なんだろう?なんかグッときた

雑記ブログです。こじらせております。

ゲーム・オブ・スローンズ【シーズン1】第3話!エダード・スターク王都キングズランディングへやって来る!

ゲーム・オブ・スローンズ【シーズン1】第3話!エダード・スターク王都キングズランディングへやって来る!

 

 

遂にエダード・スタークが王都キングズランディングにやって来ました。

キングズランディングという響き。

そして王都という響き。

なんだか少年の心をくすぐってくるものありますね。

 

少年の心、それは時に女の人を呆れさせます。

怒られることもあるでしょう。

「すいません」以外の言葉が見つからないこともあります。

 

それでも『王都キングズランディング』の響きにワクワクしてしまうのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲーム・オブ・スローンズ【シーズン1】の第3話のざっくりしたあらすじ

 

第3話、主要人物たちの軌跡です。
※説明するため物語の構成は無視しています。

 

 

 

王都にやって来たエダード・スタークの軌跡

 

 

エダード・スタークは娘二人・サンサ・スターク(長女)とアリア・スターク(次女)とともに、王都へやって来ます。

 

 

エダード・スタークは年頃二人の娘とコミュニケーションがうまくとれずに、タイヘンなのです。しかも王ロバート・バラシオンの散財気味なのです。エダード・スタークは『王の手』として小評議会に出席します。王であるロバート・バラシオンは議会に出席しません。なんだよもう~、ヤレヤレなのです。

 

 

妻キャトリン・スタークはお忍びで王都へやって来ました。息子ブラン・スタークの事故の真相を掴むべく家来を一人連れて、夫であるエダード・スタークには内緒でやって来たのです。

 

ただ、キャトリンの行動は小評議会のメンバーである、ヴァリスにはバレていました。ヴァリスは宦官であり、諜報大臣を勤めています。ピーター・ベイリッシュもそのことを知っています。小評議会のメンバーであり大蔵大臣を勤めています。

※宦官(かんがい)とは去勢を施された官吏です。

 

 

そしてエダード・スターク、キャトリン・スタークはヴァリスとピーター・ベイリッシュからブランを暗殺しに来たものが持っていたナイフが、誰のモノなのか知らされます。なんと、そのナイフは小人症のため小鬼(インプ)と呼ばれる、ティリオン・ラニスターのモノだとのこと・・・。

 

 

※もしかしたら、スターク夫婦はヴァリスとピーターに嵌められているのかもしれません。王都、誰が味方なのか?敵なのか?まだまだ予断を許さないのです。

 

 

次女・アリア・スタークはジェフリー王子の家来、バウンドが自分の友人をあやめたことを怒っているのです。そしてなにもしれくれない父、エダード・スタークにも怒っているのです。エダード・スタークは言います。今スターク家はピンチにあることを伝えます。家族が一致団結しなくてはいけないことを伝えます。そして剣技を学びたいアリアのために、師匠をつけるのです。

 

 

 

 

エダード・スタークとジェイミー・ラニスターの関係性

 

エダード・スタークとジェイミー・ラニスターの間には過去の確執があるのです。ジェイミー・ラニスター通称「キング・スレイヤー(王殺し)」と呼ばれています。そう、ジェイミー・ラニスターは狂王『エイリス・ターガリエン二世』をあやめた人物なのです。

 

エイリス二世王は、エダード・スタークの父と兄を処刑した人物なのです。だったら、仲が良さそうなもんですよね。でもそんなことないのです。

 

エダード・スタークは自分の兄と父が処刑される時になにもしなかったジェイミーが憎いのです。全盛期の狂王には勤勉に仕えていたにもかかわらず、そのくせ狂王を後ろから刺したジェイミーが憎いのです。

 

 

 

 

デナーリス・ターガリエンの成長

 

気づけば、デナーリス・ターガリエンが自分の意志を持ち始めていたのです。
兄・ヴィセーリス・ターガリエンにいいように使われていたデナーリスが、立派な王妃になっているではありませんか。自分の意志で進軍を止めるのです。そしてドスラク人の言葉も覚えて話しているのです。

 

 

デナーリスに切りかかってくる兄を家来が止めます。家来は兄をあやめようとしますが、それをデナーリスは止めるのです。もはや立場は逆転しています。第三話ではデナーリスは夫カール・ドロゴの子を身ごもったことが判明します。夫カール・ドロゴとの関係は愛のある感じになっております。

 

 

デナーリス・ターガリエンは今のところ、過去の因縁はあるものの、スターク家と直接的な関係を持ってはいません。スターク家の敵として出会うことになるのでしょうか?展開が楽しみですね。

 

 

 

ジョン・スノウの成長

 

ナイトウィッチになるべき壁に向かったジョン・スノウも少しずつ成長を遂げていきます。同期は元犯罪者たちです。ジョン・スノウは剣技で同期を圧倒します。怪我とかも負わせてしまいます。あとで仕返しをされそうになります。

 

 

ティリオン・ラニスターが助けに入ってくれます。お前らオレの姉さんにチクるぞ的な感じで助けるのです。ティリオン・ラニスターはジョン・スノウに遠回しに助言をします。あいつらは事情があって犯罪を犯した。同期二名が犯罪を犯した理由は、貧乏だから家族のため的な理由なのです。

 

 

ティリオン・ラニスターはジョン・スノウに言います。お前はたまたま貴族の家に生まれた。だから剣の先生もいた。あいつらは剣を持ったのが今日が始めてだ的なことです。

 

 

ジョン・スノウ、自身の生い立ちを憎んでいました。が、それが少しづつ変わっていくのです。ティリオン・ラニスターにいたっては、王家に生まれるものの、小人症で醜いため小鬼(インプ)と呼ばれています。ですがティリオンは言うのです。「自分は金がある家に生まれたからよかった」的なニュアンスのことです。

 

 

ジョン・スノウは同期のナイトウィッチの見習たちに、剣技を教えたりするようになるのです。

 

 

 

ブラン・スタークは意識が戻るも悲観的

 

 

ブラン・スタークは意識が回復しました。悲観的です。なんても足、もう動かないそうです。ブラン・スタークは十歳の少年です。「もう死にたいよ」「死んだほうがましだ」そんなことを言います。

 

今後、どのような形で物語にかかわってくることになるのでしょうか?願わくは、ポジティブな形で関わってきてほしいですね。

 

 

 

第3話の補足

 

ロブ・スターク・スターク家の長男はどうやらお父さんどうよう誠実で優しい人間のようなのです。腹違いの弟、ジョン・スノウとも仲は良好です。旅立つジョン・スノウに別れのあいさつにも行きます。自分の母であるキャトリン・スタークがジョン・スノウに敵意を向けられていることも、好ましく思っていないのです。

 

サーセイは我が子、ジョフリーを可愛がります。色々助言を与えたりするのです。『王にまれば、事実は塗りかえられる』経験から基づく言葉なのでしょうね。そのためなのでしょうかね。サーセイは過程よりも結果に大きくこだわる感じがありますね。「事実は塗りかえられる」権力、争いですからね・・・。

 

第3話では物語の主要な人物たちが成長を遂げてきている感じがありました。それでも状況は「冬来る」なにやらスターク家がピンチに巻き込まれそうなのです。壁の外ではホワイトウォーカーが確認されているようです。

 

 

最後まで読んで頂き、

ありがとうございました。

 

 

 

www.garyoku.xyz