・・。そしてその秘密は、死ねないカイドウにも共通するのではないだろうか?そんな気がしますよね。

 

 

各々、キャラクターがいてそれぞれ『百獣海賊団』に参加している目的は違うのだと思います。そんなことを言ったら元も子もないですね。ただですね。『百獣海賊団』が結成されていった過程というのがとても気になります。

 

ちなみにバジル・ホーキンスも、早害のジャックも『カイドウ』を船長とは呼んでいません。『カイドウさん』と呼んでいます。不思議な感じがしますよね。それを考えると、『百獣海賊団』の結成の成り立ちというのは、カイドウの周りに自発的にメンバーが勝手に集まってきたのか・・・。う~ん今後のワンピースが楽しみですね。

 

 

 

ジャック

 

 

 

バジル

 

 

 

で、そうそうカイドウは「死に場所」を求めています。
えっ?悪魔の実の能力者なら、海に落ちればいいじゃない?泳げないんでしょ?

 

ただこれは、早害のジャックが海に落ちても生きていたことを考えると、カイドウも現時点では理由はわからないけど、
多分そんな感じなのだろうと・・・。

 

 

そして悪魔の実の能力者といえば、
悪魔の実の能力者がさらに別の実を食べると、体が跡形もなく飛び散って死に至ってしまう。つまり、一人が食べられる悪魔の実は一つだけである。そんな設定がありますよね。

 

じゃあカイドウ、もう一つ悪魔の実を食べればいいじゃん。
それ、ありますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

カイドウは悪魔の実を二つ食べても平気なの?考察してみる

 

カイドウは「死に場所」を求めている。
趣味は”自殺”である。
だが強靭であるがゆえに自分で自分をあやめることができません。

 

ならば悪魔の実を二つ食べればいいじゃないか?

 

カイドウ、人造悪魔の実「SMILE(スマイル)」を取引していのです。
そんな人物なのですよ。
ならば悪魔の実、二つ食べてみたことあるんじゃない?
あくまで可能性ですが、食べてみたことあるんじゃないだろうか?
でも、平気だったんじゃないだろうかと・・・。

 

 

だってなによりも、作者である尾田先生がその設定を無視して物語をすすめてはいかないだろうと・・・。
そうなってくると、考えるべきことは、なぜカイドウは、悪魔の実を二つ食べても平気なんだろうか?そういうことになりますね。

 

 

悪魔の実を二つ食べた人物と言えば『黒ひげ』マーシャル・D・ティーチですね。
なぜ平気なのか?

身体の構造が異形だから・・・。

色々考察することはできますが、とにかく、悪魔の実を二つ食べても平気なパターンもあるんだよということです。

 

 

カイドウの悪魔の実の能力は判明していません。
ただ、カイドウは龍に変身することができます。

 

錦えもんは言いました。

カイドウは・・・・・・!!
”龍”に化けるのでござる!!

 

 

カイドウ龍

 

 

ただですね。これ、
人間が悪魔の実を食べて、龍に変身するパターンと、
元々龍だったモノが、悪魔の実を食べて人間ぽくなっているパターンの二つが想像できますね。

 

カイドウは後者なのではないかと・・・。
元々、カイドウは龍なんじゃないのかなと・・・。

 

ちなみに『モモの助』も、ドクターベガパンクが作った人造悪魔の実を食べたことによって、龍に変身することができます。これ自体が尾田先生の、カイドウは元々龍だったことを隠すために伏線だった説ですね。パンクハザードでもドクターベガパンクがつくった、人工のドラゴンが登場していました。その時にわかったことは、ワンピースの世界でもドラゴンは空想上の生物であるということです。

 

 

カイドウが元々、龍であるとうことならば、強靭な体の説明はいちおう、つきますね。
だって龍だから・・・。
しかもカイドウの龍、ドラゴンと言うよりは東洋の龍な感じですよね。ならば、いちおう、不死の理由も説明できますね。だって、東洋の龍だから・・・。

 

ヨーロッパのドラゴンは倒せるかもしれないけど、東洋の龍は神さま的な扱いですね。
時に、龍=不死身説もあったりと・・・。

 

説明としては強引かもしれませんね。
だって龍だから・・・。
ならば、そこは可愛げでカバーしてみる。
どうでしょう。

 

そしてもし仮に、カイドウの正体が龍だった場合です。

 

 

 

 

 

 

 

カイドウが元々、龍だった場合を考察してみる

 

そしてもし仮に、正体が龍だった場合です。
ワンピースでは龍は、空想上の生き物扱いです。
そんなに生存を確認されていないわけですね。
なんだったら、不死身であり、世界に一匹しかいない。
世界に一匹しかいない。

 

カイドウは孤独だったのでしょうか?
寂しかったのでしょうか・・・。

 

そしてカイドウは言いました。

こんな退屈な世界壊れてもいい!!
世界最高の戦争を始めようぜ!!

 

こんな退屈な世界・・・?
仮に龍カイドウがずっと孤独に過ごしていたら、
こんな考えにはならないと推測できます。

 

ずっと孤独であるなら、自分が孤独だということにそれほど、自覚はできないだろうと・・・。どういうことかと言いますと、孤独な龍カイドウは、一度は愉快な日々を過ごしたことがある。がゆえに、その愉快な日々を失い、強い孤独を感じるようになった。で、こんな退屈な世界世界・・・の発想になったのかな?と。

 

 

そうなってくると、カイドウに愉快な日々を提供した人物がいるわけですね。
それがロックスなのか?
海賊王ロジャ―なのか?

はたまた、全くの検討違いなのか?

 

で、そもそもカイドウは強いのかい?
どうなんでしょうね?

 

 

 

 

カイドウは強いの?

 

カイドウは強いのです。

ルフィを一撃です。
金棒を持って、「雷鳴八卦」
一撃です。

 

カイドウ対ルフィ

 

 

 

カイドウ、最悪の世代の一人、
ユータス・”キャプテン”キッドも倒しています。

 

そしてカイドウ、二人の命を奪ってはいません。
カイドウはけっこう、いろんな人物を仲間にしようとしがちですよね。

 

元々の正体が龍であり、孤独を知ってるということが関係しているのでしょうか?
どうなのでしょう。

 

推測した結論から、さらに理由を推測しているから、
しっちゃかめっちゃかですね。あくまでそんな考え方も出来なくはない。
そんな感じですね。

 

 

 

 

 

『カイドウ』まとめ

 

カイドウは元々龍だから、強靭なのかな?
カイドウは元々龍だから、死ねないのかな?

残念なら、断定は出来ません。
ただ一つ言えることは、ワンピースの今後のストーリー展開がひじょうに楽しみです。
ワクワクしか、しません。どうなることやら?

 

 

 

最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。