なんだろう?なんかグッときた

雑記ブログです。ええ、雑記ブログです。

【ハンターハンター】ヒソカVS幻影旅団の団長クロロの戦いを解説!凄すぎてわかんないんだもん

『ハンターハンター』ヒソカVS幻影旅団の団長クロロの戦いを解説!

 

ハンターハンターの34巻にて、ヒソカとクロロが戦っています。ヒソカにとっては、ついに念願の戦いです。場所は天空闘技場。二人はお互いにフロアマスターとして戦います。もうドキドキ、正直すごいのです。切れ者の二人の命を賭けた死闘です。とんでもないのです。もう~すごいんですから!

 

ただただ、凄すぎて理解出来なのです。ええ、すごいのです。複雑なのです。ぼくはついていけませんでした。ただそれでも、ドキドキワクワクしました。改めて二人の戦いを分析して解説していきたいと思います。もう~どうなることやら・・・。ちなみに戦いはクロロの勝利です。それでもヒソカは死んでおりません。ご安心あれ。

 

まずは二人の念能力を考えてみたいと思います。

 

 

 

ヒソカが使う二つの念能力!

 

伸縮自在の愛(バンジーガム)

 

自分のオーラをガムとゴムの両方の性質をもつものに変える。

至るところにはりつけることができて、好きな時にはがせる。

伸ばせば伸ばすほど、縮む時の力が大きくなるが、ヒソカの体から離して使用した場合は10メートル以上伸びるとゴムが千切れてしまう。

 

 

薄っぺらな嘘(ドッキリテクスチャー)

 

自分のオーラに思念の力を加えてあらゆる質感を再現する。

※ただし紙のように薄っぺらなものにしか写し出せないつまり非常に上質のカラーコピーのようなもので触られてしまえばすぐにニセモノだとバレてしまうが、だからこそだましがいがあるとヒソカは考える。

 

 

クロロが使う念能力!

 

”盗賊の極意・スキルハンター”で他人の念能力を盗んで使うことができる。盗まれた側はその能力を使えなくなる。具現化した本(盗賊の極意)に盗んだ能力を封じ込め、それを自在に引き出すことができる。しかし条件は厳しい。

 

盗むためには以下4つの条件をクリアする必要があります。

 

  1. 相手の念能力を実際に目で見る。
  2. 相手に念に関して質問し、相手がそれに答える。
  3. 本の表紙の手形と相手の手の平とを合わせる。
  4. 1~3を一時間以内に行う。

 

そして更に、盗んだ能力を使う時は、本を具現化して右手に持ち、その能力のページを開いた状態にする。盗んだ能力は、盗まれた相手が死んだ時点で本から削除され、使えなくなる。

 

 

+クロロがヒソカ相手に使用した盗んだ念能力です!

 

幻影旅団の団員・シャルナーク(操作系の念能力)

携帯する他人の運命(ブラックボイス)
オリジナルの携帯電話で人間を操ることができる。付属のアンテナを標的の体に刺せばOK。アンテナが抜けない限り、標的はシャルナークのロボットと化す。

 

 

幻影旅団の団員・コルトピ(具現化系の念能力)

神の左手悪魔の右手(ギャラリーフェイク)
左手で物体を触り、右手でその複製を創り出す。生命をコピーすることは不可能だが、動かない物体としてなら生物も複製可能。複製した物は24時間経つと消滅する。それは物体の大きさとは無関係。

 

 

人間の証明(オーダースタンプ)

人形を操作する能力
人形とそうでなくなったモノの境界は頭部が胴体と繋がっているかどうか。

 

 

転校生(コンバートハンズ)

右手で触れると相手がクロロ(自分の)姿になり、左手で触れるとクロロ(自分)が相手の姿になる。両手で相手に触れると一瞬にして姿が入れ替わる。あくまで姿が入れ変わっただけで、人格が入れ替わるわけではない。

 

 

 

流星街の長老

番いの破壊者(サンアンドムーン)
左手で太陽(プラス)の刻印を押し右手で月(マイナス)の刻印を押す。互いの刻印が触れ合うと爆発する。刻印自体は一瞬で押せるが威力を最大にするためには対象に3~5秒ほどふれ続ける必要がある。完全な爆弾になったなら傍らの人間も粉々に吹き飛ばす。そして一度刻印されたら消せない。

 

 

そしてクロロ、両手を使用する能力を盗んだことで、新たな念能力が生まれました。

栞のテーマ『ダブルフェイス』

栞(しおり)を挟むことで本を閉じてもそのページの能力を維持することができる。
更に開いた開いたページの能力と併用することも可能です。

 

 

クロロ、これらを使ってヒソカと戦います。そしてクロロ、ヒソカに自分がこれから使用する能力を説明してくれます。これ仮にクロロ、何も説明しなかったなら圧勝していたんじゃ・・・。というか、読者もわかんないぜ。

 

 

 

 

 

ヒソカVSクロロの戦い!

 

f:id:kotobatoasobi:20181115003417j:plain

 

 

ヒソカとクロロの戦いはこんな会話で始まります。

 

 

ヒソカは言います。

ようやく
想いが叶ったよ♡

 

ここまで待って
馴れ合いみたいな
闘いはしたくない♣

 

 

クロロは言います。

わかっている
追われるのも
正直面倒に
なってきた

 

どちらかが
死ぬまでやろう

 

ヒソカは答えます。

OK♥

 

 

f:id:kotobatoasobi:20181115003450j:plain

 

 

クロロは審判に”携帯する他人の運命(ブラックボイス)”のアンテナを刺します。審判はクロロの思い通りに動きます。そしてクロロ、もう一本アンテナを手に持ちます。審判を盾にしながら、ヒソカにアンテナを刺そうとします。

 

 

仮にヒソカにアンテナ刺さったなら、もうそこで試合終了ですね。ただまあ、刺さりません。2人の格闘です。ヒソカは”伸縮自在の愛(バンジーガム)”を使って審判を飛ばしたりします。クロロは番いの”破壊者(サンアンドムーン)”の念能力を使って審判を爆破させます。

 

クロロ、死んだ審判の死体を”神の左手悪魔の右手(ギャラリーフェイク)”の念能力で審判の死体をコピーします。そして”人間の証明(オーダースタンプ)”にてコピーした審判の死体(以下、人形)を動かします。クロロは「ヒソカを壊せ」と人形に命じます。

 

ヒソカは人形のクビをねじ切ります。人形は動きを止めます。

 

 

クロロは観客席に飛び込みます。体の大きい観客に”携帯する他人の運命(ブラックボイス)”のアンテナを突き刺してヒソカを襲わせます。大きい体の観客の死角から、もう一本のアンテナを刺した観客にヒソカを襲わせます。

※アンテナは二本しかありません。

 

 

ヒソカはなんなく観客二人を始末します。が、そこにクロロはいません。
クロロは既に”転校生(コンバートハンズ)”を使用して観客の誰かに化けているのです。
※突き刺したアンテナは釣り糸的なもので引き寄せた?とヒソカが推測しています。

 

 

観客たちの中に姿が二人になっている者がいます。クロロが”神の左手悪魔の右手(ギャラリーフェイク)”で分身させているのです。そして”人間の証明(オーダースタンプ)”の念能力で分身を動かします。そして「ヒソカを壊せ」と命令する。何十体と言う分身がヒソカを襲います。

 

 

ヒソカ、一旦様子を見るため、”伸縮自在の愛(バンジーガム)”を天井につけて、空高く飛び上がります。何十体という分身たちも飛び上がります。分身の体によじ登ったりして、ヒソカに届くのです。で、その観客の中にクロロが隠れています。

 

f:id:kotobatoasobi:20181115004148j:plain

 

 

クロロ、ヒソカの左脇腹をパンチ!ヒソカ、左脇腹をガードする。クロロ、ヒソカのガードを見て攻撃を修正して、ヒソカの後頭部を蹴りつける。ヒソカの後頭部にクロロのキックが直撃です。

 

 

ヒソカ、天高く飛んでたもんですから落っこちてきます。そこへ何十体って言う分身がヒソカに襲い掛かります。ヒソカ、分身の攻撃を受けたり、かわしたり、攻撃したりします。クロロ、隙をついてヒソカに攻撃をしかけます。ヒソカ、後頭部を蹴られます。脇腹を蹴られたりします。

 

 

ヒソカ、ねじ切った分身の頭部に”伸縮自在の愛(バンジーガム)”を付けます。そして分身の頭部を武器のように振り回して戦います。モーニングスターのようですね。成人男性の頭部の重さは7~8キロとのこと。ボウリングの球的な感じです。ヒソカ、左足の先端と、左手に分身の頭部を”伸縮自在の愛(バンジーガム)”でくっつけます。そしてクロロの死角から攻撃。クロロもヒソカの攻撃を受けます。

 

 

クロロ、再度分身にヒソカを襲わせます。ヒソカ、分身の頭部を武器に分身の頭部を攻撃していきます。分身の数を減らしていきます。
ヒソカ、クロロの作戦を推測します。そしてクロロを見つけます。

 

 

ヒソカ、クロロを追いかけます。クロロ逃げます。ヒソカは逃げ惑う観客の背中と床に”伸縮自在の愛(バンジーガム)”を付けます。で、”伸縮自在の愛(バンジーガム)”を縮めます。観客はクロロと反対の方向に逃げています。その”伸縮自在の愛(バンジーガム)”を縮めるわけです。観客はクロロにぶつかります。

 

 

ヒソカ、分身の頭部をクロロにぶつかった観客にぶつけます。邪魔な観客をどかすためです。ヒソカ、クロロの左足に”伸縮自在の愛(バンジーガム)”をつけています。ヒソカ、つかまえたクロロに分身の頭部を何度もぶつけます。クロロ死す?

 

 

クロロ死す?が、そのクロロは”転校生(コンバートハンズ)”の念能力を使った偽者のクロロでした。観客の一人だったのです。そしてヒソカ、クロロの作戦に気づきます。

 

 

クロロは大量の分身を製造して、そして”破壊者(サンアンドムーン)”にて分身に太陽の刻印を押す。分身は爆弾になっているわけですね。

 

 

クロロ、場内アナウンスを使用して大量の分身に「ヒソカを壊せ」と命令する。二百を超える分身がヒソカを襲う。ヒソカ、分身に”伸縮自在の愛(バンジーガム)”をくっつけて人間ハンマーを作っています。それを振り回して、分身を倒していきます。ただもう片方の手にはねじ切った分身の頭部を持ったままです。

 

f:id:kotobatoasobi:20181115004415j:plain

 

クロロ、その頭部の胴体を発見しており、”破壊者(サンアンドムーン)”にて爆弾にかえている。ヒソカが頭部を手にもった瞬間、爆発。ヒソカ、指四本が吹き飛びます。

 

 

ヒソカ、新たに分身の頭部を武器にします。そして大勢の分身たちと戦います。そして右足に”伸縮自在の愛(バンジーガム)”をつけます。が、分身たちは爆弾になっています。ヒソカの近くで爆発していきます。ヒソカも爆発に巻き込まれます。爆発で飛び上がっています。ヒソカ、右足を失っています。

 

 

ヒソカ、新たに分身の頭部を武器にします。そして大勢の分身たちと戦います。そして右足に”伸縮自在の愛(バンジーガム)”をつけます。が、分身たちは爆弾になっています。ヒソカの近くで爆発していきます。ヒソカも爆発に巻き込まれます。爆発で飛び上がっています。ヒソカ、右足を失っています。

 

 

ヒソカ、新たに分身の頭部を武器にします。そして大勢の分身たちと戦います。そして右足に”伸縮自在の愛(バンジーガム)”をつけます。が、分身たちは爆弾になっています。ヒソカの近くで爆発していきます。ヒソカも爆発に巻き込まれます。爆発で飛び上がっています。ヒソカ、右足を失っています。

 

ヒソカ、左足に”伸縮自在の愛(バンジーガム)”をつけようとするも・・・。クロロはヒソカに観客をぶん投げて邪魔をします。クロロ、観客を何人もヒソカにぶつけます。ヒソカ、地面に落下します。爆弾になった分身たちがヒソカに近づきます。で、爆発です。ヒソカ・・・。

 

※戦闘の解説を解りやすくするため、”栞のテーマ『ダブルフェイス』”で使用する念能力を固定するは省略しています。

 

 

闘いはクロロの勝利です。えっ?ヒソカ・・・?どうなっちゃったの?

 

 

 

 

ヒソカVSクロロ!その後のヒソカ

 

ヒソカは死んでしまったのでしょうか?いえ、ヒソカ生きています。ヒソカの遺体は爆発があったわりには損傷が少ないのです。

 

f:id:kotobatoasobi:20181115004747j:plain

 

シャルナークが推測して言っています。

爆破役の人間が
近づく前に
壊す命令を受けてた
200体の人形が群がって
緩衝材の役目を
果たしちゃった
みたいだね

 

死因は
肉の壁と爆発で
酸欠になっての
窒息みたい

 

そうなのです。ヒソカの死因は窒息死なのです。いや、ヒソカ生きているのです。
ヒソカはクロロとの戦いの最後、どうせ死ぬならと念じていたのです。

 

念よ・・・!!
ボクが死んだ後
よみがえり!!!
心臓と!!!
肺を!!!
伸縮せよ!!!

 

ヒソカは死因が、窒息死だったから生き返れたわけですね。かりに爆弾でバラバラになっていたならダメだったわけです。ヒソカ、瞬時に判断したんでしょうね。これは爆発じゃない。先に窒息しちゃう。どうせだめなら、ダメもとだい。

 

ヒソカ、失った体の部位を”伸縮自在の愛(バンジーガム)”と”薄っぺらな嘘(ドッキリテクスチャー)”で再現させます。そしてマチにメッセージを伝えます。

旅団全員に
伝えてくれる・・・・・・?

 

今から
どこで誰と遭っても
その場で殺すまで
闘るとね♠

 

そう言って、マチの体を”伸縮自在の愛(バンジーガム)”で縛ります。

 

f:id:kotobatoasobi:20181115004953j:plain

 

 

マチにメッセージを託したヒソカとしては、このヒソカの行動は一見謎ですが、時間稼ぎと兼、マチならなんとかして抜け出すだろうとう判断の元なのでしょうかね。

 

そしてヒソカ、念能力のない。シャルナークとコルトピを殺めます。クロロの念能力”盗賊の極意・スキルハンター”には、『盗まれた側はその能力を使えなくなる』がありますね。旅団とヒソカの新たな因縁ができましたね。今度はヒソカが追われる側ですね。どうなるんでしょうね?いつだって予想が追いつきません。

 

 

 

 

 

ハンターハンター34巻にて冨樫先生がヒソカVSクロロについてコメントしています!

 

一番やりたかったのは旅団の誰かを殺させる事でした。話の流れは大体決まっていたのですが、最後にヒソカが誰を殺すのかは決まっていませんでした。ヒソカはあの場でマチを殺したがっていたのですが、僕が却下してしまいました。

船の流れに続けるにあたって他の旅団員へのメッセーンジャーが必要だったのと、今回の闘いの反省と復讐をふまえて、クロロの能力を削っておくとう、冷徹で合理的な判断にヒソカの本気をにじませたかったから・・・という言い訳を後からつけ足した私の勘です。

おそらくマチを残しておいた方が後々面白くなるという予感です。

 

この後も富樫先生のコメントは続いています。が、なんでマチ、生き残ったんだろう?そんな疑問なくもないですよね。このような理由なのですね。

 

 

 

 

HUNTER×HUNTER 34 (ジャンプコミックス)
冨樫 義博
集英社
販売価格 ¥432(2018年11月15日0時53分時点の価格)

 

 

最後まで読んで頂き、

ありがとうございました。