なんだろう?なんかグッときた

雑記ブログです。タイトルだけでも覚えて帰って下さい。

【乃木坂46】『帰り道は遠回りしたくなる』を聴いて自分の人事異動に思いを馳せる!

乃木坂46『帰り道は遠回りしたくなる』を聴いて自分の人事異動に思いを馳せる!

 

ぼくは『乃木坂46』のにわかフャンである。そんなぼくでも今回のシングル『帰り道は遠回りしたくなる』のシングルを最後に、センターを何度もつとめられていた西野七瀬さんが卒業されることは知っているし、感慨深いものがある。

 

過去の動画なんかを漁り、秋元真夏さんが言う「おかえり」の意味に知り、そして実際にじ~んと来るものがあり、仲良くなられるようになられて本当に良かったです。ただぼく自身、今現在、自分の得た知識を披露しよう、そして、ぼく少しはちゃんとわかっています感を出してしまったことが、なんだか恥ずかしいです。なぜなら。

 

そう素直に思えるぐらい、『乃木坂46』さんにカワイイ・キレイ以上に敬意があったりする今日この頃です。結果、もっと自分の周囲の人たちに優しくできればいいなとか思えてしまうから、良かったものであります。

 

 

それはそうと『帰り道は遠回りしたくなる』です。曲のタイトルだけではなかなか意味が伝わらないと思います。ですので一旦聞かれてみると、これが別れの前向きな曲であることがわかると思われます。

 

 

 

 

『帰り道は遠回りしたくなる』歌詞の意味は 『↓』 なんとなくこんな感じです。主観も大いに入っているかもしれません。

 

自分が大好きだった場所を離れるという話なのです。そう昔は大好きだったのです。いや、今だって大好きです。だけど、自分は気づいてしまったのです。自分の夢を叶えるためには、ここにいることが良いことではない。と。以前とは違う、別の夢が出てきたのかもしれません。

 

その大好きだった場所で、仲のいい友人と語り合ったこともあったでしょう。それでも気づいてしまったんです。自分の叶えるべき夢は他の場所にあるんだと、いやでもマジ、この場所が嫌いなったとかじゃないんです。ていうか、大好きです。ですが、ですが、ですがなのです。

 

実際のサビの箇所です。

 

帰り道は 帰り道は

遠回りしたくなるよ

どこに行けば どこに着くか?

過去の道から迷うことがないから

 

これから旅立っていくんだとうことを、こんな言葉で表現してしまう。作詞・秋元康大先生。逆説的な感じ、だからこそより強く、最初は意味あんまりわからなかったけど、何度も聴いている内に、じんわりじんわりと。ですがきっと、これまでもこんな手法は使われてきたのだと思われます。

 

しかしです。しかしなのです。会いに行けるアイドルとう、とんでもないビジネスモデルを作りあげられて、そう人は感情で動くのです。ロジックで以上に感情でものを買ったりしてしまうのだと思います。しかも会いに行けるアイドル、それを長年見てきた場合なんて、そりゃあ思いもひとしおでしょう。無論、資本主義経済であり、ビジネスモデルがあり、だがしかし、実際に動いてしまっている自分の感情がそこにあるわけなのです。だけど、そんなことをぶっちぎってどそんなのどうでいいっスな自分が実際にいるわけで、実際に感じている感情は嘘じゃないんですよね~~~と。ほんとうに感動していたりします。

 

えっ?なにが言いたいの?って話だと思うのですが、

 

人は誰も変わることになれていなくて昨日と同じように

今日も明日もここにいたくなるんだ

 

そうです。そうなのですよ。ですが、それでも旅立ちを自ら決意した。決して嫌だからじゃないんですよ。居心地は比較的、いいんですよ。ですが、旅立つのです。別れじゃないのです。卒業なのです。

 

きっと『帰り道は遠回りしたくなる』は秋元康先生から、西野七瀬さんに限らず、今回卒業されるメンバーの方々(若月佑美さん・能條愛未さん)へのメッセージであり、応援歌なんでしょうかね。勝手にぼくが言ってるだけなので、検討違いってこともあるかもしれません。

 

 

的な話をですね。ぼくは会社の同僚に話していたらですね。翌日、上司に呼ばれました。で、人事異動を言い渡されました。そしたらですね。尚更、『帰り道は遠回りしたくなる』の歌詞にグッとくるものがあるわけなのです。

 

帰り道は 帰り道は

遠回りしたくなるよ

どこに行けば どこに着くか?

過去の道から迷うことがないから

 

大好きな場所をですね。旅立っていくわけですね。なるほどなと、こりゃあぼくも今回の人事異動は人事異動じゃないなと、卒業なんだなと。ぼくは、今お世話になっている支社から卒業します。ぼくは今お世話になっている支社から、卒業する旨を仲の良い同僚を伝えたところ。もちろん、会社内での通知が出た後です。

 

 

 

 

 

ぼくの同僚は言っていました。

「いやいや、自分の意思じゃなくて、会社の命令でしょ」

 

ぼく「えっ?」

 

同僚「会社員の配置転換じゃん」

 

ぼく「まあ、卒業ちゃ、卒業だけどね」

 

同僚「そこに自分の意志はあるの?」

 

ぼく「・・・」

 

同僚「あと、思いを馳せるの意味わかってないでしょ」

 

ぼく「えっ?」

 

同僚「思いを馳せるって言うのは、遠くのものに対してです」

 

ぼく「遠くのモノ?」

 

同僚「そう」

 

ぼく「もはや、自分の意思が遠くのモノなのかもしれませぬ」

 

なるほど『人事異動』、根幹の思いが違っていたようですな。とりあえずぼくは、少し寂しような同僚をオシャレなカフェに誘って、『帰り道は遠回りしたくなる』を聴かせるみることにしましたとさ。

 

 

 

最後まで読んで頂き、

ありがとうございました。