そうだ!画力をあげよう。

雑記ブログです。そうだ!画力をあげよう。と言う名のまごうことなき雑記ブログです。描け自分の青写真!タイトルだけでも覚えて帰って下さい。

【SEO】ってなに?そして対策、一番大切なことを考えてみる!

『SEO』ってなに?

 

以前より思っていたのですが、SEO、SEOってよく聞くけど結局なんなの?そんな疑問ってありますよね。学んでいきたいと思います。色々調べたり、考えたりしながら、結果いい感じの戦略を立てることができれば幸いですね。

 

f:id:kotobatoasobi:20180704021613j:plain

 

SEOを調べてみる!

 

で、SEOなんですが”Search Engine Optimization”そうです。サーチ・エンジン・オプティマイゼーションです。

 

 

いったん声に出して言ってみたい言葉ですよね。

サーチ・エンジン・オプティマイゼーション!

 

よろしければこちらもどうぞ!

マサチューセッツ工科大学!

 

 

オシャレなショットバーのカウンターで言ってみたいですね。「SEOって知ってる?サーチ・エンジン・オプティマイゼーションなんだよ」的な、ね。

 

で、サーチ・エンジン・オプティマイゼーションってなんだよ?って話ですよね。検索エンジン最適化ですね。なにか調べものをしたい時に、Googleになにかキーワードを入れますよね。そうすると、その調べものに適したページが表示されるわけですね。

 

 

でも考えてみて下さいね。インターネット上にサイトってたくさんあるわけですよね。その中から検索した方が、ほんとうに欲しい情報を的確に表示をしたいわけですね。Google先生的には質問に対して、正確な答えを伝えたいわけですよね。たくさんあるページの中から、これですよ~って表示させたいですよね。

 

ならばですよ。その質問に対して、的確なページを選ぶ仕組みが必要ですよね。なぜ仕組みなのかというと、べつに人間が、このページって選択しているわけではないですよね。ページたくさんあるから時間かかちゃいますしね。機械がやっているわけですからね。そのための質問に対して的確な答えをだすための、手順であるとか、計算法が必要ですね。それをアルゴリズムと呼んでいます。

 

けっこう聞きますよね。Google独自のアルゴリズムが・・・的な話です。そして聞きますよね。「Googleの検索アルゴリズムが変わってさ・・・」そんな話です。それというのはですね。つまり「検索結果を表示する方法『仕組み』が変わったんだな」と理解できますね。

 

 

そうなんですよ。そうなんです。アルゴリズムって時より変わるわけですよ。そうなるとですよ。検索結果変わっちゃうじゃん!せっかく自分のサイトが検索で見られていたのにーーー!そんな感情ってありますよね。よく名前を聞くアップデートがりますね。

 

 

パンダアップデートってなに?

けっこう聞きますよね。パンダアップデートとう言葉。で、それってなんなんですか?ですね。パンダアップデートと言うのは、主には低品質なコンテンツが検索結果上位に表示されにくくするためのGoogleの検索アルゴリズム・アップデートのことです。

 

 

ペンギンアップデートってなに?

聞きますよね。ペンギンアップデート。で、それってなに?ですよね。ペンギンアップデートと言うのは、スパム行為や、ウェブマスター向けガイドラインに著しく違反しているWebサイトのページに対して検索結果の順位を下げるとされているアップデートです。

 

 

パンダとペンギン、可愛らしいんですけどね。ただですね。ただですよ。検索したい調べ物がある方にとってはいいことですよね。自分のほしい情報が、より正確に伝わる確率が上がるわけですよね。

 

 

 

 

 

SEOについての対策をざっくり考えてみる!

 

それにあたってGoogleという企業について考えてみましょう。Googleと言えばこの言葉というぐらい聞きますよね。『Don't be evil. 邪悪になるな。』

 

なんでも普通の大企業のようになることを恐れた社員の一人が、本社内のホワイトボードの隅に「Don't be evil. 」(邪悪になるな)という言葉を書きつけた。そして、これが社訓となったとうエピソードですね。

 

ただ、『Don't be evil. 邪悪になるな。』現在のGoogleでは変わっています。

 

gigazine.net

 

Don't be evil - Wikipedia

 

『Don't be evil. 邪悪になるな。』から『Do the Right Thing. 正しいことをやれ。』に代わっています。ただそれでも、根幹にあるニュアンスはそんなに変わってはいないんじゃないだろうか?個人的にはそのように感じます。

 

自分が調べたい情報を検索するにあたり、自分がほしい正確な情報が的確に検索結果に表示されるということは、Googleの信頼にも関わってきますね。検索結果が的確であることは、検索する人にも嬉しいい、Googleにとってもメリットがあるわけですね。

 

 

そう考えるとですね。SEO対策を行うにあたって大切なことは、悪いことはしないでね。そして親切であってね。そんな感じでしょうかね。いずれにせよ、検索する人の気持ちを考えるというのはすごく大事でしょうね。

 

 

文字数がいくつ以上や、どんなキーワードで検索されているのかなどの、テクニカルな部分はもちろん大切です。ただそれは枝葉の部分であって、根っこや土台の部分にかかわってくるのは、検索する人の気持ちを考えるとことでしょうね。

 

のっぴきならない情報で調べものをしなきゃいけないこともあるわけですよね。自分の家族になにかあったりして・・・。そういうことを考えた場合に、そのサイトの権威性というか、信頼性ですかね。それはかなり重要視されそうですね。

 

 

仮に、自身が調べる必要のある、とても重要な情報の検索結果に、正確でないヘンテコな検索結果が出てきてしまったなら、それはとてもとても困ったもんですよね。検索する人の気持ちを考えるってとても大切ですね。

 

 

 

最後まで読んで頂き、

ありがとうございました。