そうだ!画力をあげよう。

雑記ブログです。そうだ!画力をあげよう。と言う名のまごうことなき雑記ブログです。描け自分の青写真!タイトルだけでも覚えて帰って下さい。

【そして父になる】感想?【ネタバレあり】家族の繋がりを考える!

【そして父になる】を見てみる!

 

主演

福山雅治

尾野真千子

真木よう子

リリー・フランキー

田中哲司

井浦新

ピエール瀧

國村隼

樹木希林

夏八木勲

など。

 

 

あらすじ

ざっくりとしたあらすじです。

六才の子供がいる親子がいる。実はその子は病院で取り違えられていました。血の繋がりのない子供を6年間育ててた二組の親子。二組の親子は取り違えの事実を知り、どうするのか?互いの子供を交換するのか?それともこれまでどおりの生活を続けるのか?・・・そんな感じです。

 

 

 


映画『そして父になる』予告編

 

 

 

 

『そして父になる』感想!

 

万引き家族でカンヌ映画祭のパルムドールを受賞された是枝監督。ぼくは過去に制作した作品である『そして父になる』が、個人的にとても気になっていました。なんとなくのあらすじは知っていました。子供の取り違えあった二組の家族の話。

 

で、気になるところとしましては、家族が最後に選ぶのは血のつながった本当の子供なのか?それとも、これまで愛情をかけて育ててきた子供なのか?そこですよね。人と人の繋がりが希薄になってきている言われている現代社会。是枝監督はどう、この物語に決着をつけたのか、気になるところですよね。で、見てみました。

 

まずは福山雅治さん演じる主人公夫婦の説明をしていこうと思います。福山雅治さん演じる夫の奥さん役は尾野真千子さんです。福山さん演じる男性は一流企業に勤めています。住んでいるマンションもホテルの一室のようです。お子さんも私立の小学校に入学されるような感じです。

 

そして一方、リリーフランキーさん演じるお父さんの奥さん役は真木よう子さんです。リリーフランキーさん演じるお父さんは町の電気屋さんです。左腕にタトゥーが彫ってあります。なんでしょう?社会的に成功されているとは言い切れない感じです。福山雅治さん演じる夫婦が一人っ子なのに対してお子さんも3人います。

 

お子さんの取り違えは、生活水準の違う夫婦の間で起きています。是枝監督の意図としては、分かりやすく比較できるようにでしょうね。そして何が幸せなの?的なメッセージもありつつなのでしょうかね。どうなんでしょうね。

 

福山雅治さん演じるお父さんをエリートお父さんとしてみましょう。ニュアンス的に、父A的な感じですね。リリーフランキーさん演じるお父さんを普通のお父さんとしましょう。

 

「やっぱり、そういうことか・・・」

エリートお父さんが自身の子供が取り違えらていたことを知り、最初に口にしたひと言目のセリフです。これはなかなかズシリとくるものがありますね。優秀な自分と比べて自分の子供は・・・。今までもなにか思うことがあったのでしょうね。

 

一方、エリートお父さんの妻はこう考えます。「私、母親なのに・・・(気づかなかった)」そのことを後ろめたく考えます。エリート夫婦の雰囲気は重たいモノです。物語も重たい雰囲気で進んでいきます。

 

 

そこにリリーフランキーさん演じる普通のお父さん登場です。出会いはエリート夫婦、病院の関係者、弁護士を交えての話し合いです。リリーフランキーさんの登場で、作品の雰囲気がガラリと変わります。クスクスと笑ってしまう感じです。普通のお父さん夫婦は、少し遅刻してその場にやってきます。そして慰謝料がいくらもらえるのかを気にしています。

 

 

エリート父さんは、リリーフランキーさん演じる普通のお父さんをあまり好ましくは思えませんね。あろうことか子供を両方引き取ることを考えます。自分の本当の子供も、血のつながりのない今まで育ててきた子供もです。スゴイデスヨネ。

 

その発想、すごいですよね。人生を勝ってきた人間の発想ですよね。本気で思うんですよ。自分が育てた方が幸せになるだろうと・・・。だからエリート父さん、唐突な感じで二人とも引き取ることを普通の父さんに提案します。二組の夫婦の交流会のお会計際に、です。

 

無論、普通のお父さん夫婦は怒ります。しかしリリーフランキーさん演じる普通のお父さん、エリート父さんを一瞬殴ろうとするも、殴りません。軽く叩きます。本当は殴りたいのだが、それでも軽く殴るという、このキャラクターの人の良さです。そのことが表現できるリリーフランキーさん演技力です。すごいですね。

 

それはそうと、今後物語はどう展開していくのかですよね。病院関係者、弁護士を交えて両夫婦の話し合いの結果、子供は交換することになります。そして互いに子供を交換してのお泊り会です。

 

両夫婦の違いはここでは顕著に現れます。エリート父さんは血の繋がっておる実の子に、お箸の持ち方を教えます。若干、俺の本当の子供を変な風に育てやがって感があります。一方の普通の父さんは、ルールを教えることから入らずに、自然に友達の様にというと語弊がありますが、ただただ仲良くしていきます。

 

 

ルールを重んじるエリートお父さん。エリートお父さんの実の子は、エリートお父さんにぜんぜんなついてくれません。ルールや規範を重んじる、それはとても大切なことですね。でもそれだけじゃ、人は動いてくれなかたりしますよね。これはすごく参考になりますね。

 

 

お子さん交換の終了の日です。エリート父さんの妻、尾野真千子さんが育てた子を迎えに行きます。エリート父さんは仕事でいけません。無関心さが出ていますよね。エリート父さんの妻は、血のつながりはないけれど、自分たちが今まで育ててきた子供に愛着があります。帰りの電車の中で冗談交じりに「このまま二人でどこか行こうか」と子供に提案します。

 

このシーンを見て、個人的に思ったのは愛着がどうのこうというよりも、ともに過ごした時間の長さや濃度が大切なんじゃないだろうか?そんなことを考えました。エリート父さんの妻は、血のつながらない子供に愛情をかけて育ててきました。が、エリート父さんは仕事ばっかりだったのでしょうね。割り切れてしまうのです。

 

 

エリート父さんは普通のお父さん夫婦に言います。「血の繋がっていない子供を、これまでどうよう愛せますか?」普通のお父さんの妻役の真木よう子さんは言います。「愛せますよ」言い切ります。ホッとするぐらい当たり前に言い切ります。

 

そこでぼくは気づきます。自分が血の繋がりよりも、これまで培われてきた関係性の方を重要視してほしい、だけど血の関係とか関係ないなんて、簡単に割り切らないでほしい。ぼくはどうしていいのか、わからないけど、ベストな答えをだして下さい是枝監督~とか思っていることに。なんて都合のいい。

 

 

もうどうすんだ?どうすんだ?ですよね。ちなみに病院での取り違えが起きたのは事故ではありません。故意です。看護師さんがエリート父さん夫婦をやっかみ、赤ちゃんを交換したのです。

 

その看護師さんも現在は再婚され、旦那さんの連れ子さんとも関係が上手くいっています。幸せな自分、ならばと罪を告白したのですね。自分の罪の重さに気づいたですね。エリート父さん、看護師さんのご自宅に行きます。玄関前で言います。「あんたのせいで、うちの家族はめちゃくちゃだよ」

 

看護師さん、謝るしかないですよね。玄関から子供が出てきます。自分のお母さんを守るために子供が出てきたのです。再婚した旦那さんの連れ後です。エリート父さんを睨みつけます。エリート父さん言います。「お前には関係ないだろ」子供は言います。「関係ある。俺のお母さんだ」

 

 

エリート父さん、思うわけですね。血のつながりのない子供の関係・・・。

 

この物語、とりあえずエリート父さんが反省するしかないですよね。仕事は出来るんです。結果も出しています。ただ、お父さんをやってきたいないんです。お父さんとして人生を生きてきていなのです。

 

一方、普通のお父さんは社会的には成功されていないのかもしれませんが、お父さんとして人生を生きてきてはいるのです。こんな劇中、こんなセリフがあります。「父親かて、取り換えのきかん仕事やろ!」

 

エリート父さん、謝ります。これまで育ててきた血の繋がらない子供に謝るのです。何をあやまっているのかというと、これまでです。自分の考え、接し方など、すべてを謝っているのだと思います。

 

 

なんやかんやと、エリート父さん血のつながりのあるお子さんとの関係もいい感じになっていきます。バン!ギターを鉄砲に似せてピストルごっこです。そんなことも出来るようになりました。ただそれでも、本当の子供は流れ星に願います。

 

普通のお父さんたちに会いたい

 

 

エリート父さん夫婦、血のつながっている実の子を連れて普通のお父さん夫婦の家に行きます。で二つの家族が会います。割と遠目の映像です。物語上、その後二つの夫婦がどうなっていくのかは示されていません。

 

これは委ねられましたね。見る側の人間にゆだねられましたね。是枝監督~答えだしといてくださいよ~ですね。

 

 

個人的にはバランスって大切だなと思いました。バランスつて大切ですよね。ぼくは今まで一度も、ちゃんとバランスがとれた感覚がありません。困ったものです。笑。バランスとれるやつ最強説ですね。

 

そして若干家族ものの映画を見てからの感想からは外れてしまうかもしれませんが、運命の人なんて最初からはいなくて、関係性の中で、時間をかけて誰かが誰かの運命の人になっていくもんなのかな~なんて思ってみました。

 

そうはいっても、ひとめぼれのメカニズムって気になりますよね。遺伝子が反応してるんでしょうかね。どうなんでしょうね。不思議ですね。よくよく考えれば家族って不思議ですよね。生まれてから最初に所属する集団。

 

 

最後まで読んで頂き、

ありがとうございました。