常夏ブライアン風味

雑記ブログです。『常夏ブライアン風味』と言う名の寝ても覚めて雑記ブログです。タイトルだけでも覚えて帰って下さい。

菅田将暉さん、山田孝之さん出演ドラマ【dele】原作小説を読む!感想など

dele(ディーリー)を読む!

 

 

Twitter上で少し前から、菅田将暉さんと山田孝之さんが、一緒になにかをされているツイートが話題なっていた。

 

なにをやるんだろう?菅田将暉さんと山田孝之さんだ。何をやるにしろ、おもしろいものであってほしい。菅田さんだけでも楽しみだというのに、山田さんも一緒だ。どうしよう?すごく楽しみだ。

 

なんだろう?なにをするんだろう?そんな疑問を持って生活をおくっていたら、答えがわかりました。

 

 

菅田将暉さんと山田孝之さん、連続ドラマをやられるそうです。

 

post.tv-asahi.co.jp

 

 

テレビ朝日系列で、7月スタートとのことです。金曜日夜、11:15~、一部地域を除くとのことです。

 

f:id:kotobatoasobi:20180606203846j:plain

 

 

「死後、誰にも見られたくないデータを、

その人に代わってデジタルデバイスから削除する」。

それが『dele.LIFE』の仕事だ。

淡々と依頼をこなす圭史(けいし)に対し、

新入りの祐太郎は(ゆうたろう)はどこか疑問を感じていた。

 

詐欺の証拠、謎の写真、隠し金_。

依頼人の秘密のデータを覗いてしまった2人は、

思わぬ真相や事件に直面してゆく。

 

死にゆく者が依頼に込めた想い。

遺された者の胸に残る記憶。

生と死、記録と記憶をめぐる、心震わすミステリ。

 

dele 裏表紙より

 

 

死後、デジタルデバイスから本人に代わって、誰に見られたくないデータを消す仕事、今っぽい、とても今っぽい設定の仕事だ。

 

圭史役を山田孝之さんが演じて、祐太郎役を菅田将暉さんが演じるのだろう。個人の推測です。すいません。公式サイトにそうだって書いてありますね。

 

一時、遺品整理の仕事をする主人公のドラマが流行った時期があった。主人公の遺品から、謎を解いていくパターンだ。

 

 

そのデータ版だ。遺品整理と違ってデジタルデバイスを使用するせいか、暗澹たる印象は緩和されている気がする。どちらかと言えば、スタイリッシュな印象すらある。そして推理モノだ。

 

tvman.jp

 

おそらく午後11:15~という時間帯を考え、M1層(20歳から34歳までの男性)がメインのターゲットになるのだろう。そうは思いながら、菅田将暉さんは女性人気が高い。そして山田孝之さんのここ最近のテレビでの露出の高さ。おもしろいドラマになると嬉しいです。

 

 

deleの目次!

フャースト・ハグ

 

シークレット・ガーデン

 

ストーカー・ブルーズ

 

ドールズ・ドリーム

 

ロスト・メモリーズ

 

 

そして6月15日に、dele2が発売されるとのこと。売れるのかどうかは、ドラマの出来にかかっていますね。う~ん。資本主義社会。

 

 

 

deleの感想!

 

ドラマの原案、脚本を手がけた本多孝好さんが、小説も書かれています。そのせいか、読んでいてテレビドラマが見えるような気がしました。あっ!テレビドラマっぽいな~とい印象です。

 

バディものです。正反対の性格をしたキャラクターが喧嘩したりしながら、それぞれの個性を発揮して事件を解決していきます。

 

日本で一番有名なバディものと言えば、水谷豊さんが出演されている相棒だ。なんとなくニュアンスが伝われば幸いです。そうえいば相棒も朝日テレビ系列ですね。

 

 

仕事を全うしようとする山田孝之さん演じる圭史と、このデータの中身を誰にも知らせずに削除してしまって、本当にいいのかな?と考える、菅田将暉さん演じる祐太郎によって、物語は展開していきます。

 

小説を読んでいて、祐太郎にせよ、圭史によせ、菅田将暉さん山田孝之さんが演じている姿が目に浮かびます。

 

 

人間扱いしてくれるっていうのはさ、

自分の今を自分の未来のために使えって言ってもらうことだって、

そいつは言っていた。

自分の未来のために、自分の今を大事にしようって思えることだって

 

ロスト・メモリーズより

 

 

こんな素敵なセリフあったりもします。

 

個人的に気になったのは、小説やドラマではなく実際のデジタルデータの行き場所です。最後どうなってしまうんだろうと思いますよね。

 

 

↓ 実際に遺族のデジタルデータを抽出する会社があったりします。

デジタル遺品|デジタルデータフォレンジック

 

 

国も最近、積み立てNISAや個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」など、資産運用をすすめる傾向にありますよね。

 

で確かに周りでも資産運用を行っている方が、増えた気がします。そしてスマホのアプリで確認したりしますね。家族も知らない間に行っていたりと、そして且つ、そもそも結婚しておらず、一人暮らしだったりですね。そうなってくると、最終的には遺族もなくもなくなってしまうという・・・。

 

 

誰も自分にそんなに多くの興味を持ってくれていない世界・・・。そこに自分のスマホだけが残る。そして自分の生きた証といっていいようなデータという記録。悲しいですね。

 

ですが、お金のデータが入っているかもしれとなると、話は変わってくるんでしょうかね。

 

だいぶ話が逸れてしまいました。少し話を飛躍させすぎた感じはありつつも・・・。それでも悲しいですね。

 

 

www.garyoku.xyz

 

レッツゴー

ブレイクスルー!

ではでは。

 

最後まで読んでいただいて、

ありがとうございます。