なんだろう?なんかグッときた

雑記ブログです。タイトルだけでも覚えて帰って下さい。

ゴールデンカムイ13巻【網走監獄侵入大作戦!鶴見中尉率いる第七師団もやって来るよの巻】

ゴールデンカムイ13巻を読む!

 

ヤバいっすね。ゴールデンカムイ、おもしろい。おもしろいのです。なにが面白って、今回の13巻、刺青の囚人である『都丹 庵士』(トニ アンジ)率いる『盲目の強盗団』と杉元軍団が戦います。杉元軍団は夜の温泉に入っているところだったので、みんな真っ裸なのです。

 

ピンチですよ。ピンチ。どうなる?どうする?『不死身の杉元』です。『不死身の杉元』筋骨隆々の体に刻まれた歴戦の傷、それはそうと帽子は脱がないのです。

 

 

ちなみに真っ裸で戦う杉元軍団の面々です。

 

杉元

白石

尾形

キロランケ

谷垣

チカパシ

 

チカパシは子供ですが、筋骨隆々の男たちが丸裸で戦うのです。ま~杉元が強い。丸裸で『盲目の強盗団』をぶん殴ったり、思いっきり蹴とばしたりします。そして気づけば、ゴールデンカムイの良心・谷垣さんがイジられるようなキャラクターになっていました。

 

丸裸の杉元軍団ですが、裸でも強い杉元、裸でも銃さえあればスナイパー尾形などの活躍によって、『盲目の強盗団』を追い詰めていきます。そしてやがて夜が明けます。朝がきたならこっちのものです。都丹 庵士を追い詰める杉元。

 

無関係の

アイヌの村も襲って回った

分際でよ

テメエらに

大儀なんてねえだろう

盗っ人が

 

杉元

 

そうさ・・・

いまさら按摩なんてできねえ

飢えて

目も見えない

俺達はそう生きるしかない

だがアイヌも和人も無関係の人間は

殺しちゃいねえ

 

都丹 

 

そのうち

みさかいが無くなるさ

 

杉元 

 

わかるのかい?

確かにあんたからは

人殺しのニオイが

ぷんぷんするもんな

 

都丹 

 

いや~もはやどちらかが命を落とさないとことは収まらないような状況です。そこへ、土方歳三が登場します。どうやら土方と都丹は知り合いの様子。都丹は銃を納めます。アシリパさんは都丹に言います。

 

こんな暗いところで

隠れて暮らして

悪さをするため

外に出るのは夜になってから・・・

 

これでは

いつまでたっても

お前の人生は

闇から抜け出せない

 

なんだかグッとくるセリフですね。

 

土方と都丹と杉元軍団の合流、これは網走監獄侵入大作戦への序章だったのです。脱獄王・白石が侵入作戦の作戦を進めていきます。いや~普段はふざけている白石ですが、さすが自分の仕事場、的確な作戦を立てていきます。脱獄王の名は伊達ではありません。さすがの脱獄王・白石なのです。

 

そして網走監獄の看守の中に、土方のスパイがいます。『門倉看守部長』です。これがなかなかの食わせ物です。パトレイバーの後藤喜一のような、昼行灯というべき人物なのかもしれないのです。パトレイバーの後藤喜一と言えば、元々、公安に所属していたけれども、あまりにキレもので手におえないからか特車二課に島流しにされた経緯がある男なのです。

 

『門倉看守部長』、そんな後藤喜一のようなニオイをさせています。ただ、13巻のだんかいでは、まだわかりません。ただそれでも、新しい魅力的な曲者が増えたことは事実ですね。

 

 

 

 

 

月の無い漆黒の夜・・・網走監獄侵入大作戦が決行されます。

 

インカラマッツとチカパシ

永倉と家永はコタンで待機

 

尾形は山に隠れて何かあれば

狙撃で援護

 

谷垣と夏太郎は川岸に用意した

丸太舟で待機

 

キロランケ

牛山

土方は宿舎で待機

 

アシリパさんと

白石と俺が

囚人たちのいる

舎房へ侵入する

 

先導するのは都丹庵士

 

万全の体制で作戦は決行されます。で入った瞬間、二人の看守に発見されます。そうです。そういうこともあるのです。で、杉元が看守をぶん殴ります。いきなり見つかってんじゃねぇ~のか~~~~~なのです。出鼻は挫かれましたが、作戦はすすんでいきます。門倉看守部長、杉元たちが網走監獄へ侵入するのを手引きします。

 

やがて杉元、白石、アシリパさんは『のっぺらぼう』の檻へ。のっぺらぼうは大声をあげます。アシリパさんが言います。

 

違う

アチャじゃない

 

そんな矢先、門倉看守部長が声をあげます。

 

侵入者だ!!

 

監獄内に鐘が鳴り響きます。都丹がアシリパさんを連れて行きます。

 

本物に会わせる

 

どうやら先ほどの『のっぺらぼう』は替え玉。その替え玉は網走監獄の犬童典獄が用意したもの。そこへ杉元たちは陽動作戦にひっかかったのです。ただ、その替え玉がいるということを、土方、都丹、もちろん門倉看守部長も知っていたようなのです。

 

つまりどうやら、杉元は土方にはめられた。そんな感じです。どうなるアシリパさん・・・。ただ土方にも誤算がありました。

 

橋を爆破!『雷』(いかずち)型駆逐艦。第七師団が網走監獄にやって来たのです。情報将校『鶴見中尉』率いる第七師団の登場です。

 

殺し合うシャチ・・・

その死骸を喰う

気色の悪い生き物でいたほうが

こちらの痛手は少なくて済むのだが・・・

今夜は我々がシャチとなって

狩りにいく

 

のっぺら坊とアシリパさを確保せよ!!

 

ヤバイ!ヤバイですね。みんな大集合です。なんだかとんどもないことおきそうです。もはやワクワク、ドキドキしかしません。まいったねこりゃ、です。

 

 

 

 

最後まで読んで頂き、

ありがとうございました。

 

 

www.garyoku.xyz