常夏ブライアン風味

雑記ブログです。『常夏ブライアン風味』と言う名の寝ても覚めて雑記ブログです。タイトルだけでも覚えて帰って下さい。

【健康診断】バリウムを初めて飲む!で、どうなのよ?

『健康診断』初めてのバリウム検査!

 

健康診断がありました。初めてバリウム検査を受けました。会社の先輩から噂は聞いていました。どうやらとても大変らしい。バリウムは不味いらしい。決して楽しいものではないらしい・・・。気が重いらしい・・・。

 

 

 

f:id:kotobatoasobi:20180921194348p:plain

 

 

で、ぼくはバリウム検査を受けてみました。実際はどんなものなのだろうか?

 

どうやらぼくは、バリウム検査が得意なようです。ええ、変な言い方ですが、おそらく自分、バリウム検査得意っス。結果、残念ながら万人に参考になるものではないと思われます。あしからず。

 

 

バリウム検査の流れ

 

これから何が始まるのを知らない当時のぼくは、検査室の前で待っていました。自分の番号が呼ばれて部屋に入ります。

 

すると、発泡剤と水を渡されます。発泡剤の量が割と多いです。それを水で一気に飲みこみます。粉薬を水なしでも比較的飲むの苦じゃないよ。そんな方だと、わりと抵抗はありません。ただ、量が多いだけに粉薬が苦手な方は苦戦するやもしれません。

 

そして、検査台の上に乗ります。そこでいよいよバリウムのお出ましです。おっ!これが噂のバリウムか・・・。なんでしょう。飲むヨーグルトをよりドロッさせたイメージでしょうか。検査を行う方から指示があると思います。「まずは二口どうぞ」とぼくは言われて、初めての体内にバリウムを入れました。

 

 

うん?

 

うん?うん?

 

確かに後味は悪いです。ただ、最初は飲むヨーグルトです。あくまで主観ですが、飲むヨーグルトに似ています。言うほど不味くはなかったです。ただ、バリウムをのんで、胃が膨らんでいるからでしょうか。ゲップが出そうになります。

 

そんな中、いよいよ検査はスタートします。検査台が動き出します。最初は立って乗っている状態なのですが、それが横になります。乗っている本人は、横に寝た状態になります。安心してください。しっかり掴まるところがあります。両手でしっかり掴まりまりましょう。なんでも、落っこちてしまった人もいたとのことです。

 

ただ、そんなにしっかり踏ん張らなといけないようなモノではありません。それでもしっかり掴んでおくにこしたことはありませんね。

 

横になったあとは、指示のもと、検査台の上で寝ころんだまま横に三回、回りました。飲んだバリウムがまんべんなく、胃内側に広がるためと思われます。ぼくは二回した回っておらず、検査を行う方から「もう一回です」の指示がはいりました。ぼくは残りの一回を回りました。なんでしょう、なんだか恥ずかしい気持ちになります。

 

いい大人が台の上で、寝転がったうえ、三回回るのです。なんでしょう。なんだか辱めを受けている気がするのです。みんなが苦手だというのはこれなんじゃないだろうかと思うわけですね。恥ずかしさが高まって、ゲップがより出そうになるのです。

 

ならばこれはもう、楽しむしかないとう思うわけですね。一種のアトラクションと考えればなんとなかりました。辱めを受け入れてみるとう、荒業でしょうか。

 

後はもう、検査を行う指示のもと、言われるがまま、体を動かしていくのです。もうぜんぶ、お願いします。そんな気持ちです。どうぞお好きに、するとあら不思議、なんだか気持ちが良くなってきます。フシギなものですね。全てをゆだねるとう、なすがまま。普段の生活の中ではなかなか起こりえないことですね。こんな機会だからこそ。

 

検査台は右に傾いたり、左に傾いたりします。そして頭が下になることもあります。でしが、そんなにテレビ番組の罰ゲームのように踏ん張るよなことはありません。ですが無論、両手でしっかり掴んでおかねばいけません。

 

やがて、全てをゆだねて、なされるがままの自分がおもしろくなってくる次第です。ただ、ただです。最後に難関が待ち構えています。

 

機械によって、何度かお腹を押されるのです。

ちょっと、ちょっとちょっと、です。ゲップが・・・。ゲップが・・・。お腹を押されるのです。ゲップが出そうになります。しかも、なんだか押し方が絶妙なのです。くすぐったいのです。ぼくは吹き出しそうになってしまいました。

 

最後の最後に、なんてこった・・・です。ぼくは顔をクシュっとしてゲップと吹き出すのを我慢です。ガラスの向こうに、ぼくを支持を出す検査の方の顔が見えました。この人、なにやってるんだろう?と若干苦笑いされていた感があったような気がします。気のせいかもしれません。

 

いよいよ、検査は終了です。

ぼくは検査台を降ります。久しぶりの地上です。

 

 

 

 

 

バリウム検査の最後に

 

検査を行ったから検査後の説明があります。そして下剤を渡されます。ぼくは二錠、その場で服薬しました。500mlの水のペットボトルがもらえました。そして夕食用に下剤をもう二錠いただきました。飲んだバリウムを体外に出す必要があるわけですね。今日は水分を多めにとって下さいとお話がありました。

 

普段より便秘気味の方なんかだと、大変なこともあるようですね。

部屋を出る前に水道があります。紙コップ、鏡があります。口をゆすぐわけですね。鏡はしっかり見ておいた方がいいですよ。ぼくは口元にバリウムがついていました。もし鏡を見なかったなら、そのまま他の検査を受けに行くところでした。

 

検査を行う方より、「鏡をちゃんと見て下さいね」とのお話もありました。きっと、間接的に教えてくれているんでしょうね。

 

まさか自分が、バリウム検査が得意だとは、不思議な発見をする時もあるものですね。わからないもんですね。

 

 

 

最後まで読んで頂き、

ありがとうございました。