なんだろう?なんかグッときた

雑記ブログです。タイトルだけでも覚えて帰って下さい。

【サンドウィッチマン】著書『復活力』を読む!そして感想!

『サンドウィッチマン』の著書『復活力』を読む!

 

2018「日経エンタテインメント!」による好きな芸人ランキング一位それが、サンドウィッチマンです。明石家さんまさんを抜いての一位。これは、なかなかすごいことなんじゃないでしょうか。好感度がとてもあるとうことなんでしょうね。CMも色々やられていますよね。

 


サントリー烏龍茶「サンドウィッチマン 東北愛ボトル」第1弾『あかべこ』篇

 

 


サントリー烏龍茶「サンドウィッチマン 東北愛ボトル」第2弾『ねぶた』篇

 


サントリー烏龍茶「サンドウィッチマン 東北愛ボトル」第2弾『将棋』篇

 

 

 

CMを見ただけでも、二人が感じがいいのが伝わってきますね。お二人は東北での人気が高いのでしょうかね。どうなんでしょうね。仙台出身の芸人さんで、売れてる方って、他に思いつかないですね。東北を代表するお二人、そんな印象すらありますよね。

 

ぼくが最初にサンドウィッチマンを知ったのは、M‐1です。敗者復活戦からの鮮やかな優勝。ほんとお見事でした。ただ、ぼくがM‐1で初めてサンドウィッチマンさんを見たときの印象は、なんてガラの悪い二人なんだ。本当に面白い漫才をしてくれるのだろうか?だいじょうぶなのだろうか?でした。

 

ところがどっこいです。漫才が始まると、あっという間に引き込まれました。最初のボケで心を掴まれてしまった覚えがあります。あっ!この二人、おもしろいぞ!老若男女に受ける漫才でした。こんなにガラが悪いのに・・・。老若男女に受ける漫才だ。そして優勝。

 

ただ個人的には思っていました。優勝はした。でもサンドウィッチマンさんに世間の需要はあるのだろうか?二人とも同じような体系をしている。キャラクターはどうなのだろうか?ただ、ぜんぜんぼくの杞憂でした。もうお二人を見ない日はありませんよね。

 

そんなこんなもあり、サンドウィッチマンさんてどんな方たちなんだろう?そんなことをより詳しく知りたくて『復活力』を読んでみました。

 

 

 

『復活力』の目次!

 

プロローグ 敗者って何だ?

 

伊達少年、富澤少年。

 

出会った。

 

高校卒業、僕たちは別々の道を歩き出した。

 

ついにコンビ結成。

 

家賃6万8000円、男ふたりの同棲生活。

 

サンドウィッチマン、最大のピンチ。

 

ついに、かすかな光。

 

まさかの敗者復活。

 

夢の決勝の晴れ舞台。

 

M‐1直後の嵐。

 

こらから。

 

あとがきにかえて みー君への約束!!

 

文庫版あとがきにかえて 10年越しで

『敗者復活』を文庫化するにあたってこの10年のことを思い出したりしてみた

 

 

 

 

 

『復活力』の感想!

 

本書には二人の出会い。二人は同じ高校で出会います。二人がそれまでどんな子供時代をおくってきたのかが、描かれています。本書は伊達さんと富澤さんが交互に、語るような形式ですすんでいきます。それは出会いから、M‐1の優勝、そしてその後までが描かれています。

 

本書を読み進めていくと、お二人の人柄のよさが、より伝わってきます。あっ!この二人、自分が思っているよりいい人たちなんだと思う。人柄って、ほんと大切だなとつくづく思えました。

 

 

サンドウィッチマン、最大のピンチ。の中には、伊達さんが富澤の自殺!?というショッキングな項目があります。結果、そんなことにはなっていないのですが、下積み生活の長かったお二人です。売れるまでに十年以上です。人に評価されない日々が続くというのは、なかなかのしんどさがありそうですよね。

 

そんなことあって、サンドウィッチマンさんお二人が売れていく過程を見ていて、お二人とも浮足立った印象があまりまりませんでした。それは、そういった苦労があってのことなのでしょうね。なんだかんだで、しっかり地に足がついているというか。二人とも地元やお世話になっつ方への感謝がある印象です。

 

 

ぼくが本書の中で、一番心に残った文章は、富澤さんの言葉です。

 

敗者復活を果たして、失ったものは、ラクして笑いをやっていこうという怠けた気分。得たものは、強者ぞろいの芸能界で、サンドウィッチマンの笑いを守り続けるための覚悟だ。

 

ああ~なんでしょうね。文章から伝わってくる本気な感じですね。

 

ぼくは以前言われたことがあります。

『幸せになるのにも覚悟がいるんですよ。自分の能力がどうだどか、人脈がどうだとか、学歴がどうだとか、そんなこと以上に覚悟が出来るかどうか、それが大切です。そりゃあ、こわいですよ。だからね。覚悟を決めて、えいやって!飛び込むんですよ。』

 

そんなことを思い出しました。

 

本書を読むと、サンドウィッチマンさんのお二人が、自分たちを信じて一歩一歩を着実に、紆余曲折ありながらもすすんでいった軌跡がわかります。

 

伊達みきおさんは言います。

信じていいよ。夢って、叶うんだぜ

 

自分の夢を叶えた方が言う言葉です。なかなかグッとくるものがありますよね。なんでしょう。お二人とも、人を大切さえている、そして人を応援される。そんな印象が強くあります。以前はガラが悪いとう理由でNHKには呼ばれたそうです。それが今では、NHKの番組で司会されていたり、しますね。納得です。

 

 

復活力 (幻冬舎文庫)
サンドウィッチマン
幻冬舎
販売価格 ¥648(2018年8月25日1時49分時点の価格)

 

 

 

最後まで読んで頂き、

ありがとうございました。