なんだろう?なんかグッときた

雑記ブログです。タイトルだけでも覚えて帰って下さい。

クイズ番組【99人の壁】が好き!もはや人間賛歌だとしか思えない!

クイズ番組『99人の壁』が好き!

 

ぼくはクイズ番組『99人の壁』が好きです。なんでしょう、この見事なシステム。もはやぼくには、このクイズ番組は人類賛歌だとしか思えません。

 

すべての人に好きなことがあるのだ。そして好きだらかこそ、いろいろ知っているのだ。勝手に知識が積み上がっていく。自分でも思う。それって無駄な時間だっじゃないだろうか?時間の浪費なんじゃないだろうか?もっと友好的に時間を使うべきだっただろうか?いやいやあの時間、自分が好きなことのために使った時間、無駄じゃないんです。だってそれで、まさかクイズ番組が出来ようとは!

 

しかも司会は佐藤二朗さん

 

 

  

ちなみに、このクイズ番組のルールです。

クイズ『99人の壁』と言うのは100人の一般公募の参加者の中から選ばれた1名のチャレンジャーが、ブロッカーとなった残り99人の参加者を相手に、早押しクイズで対決するのです。

 

そして選ばれた一名のチャレンジャーが五問連続でクイズに正解したなら、賞金の100万円をもらえます。ただし、1問目は25人のブロッカーが相手をします。そして2問目は50人、3問目は75人、そして最終的には99人がブロッカーとなった『99人の壁』を打ち破らなければならないのです。

 

 

 

クイズ『99人の壁』それは自分の好きなことで戦うことが出来るのです。自分の好きなことを武器に立ち向かっていくのです。誰にだって好きなことはある。ぼくにだって、あなたにだってある。そう、それを武器に戦える。実社会の中でもそうありたいと思いつつも、なかなか難しかったりしてしまいます。

 

自分の好きなことを話をしている人の顔はみんなイキイキしている。それがこの番組の雰囲気を作り出しているんじゃないのでしょうか。もちろん、司会の佐藤二郎さんもいいのです。俳優の佐藤二朗さん、どっちかというと脇役を演じることが多い佐藤二朗さん。そうなのです。『99人の壁』でも、司会でありながら佐藤二朗さんは脇役を演じているのです。なぜならそう、主役はあなたです。好きなことに時間を費やしていたあなたです。と言っているのです。

 

 

このクイズ番組は、参加している100人全員が主役なのです。ただこれまでも、みんなが主役、そんな番組はあったと思います。この『99人の壁』、なにがすごいかと言いますと、チャレンジャーがチャレンジに失敗した場合、ブロッカーになるのです。チャレンジャーがブロッカーに、ブロッカーがチャレンジャーに。

 

自分の好きなジャンルで戦うことができるチャレンジャー。自分の好きなモノです。だから知識が広く深いのです。なんでしょう。鉄道が好きな人をイメージするといいでしょうか。例えば自分の好きなジャンルが『宇宙』や『カーリング』、『伊達政宗』だとしましょう。詳しい人にクイズじゃ勝てませんよね。ですが私たちは99人いるのです。

 

たまたま自分でも何故かわからないけど、その知識を知っておる場合があるのです。そのジャンルと関係ないけど、毎週大河ドラマを好きで見てるたら、たまたまその知識が頭に入っています。的な。その結果、チャレンジャーに勝つことが出来るのです。なにが言いたいかというと、それはまるで、あなたのこれまでの人生に無駄なんてないんだよと言ってくれているようなのです。

 

自分が好きなモノに対して使ってきた時間の肯定してくれただけでなく、他の時間にたまたま知った知識に対しても、イヤだったあの経験、本当はやりたくなかったあの仕事、そんなのぜんぜん無駄じゃなかったんだよ。あたなのこれまでの人生は無駄じゃないんだよ。そう肯定してくれているのです。

 

 

 

 

 

そして更に何がいいかと言います。チャレンジに失敗したチャレンジャーがブロッカーになるという仕組み。クイズ番組名は『99人の壁』。1人 VS 99人。合計100人ですね。この100人のメンバーというのは、チャレンジャーがブロッカー入れ替わるだけであって、誰も失格にはならないのです。

 

この世知辛い世の中です。100人のメンバー、いいんだよ。あなたはここにいていいんだよ。あなたはここに、この場所に必要なメンバーの一員なんだよ。そう、言ってくれているのです。

 

 みんな必要なのです。しかも、あなたにはすべきこともあるのです。

 

そしてただ、やさしいだけではありません。老若男女が参加可能なのです。そう、好きなモノの前ではみな、平等なのです。自分の好きを武器にどこまで戦えるか!だがしかし、みな、この場所に必要な人間である。あなたのこれまでは決して無駄じゃないんだよ。クイズ『99人の壁』からは、そんな力強いメッセージをくれるのだ。

 

だからだろうか?なんか見ちゃうんです。誰が勝ってもなんだか嬉しいのです。

 

 

 

 

最後まで読んで頂き、

ありがとうございました。