なんだろう?なんかグッときた

雑記ブログです。ええ、雑記ブログです。

モテたい男性へ!おススメの本『すべてはモテるためである』そうかな?そうかもしれないな?

モテたい男性へ!おススメの本『すべてはモテるためである』そうかな?そうかもしれないな?

 

ぼくは時々思うことがあります。なんだかんだ言いながらすべてのことは『モテたい』それに直結するんじゃないだろうか?違うのだろうか?違うのか?いや、モテたい。少なくともぼくはモテたい。

 

モテたい。そのように思うと言うことは、そもそも現状ぼくはモテていないのだろう。哀しい事実だ。モテる気配もない。

 

 

本書『すべてはモテるためである』の冒頭でなぜ?あなたはモテないのか?その理由を教えてくれる。ハッキリ言ってくる。なぜあなたはモテないのか?いや言い換えよう、なぜぼくはモテないのか?

 

 

再度言います。『すべてはモテるためである』の冒頭でハッキリとその理由を教えてくれるのです。

 

なぜモテないかというと、
それは、あなたがキモチワルいからでしょう。

 

 

・・・。

 

 

なぜモテないかというと、
それは、あなたがキモチワルいからでしょう。

 

 

 

なぜモテないかというと、それは、あなたがキモチワルいからでしょう。

 

 

そんなにハッキリ言わなくてもいいじゃないか・・・。ぼくは冒頭の4ページほど読んでいったん本を閉じました。しばらく放心状態でした。そうかそうか、ぼくはキモチワルいからモテないのか・・・。

 

ええええ・・・・マジで・・・。キモチワルい・・・。ううううううう、椅子の上で体育座りだ。見上げよう。空を見上げよう。室内だから天井しか見えないけど。だって涙が出ちゃいそうなのだ・・・。いや待て、もうすでにこんな感じだから、ぼくはモテず、キモチワルいのかもしれない・・・。スパイラルだ。ネガティブスパイラルだ。

 

こんなんじゃ先にすすめない。モテないままじゃないか・・・。『すべてはモテるためである』を少し読むとこのように書かれています。

 

世の中に 人が来るこそ 嬉しけれ
とはいうものの おまえでは なし

 

小説家、内田百閒さんの言葉です。

追い打ちです。追い打ちですなのです。ですが残念ながら思い当たるふし、あるのです。いばらの道です。心が冒頭からグサッ!グサッ!です。それでもなんだか確信をつかれているような・・・。著者は二村ヒトシさんです。六本木生まれ!慶應義塾幼稚舎卒、慶応義塾大学文学部中退のアダルトビデオの監督さんです。プロデューサーなんかもされています。

 

 

 

『すべてはモテるためである』の目次!

 

なぜモテなないかというと、それは、あたながキモチワルいからでしょう。

 

第一章 どんなふうにモテたいのか?どんなふうにモテないのか?

 

1 そもそも「モテ」とはなんでしょう?
なぜモテたいと思うのか?/どういうふうにモテたいのか?

 

 

2 「マニュアル本」を読んでしまう男がモテない理由。
自意識過剰だからモテない/女の人は、どう思っているか。

 

 

3  あなたがモテないのは「自分について」ちゃんと考えていないから。
あなたは「バカ」か「臆病」か?/「いい人」だからモテない?/同じ「土俵」に乗る。/「モテてる奴」と「モテてない奴」を分類します。/あなたは、どんな時に、どれになっているか。

 

 

第二章 恋愛する前になんとかしておいたほうがよいこと。

 

1 外見は治すのか?
コンプレックスについて考える。/実例を出します。読んで泣かないように。/コンプレックスと、どうつきあうか?

 

 

2 バカを治す。
下品な男。/モテないのにワイルドを目指すな。/あなたは「特別」じゃない。

 

 

3 臆病を治す。
「適度に」自信をもつ。/自分の【居場所】をつくる。/「エラソー」になるな。/いちばん臆病でバカなのは。

 

 

4 【オタク】は治さなくていい、が。
オタクには「居場所」がある。/モテるオタクとモテないオタクのちがい。/モテないオタクは、ある種のマンガを自分に都合よく読み間違えている。/あなたは本当にモテたいの?

 

 

 

前半のまとめ
後半へのイントロダクション
あたなは、まだナンパとかしないほうがいい。

 

 

第三章 どこで出会うのか。誰と出会うのか

 

1 エッチなお店で練習だ。
あなたは「女の子のいる店」について、どういう認識であるか?。/女の子がいるお店に行く前に。/キャバクラに行こう、コミュニケーションの練習をしに。
/「男がマグロでいい系」じゃない風俗に行こう。/嫌われる客。

 

 

2 どうやって出会うの?
いよいよ素人の女性に向かうわけだが、身近に素人の女性がいないあなたは。/ソーシャル・ネットワークのオフ会を狙え。/相手の話を聴く。
/ギラギラしているとモテません。/自己開示して、自分のギラギラに対処する。

 

 

第四章 どうやって「恋愛」するのか。

 

1 あなたの中の「スーパー戦隊」みたいなもの。
【あなた】はキモチワルくなくなり【いい人】になった。/あなたの中のいろんなキャラ。

 

 

2 どんな女性を口説くのか。
恋をするなら。/セックスをするなら。/オナニーをする女性。

 

 

3 アブノーマルなセックスについて。
変態は、どうだ?

 

 

4 あなたの中の、女の子。
モモレンジャーを意識する。/あなたの中の【女】の性格を理解しよう。/【あなたの中の女】と、あなたのお母さんとの関係。

 

 

最初のピンクの表紙の本のあとがき

解説 上野千鶴子

文庫版『モテるための哲学』あとがき

 

 

第五章 モテてみた後で考えたこと。

 

「特別対談」
國分功一郎×二村ヒトシ
この本は、単なるモテ本ではない。実践的かつ、真面目な倫理学の本である。

 

あとがき

 

 

 

 

 

『すべてはモテるためである』の感想!

 

なぜモテないかというと、
それは、あなたがキモチワルいからでしょう。

 

『すべてはモテるためである』の冒頭はこのように始まります。ズドンと心をぶん殴られたような衝撃です。ですがそれだけ衝撃を受けるということは、少なからず自分自身の中にも思い当たるふしがあるのでしょう。普段見たいようにしているだけで、本当は知っていることなのかもしれません。

 

 

本を読み進めていくと、自分がどんな風に気持ちワルいのか特定されていきます。心は痛いのですがなんとなく納得している自分もいます。大きな問題を解決しようと思ったなら、 問題を細かく細分化させていくことは必要なことでしょう。表面的な問題解決でなく、問題の本質をしっかり解決しようとするなら痛みは伴うものなのかもしれません。 誰かが言っていました。『no pain no gain』痛みなくして得るものなし!そんな言葉を思い返しながらぼくは、本書を読み進めていきました。

 

 

心は痛いのですが、それでもズンズン読み進めていけました。なるほどな~。そうかもな~。おおおおっ!おおおおっ!ややややや?おおおおっ!そんなのばっかりでした。本書『すべてはモテるためである』を読んでからと言ってモテるのかどうかは、ぼくにはわかりません。少なくともぼくは相変わらずです。

 

 

ですが、「この本、読んでよかったな~」ぼくは、素直にそう思いました。そんでもって、仲のいい友人や会社の人に恥ずかし気に勧めてみました。「ねえ、こんな本があるんだよ。おもしろんだよ。『すべてはモテるためである』タイトルもいいでしょ?」

 

「あなたや僕が、女性に『モテたい』と思うのはただたんに性欲のせいじゃ、ないですね。きっと人間は、他人から『あなたは、そんなにキモチワルくないよ』って、保証してほしいんです。

 

 

男は【自分の中の女】と似たところのある女性を好きになるんです。女性の心の中にも、もちろん【男】がいます。

あなたが、ある女性を好きなったとしたら、その「彼女」と「あなたの中の【女】」は、似ているところがあるはずなんです。ぴったりと重なったなら、それは「理想の女性が、現実に現れた」てことになります。

 

 

仲のいい友人たちは「おまえ何言っての?」そんなことを言っていたような気がします。それでも何でしょうね。ぼくは『すべてはモテるためである』を読んでみて、読むのにかかった時間以上に得たものがあったような気がしているのです。まあ、気のせいってこともありえます。でも幸せっちゃ、幸せですね。

 

 

すべてはモテるためである (文庫ぎんが堂)
二村 ヒトシ
イースト・プレス
販売価格 ¥720(2018年12月9日0時5分時点の価格)

 

 

最後まで読んで頂き、

ありがとうございました。