なんだろう?なんかグッときた

雑記ブログです。ええ、雑記ブログです。

職場で【リーダー】になったのに周りに参考がいない・・・おススメの本五冊!

職場でリーダー業務をやられる方へ!

 

年齢も二十代後半から三十代前半になろうものなら、職場でリーダー業務をやる機会が増えてくると思います。

 

自分の職場にモデルに出来る素敵なリーダーがいれば問題はありませんね。その方を参考に、自分のできるリーダーの形を試行錯誤していけば、もちろん大変ですが、一応の道筋はありますよね。かっこいいな、素敵だという上司!

 

 

ただ、現実問題としてそんな職場環境ばかりでもない・・・。

 

ああ~どうしたもんだ・・・みんな、好き勝手ことを言うなあ・・・。どうやら自分には求心力はないようだ・・・。これまでリーダーシップなんて考えてきてないよ・・・。カリスマ性なんてあるはずもなく・・・。

 

 

以前の仕事内容に戻りたいよ~。なかなかどうして、ため息が・・・。そうは言っても、目の前には解決しなけばいけない問題が積まれていく。さあ、どうしたもんだろう?

 

 

大手外資系企業、例えそうですね。Googleとか、マッキンゼーなんかのリーダー論的な本を、参考に読んでみたものの・・・。

 

 

自分の会社とのギャップしか感じない。みんながみんな、優秀ではない。そもそも自分もそんなに優秀ではない。やる気だって正直あやしい・・・。それでも手持ちのリソースで、どうにかやりくりしなきゃ、いけない。そんなことってありますよね。

 

  

おススメのリーダー本!

 

まずは自分と言う人間を知る作業から初めてみるのは、ありなんじゃないでしょうか。

 

自分の強みを知って、それを有効に活用していきましょうということです。自分の弱みを克服して戦うよりも、強みに注目したほうがいい気がしませんか?世界は広く、優秀な方はたくさんいます。しかも中には、突き抜けて有能な方もいらっしゃる始末・・・。うんうん。苦手な分野で戦っても負けますよ。

 

 

じゃあ、どうやって自分は知ればいいんだって話ですよね?

 

 

ストレングス・リーダーシップ―さあ、リーダーの才能に目覚めよう

ストレングス・リーダーシップ―さあ、リーダーの才能に目覚めよう

 

 

 

質問に答えると、自分の資質を知ることができます。

 

アレンジ

たくさんの要素を、最も生産性の高い組み合わせに繰り返し並び替えられる資質

 

運命思考

人はみな何か大きな存在の一部として1つにつながっていると考え、異なる文化を持つもの同士の架け橋の役目を果たそうとする資質

 

回復志向

症状を分析し、何が悪いのかを突き止め、解決策を見出すという挑戦を愉しむ資質

 

学習欲

内容や結果にかかわらず、学ぶ「プロセス」に刺激を感じ心惹かれる資質

 

活発性

行動だけが何かを起こすことができるという考えから、常に動きだしたくてうずうずする資質

 

共感性

周囲の人の感情をまるで自分自身の気持ちのように感じることができ、本能的に彼らの眼で世の中を見ることができる資質

 

競争性

常に競争相手を意識し、自分の成果を相手の成果と比較し、勝つことを好む資質 規律性 予期し、計画し、進捗状況と締切を意識し、1つ1つの計画をきちんと実行していくことを好む資質

 

原点思考

現在起こっていることの答えは過去にあるという考えから、過去を振り返ることを重視する資質

 

公平性

バランスを大切にし、人々が平等に扱われる必要性を強く信じている資質

 

個別化

一人一人が持つユニークな個性に惹かれ、人を一般化・類型化することに我慢できない資質

 

コミュニケーション

アイデアや事実などを「物語」に転換させて、それを上手に語り、活き活きとしたイメージを伝えることを好む資質

 

最上志向

平均以上の何かを最高のものに高めることで発揮される自分や他の人の強みに強く惹かれる資質

 

自我

他の人の目に重要な人間として映り、認められ、話を聞いてもらい、目立つことを重視する資質

 

自己確信

自分がリスクを取り、新しい挑戦をし、成果を出すことができるということを確信することができる資質

 

社交性

出会う人に関心を持ち、共通の話題を見つけ、自分のことを好きにさせ、関係を築くことができる資質

 

収集心

強い好奇心で、情報を知りたがり、モノを集めたがる資質

 

指令性

主導権を握り、自分の考えを伝え、周囲に同調させることに迷いがないという資質

 

慎重さ

用心深く、決して油断しない資質 信念 金銭や地位ではない一貫した普遍的な価値(責任感、倫理感)を重視する資質

 

親密性

すでに知っている人々とより深い関係を結び、親しい友人となり、気持ちをわかり合うことを重視する資質

 

成長促進

ほかの人たちが持つ潜在的な可能性に見抜き、彼らの能力を伸ばして成長させようとする資質

 

責任感

自分がやると言ったことはなんでもやり遂げようという強い気持ちを持ち、それが果たせないときには善良で埋め合わせようとする資質

 

戦略性

常に最終目的を意識し、危険を予測し、最善の選択肢を選び、行動しようとする資質

 

達成欲

何かを達成することを常に追い求め、次から次へと達成に向けた行動に駆り立てられる資質

 

着想

複雑な事象の裏側にある本質的で説明可能な理由を見つけ、課題解決をしようとする資質

 

調和性

人々の異なる意見の中にある共通項を見出し、対立から遠ざけ、調和に向かわせようとする資質

 

適応性

持ち前の柔軟性で、いまこの瞬間における最適な選択をすることで、将来を良くしていこうとする資質

 

内省

考えることが好きで、頭を働かせている時間を好む資質 分析思考 データを好み、そこからパターンと関連性を探しだし、どのような影響がありそうかを理解しようとする資質

 

包含

本能的な寛容性から、できるだけ多くの人が同じ輪の中に入るように働きかけようとする資質

 

ポジティブ

人や状況の良い点を見つけ、熱意をもって周囲に伝えようとする資質

 

未来志向

より良い未来がビジョンとして見え、それを他の人に伝えることで、エネルギーを与えられる資質

 

目標志向

明確な行き先を設定し、行動に優先順位をつけ、効率的にものごとをすすめようとする資質

 

 

 

上記34の資質の中から、

自分に備わる5つの資質を知ることができます。

 

 ※ウェブ上のテストにて、本についている固有のIDを使用して1回だけ受講可能です。中古でこの『ストレングスリーダーシップ さあ、リーダーの才能に目覚めよう』を購入した場合、もう既に新品で購入した方が使用している可能性大です。その場合はそのIDは使えません。

 

新品で買ってねという話です。よっ!この商売上手!ですね。例えそうであっても、どうにか問題を解決したい時ってありますよね。気休めなんじゃないのかと思いつつも、藁にもすがりたいときもあるもんだ!ですね。

 

 

ストレングス・リーダーシップ―さあ、リーダーの才能に目覚めよう

ストレングス・リーダーシップ―さあ、リーダーの才能に目覚めよう

 

 

 

 

なんとなく自分のことが分かったなら、そこからです。しっかり自分のリーダーの形を作っていきましょう。

 

 

 

おススメの5冊です!

 

「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方

 

けっこん色んなサイトで紹介されていますね。やはり紹介されているだけあって、なるほどな~と思える内容になっています。一度だけでなく何度も読みたくなる一冊です。

 

個人的な印象なのですが、やはり、本当に優秀な方と言うのは、人格者の方が多い気がします。小手先のテクニックではなく、自身の人間性を育てていかねばと思います。

 

「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方

「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方

 

 

 

 

 

やる気を引き出し、人を動かす リーダーの現場力

 

過去10年間に渡って業績は右肩下がり。本社からの無茶な指示に現場は疲弊し、管理職は続々と鬱で休職、あるいは退職。ぼくはこの説明文を読んで、思わず購入してしまいました。

 

ストーリーのある物語として読める一冊です。

 

やる気を引き出し、人を動かす リーダーの現場力

やる気を引き出し、人を動かす リーダーの現場力

 

 

 

 

 

EQリーダーシップ 成功する人の「こころの知能指数」の活かし方

 

なぜ人は指示したことをやってくれないんだろう?ぼくは人間への理解の足りないのだろうか?優しさが足りないんじゃないだろうか?

 

よし!EQ、心の知能指数を学ぼう!そんな感じで読んでみました。これが非常に勉強になりました。そうですよ。そうなんですよ。人間はロジックでは動かないんですよ。そんなことも忘れてしまっていたなんて・・・。

 

自身の心をしっかり動かすためにもEQ、勉強になりました。

 

EQリーダーシップ 成功する人の「こころの知能指数」の活かし方

EQリーダーシップ 成功する人の「こころの知能指数」の活かし方

  • 作者: ダニエルゴールマン,リチャードボヤツィス,アニーマッキー,土屋京子
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞社
  • 発売日: 2002/06/25
  • メディア: 単行本
  • 購入: 5人 クリック: 45回
  • この商品を含むブログ (28件) を見る
 

 

 

 

論語

 

論語です。結局の論語です。時代を超えて残っている書物だけあります。日本の大企業の経営者はだいだい読んでる感、ありますよね。

 

一度は読んでみることをおススメします。自分には論語を読んだことがあるとう経験がある、それって強いと思います。論語は色々な出版社から出ていると思います。自分に合った、読みやすモノを見つけて読むのが、いいんでしょうね。

 

論語 (ちくま文庫)

論語 (ちくま文庫)

 

 

 

 

 

韓非子

 

論語が性善説なら、韓非子は性悪説に基づいて書かれています。そのため戦略的に人を動かす方法論がメインです。リーダーたるもの、清濁併せ吞む的な。論語のがいい。韓非子のがいいではなく、両方読んでいることが重要な気がしますね。極端に偏ることなく、バランスって重要ですね。

 

組織サバイバルの教科書 韓非子

組織サバイバルの教科書 韓非子

 

 

 

 

 

個人的には、リーダーたるもの、強引に物事を進めるよりも、楽しく働いて頂ける環境を作ることが大切なんじゃにだろうかと、思いながらも、むずかしくありますね。

 

 

 

 

 

ぼくは以前、幸いにも尊敬できるリーダーのもとで仕事をさせて頂いたことがあります。ぼくは聞いてみました。

 

決断をためらうことはないんですか?こわくないんですか?

 

その人は言いました。もちろん、こわいですよ。そういう時は、お腹にグッと力を入れて飛び込むんです。エイヤ!です。そして言われました。能力の問題以上に、覚悟が出来ているかどうか重要です。そうですね。幸せになるのにも覚悟って必要ですね。

 

 

 

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました。