常夏ブライアン風味

雑記ブログです。『常夏ブライアン風味』と言う名の寝ても覚めて雑記ブログです。タイトルだけでも覚えて帰って下さい。

【獣になれない私たち】一話を見ての感想!新垣結衣さんに共感?

『獣になれない私たち』一話を見ての感想!

 

ドラマ『獣になれない私たち』の放送が始まった。主演は新垣結衣さん、そして脚本は野木亜紀子さんである。野木亜紀子さんと言えば、『逃げる恥だが役に立つ』の脚本家さんだ。そして『逃げる恥だが役に立つ』と言えば、新垣結衣さんだ。いやあえて、敬意と親しみとやはり敬意を込めてガッキーと呼ばせていただきたい。

 

これ、『獣になれない私たちは』はどうしたって『逃げるが恥だが役に立ち』と比べられてしまうと思われる。『逃げるが恥だが役に立つ』が非常に良かったのだ。だって、放送日が楽しみだったのです。放送日はリアルタイムで見たいから予定を入れないのです。仮に仕事でその日遅くなることがわかった場合は、舌打ちです。録画予約を入れて、舌打ちです。

 

 

それはそうと、テレビドラマが楽しみだから、放送日の日は家に帰る。そして時間がきたらテレビのリモコンを点ける。きっとドラマを制作されてる側の方が視聴者にやってほしいであろうことを、視聴者が自ら進んで行うという状況。だって、見たいんだもん。だって楽しみなんだもん。ダンスやら、星野源さんの音楽やら、ガッキーとガッキー意外の出演者の方々、いろんなものが噛み合わさって、素敵な状況が出来上がったものだと思われる。何年かに一回あるかないかの、素敵なドラマだったのだと思う。

 

わかっている。わかっているのです。しかしそれでも、どうしたって比べてしまうのです。『獣にならない私たち』と『逃げるが恥だが役に立つ』

 

以下、ネタバレあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新垣結衣さんの演じる主人公は、自分の言いたいことを言わずに、貧乏くじを引いてしまう感じのキャラクターです。損な役回りといいましょうか。でもってしかも、付き合っている彼氏(田中圭さんが演じてます)とは四年付き合ってます。が、同棲も出来ていません。主人公は同棲したいのでしょう。アパートの更新手続きの書類が部屋にさりげなく置かれていて、彼氏がそれを見ます。が、同棲はしません。

 

というか出来ないのです。彼氏はもうすでに同棲しているのです。???ええ、もう既に同棲しているのです。元カノです。元カノがアパートから出て行っていないのです。ネットゲームの廃人というと言い過ぎですが、無職で居座っているようなのです。もともと同棲はしていたのでしょうかね。

 

 

 

 

 

主人公はその事実を知っているのです。しかも主人公の生い立ちときたら、父は私と母に暴力をふるう人でした。父は交通事故で亡くなりました。そして母はマルチ商法にハマり出しました。主人公の会社の人間にすら、商品を売りに来るようになってしまいました。だらか縁を切りました。六年ほど会っていません。なのです。

 

これでもすでに大変なのに、主人公は職場で敏腕社長風の人のもと、後輩など、他の人の仕事をお世話してしまっています。本来は営業アシスタントなのですが、営業の変わりにプレゼンさせられたり、自分の関係のない仕事で謝罪に行き、結果土下座をさせられたり、営業先からセクハラ的に食事に誘われてみたりと・・・。

 

こりゃあもう、これでもかっていうぐらい、主人公に共感できる作りなのです。人はけっこうみんな、自分が損な役回りをやっていると、実は思っていたりするものなのだと思われます。ならばです。なればこその共感です。でもまあ、共感しつつも今後これは、どうなっていくんだろうと?

 

『獣になれない私たち』第一話ということもあって、まだ我々、見方がわからないんですよね。さぐりさぐりですね。どうしたもんかなと、ただ松田龍平さん演じる会計士がポイントになってきそうなんです。

 

会計士は個人事務所を立ちあげています。そして自分の意見をしっかりシニカルに伝えるタイプなのです。毒舌と言ってもいいのかもしれません。主人公の笑顔を、キモい嘘くさい笑顔を言います。主人公、それが聞こえてしまってへこんでしまったり・・・。が、一話の最後の方、主人公は会計士にだけは自分の本音をしっかり言う感じなのです。体裁なんて気にせず、相手の気持ちなんてそんなに気にせず、そうはいってもどこか品よくではあります。が、自分の意見を言えなかった主人公が言うのです。そして、変わろうと思うのです。変えようと思うのです。

 

一話の最後、主人公はこれまで会社にオフィスカジュアルな服装で出社していたのですが、ショートブーツに革ジャンを着て、そんな自己主張の強い服装で出社します。もちろん物語上、しっかり伏線が引かれているのです。違和感のあるストリー展開ではありません。会計士のお客さんに、菊地凛子さん演じるモデルさんがいるのです。その方が広告で革ジャンにショートブーツだったりするのです。

 

ただあれです。これまでと違う服装で主人公は出社したのです。みんなから好奇の目にさらされる感じで一話は終わります。仮に一話だけで完結する物語と考えても、完結できる感じです。主人公は今後どうなっていくんだろう?自分の意見を主張する人になるのだろうか?そして幸せな感じになれるのだろうか?気になるところです。こりゃあ、二話も見てみようかなとう感じです。

 

絶対見なきゃ!みたいな感じではないのですが、まだ何かを期待していてもいいんじゃないだろか?です。願わくば、すごくおもしろく物語が展開していきますように、です。主人公は自分で会社おこしたりするんでしょうかね。どうなんでしょうね。

 

主題歌はあいみょんさんの『今夜このまま』で、提供にTik Tok(ティックトック)がいたりします。なんだか今っぽいですね。