そうだ!画力をあげよう。

雑記ブログです。そうだ!画力をあげよう。と言う名のまごうことなき雑記ブログです。描け自分の青写真!タイトルだけでも覚えて帰って下さい。

オードリー若林正恭さん『ナナメの夕暮れ』を読んでの感想!

若林正恭さん著書『ナナメの夕暮れ』を読む!

 

オードリーの若林さんの書く本が好きです。若林さんの個性というか、生きづらさがちゃんと描かれているからでしょうか。最初は読みながら、ああ~この人にとって社会の中で生きていくととが、とても大変なことなんだな~。なんだか考え方が、少し偏ってたりしないかな~。そこが面白かったりするのですが、読み進めていくうちに気づきます。どうしてぼくはこの本を読み進めているんだろう?寝る暇を惜しんでいる。ぼく自身も共感しているからだと思います。

 

 

若林さんほど、ものごとに疑問を持ったりはしていません。それはそうだなと割り切って生きている部分もたくさんあります。そうでありながらも、本当は心のとても深いところでは全然割りきれてなんていないのかもしれません。その証拠に本を読みすすめながら、若林さん頑張って下さいと応援しつつ、(頑張って下さいだなんて、応援するのも失礼なのでは思いつつです。)実はぼくは、ぼくの応援をしているんじゃないだろうか?そんなことを考えてしまいました。

 

 

『ナナメの夕暮れ』の目次!

 

第一章

まえがき 

 

再開します

ラウンドデビュー

一人で平気なんですけど

自分の正解

深夜、何をする?

野心と欲望

大人の授業

現実を生きるための

男性ホルモン?

2009年とぼくと

苦労を知らない子どもの30年後

まえけんさん

片頭痛

鍼の効能

なぜ、こんなに怖いのか

キューバへ

机に座って考える?

お悩み相談

僕は紅茶を「野みたい」か?

ヌードルハラスメント

トム・ブレイディ

おっさんはホスト

47年おつかれさまでした!

ベストスコア

SOBA

オリジナル

いいね!と草野球

デスマッチ

耳に痛い話

逃げる正論

言葉の熱湯

花火

凍える手

 

第二章

ナナメの殺し方

AI VS オードリー

いるにはいる異性

片頭痛2

体力の減退

 

あとがき

 

 

第一章は『ダ・ビィンチ』2015年八月号~2018年四月号に掲載されていたものだそうです。第二章は書き下ろしてです。

 

本の帯には後ろ側にはこのように書かれています。

 

ぼくはずっと毎日を楽しんで生きている人に憧れてきた。

ずっと、周りを目を気にしないで自分を貫ける人に憧れてきた。

(中略)

なんとか死ぬまでに、そういう人間になりたいと願ってきた。

だけど、結論から言うとそういう人間になることを諦めた。

諦めたし、飽きた。

それが不思議なことに、「自分探し」の答えと「日々を楽しむ」ってことをたぐり寄せた。

この本には、その軌跡が描かれています。

 

(「まえがき」より)

 

著書を読む限り、とても生きづらそうな若林さんが、何を見つけたのかがとても気になりました。

 

 

 

 

 

『ナナメの夕暮れを』の感想!

 

ぼくは自分が二十代前半の頃、スタバでマックを開いて仕事をしている風の人が苦手でした。なんだよ、なんかカッコつけやがって家でやれよ、そんな風に思っていました。今現在、自分が三十代なってどうでしょう。ぼくはスタバでマックを開くタイプの人間になっています。

 

初めてスタバでマックを開いた時は、最初はドキドキしつつも、なんだかニヤニヤしてしまいました。恥ずかしかったのです。それと同時に嬉しかったのです。なんだよカッコつけやがって家でやれよとか思っていながらも、ぼくはその姿に憧れていたんでしょうね。そして少し妬んでいたんだと思います。お恥ずかしい限りです。

 

そんなぼくですが、今ではすっかりスタバでマックを開くことに何の抵抗もありません。それはそれで、ぼくは何かを失ったりしてしまったんだろうか?そんなことを思ってみる時があります。そういや最近、しょうがないやとか、まあ、いいかとか、選択的に諦めると判断をしていることがある。昔はそんなことしなかったよな~。でもなあ~生きていくってな~。タイヘンだったりもするしな~。

 

本書の中で、若林さんはスターバックスでの注文の際に『グランデ』と言えないと書かれています。自分が気取っているようで恥ずかしいとのこと。自意識過剰であるとのこと。ただ、こうゆう気持ちはどこから来るのかと言うと、まず自分が他人に、スターバックスでグランデとか言ってちゃって気取ってんじゃねえよと、他者に向かって剥いた牙が自分にブーメランのように戻ってきているとのこと。それ、わかりますよね。結果、変に自分で自分にブレーキをかけてしまっているパターンのやつ。

 

本書のあとがきにて、若林さんは2010年8月からの自分探しと社会探しを終了する書かれています。もう「だいたいわかった」からとのこと。こんな風に書くとなんだか冷たい印象があったりしますが、そこは若林さんで、紆余曲折ありながらも、すごくシンプルで素敵な結論?答え?に辿り着かれております。

 

なかなかダメな自分と言うモノがあったりしますよね。そんな中で、若林さんの書かれた本を読むとなんだか勇気が湧いてきます。若林さん自身の成長の物語でありながらも、読んでいる自分が肯定されているんじゃないだろうか?あっ!オレ、とりあえずは生きてていいんだな~的な。まったくの勘違いかもしれませんが・・・。何はともあれ、若林さんまたどっかで、エッセイ的な文章書いてくれないだろうかな~とか、思っております。近しい誰かに言うことはないと思います。それでもぼくは今後も、若林さんを応援していこう。そんな風に思える一冊でした。

 

 最後まで読んで頂き、

ありがとうございました。

 

 

 

ナナメの夕暮れ
若林 正恭
文藝春秋
販売価格 ¥1,296(2018年8月31日4時43分時点の価格)

 

 

 

 

www.garyoku.xyz

 

 

 

www.garyoku.xyz