なんだろう?なんかグッときた

雑記ブログです。ええ、雑記ブログです。

【マーケティング】ってなに?素人が学んでみる!

マーケティングってなに?

 

マーケティング この言葉、よく聞きますよね?なんとなく漠然と分かっているような、わかっていないような。う~ん。で、具体的に言うとなんなんでしょうね?

 

マーケティングの本質と言うのは、売れる仕組みを作ることです。

 

商品が売れるようにすることです。個人的にとても鮮やかだなと思ったののは、ブラックサンダーです。そうです。コンビニで置いてある、チョコレートのお菓子です。ブラックサンダーを思い浮かべてください。

・・・・・・。

 

一目目で義理とわかるチョコ このキャッチコピーで、バレンタイン商戦に殴り込みです。クスっと笑えるのがいいですよね。初めてこのキャッチコピーを見たときは、なんて鮮やかな戦い方なんだろうと、感心してしまいました。

 

バレンタインと言えばゴディバ。そんな大きなイメージが出来上がりつつあった頃だと思います。ジャイアントキリングを彷彿させるような、巨大なゴディバに挑む、小さなブラックサンダー! ぼくはそんなイメージを持ってしまい。思わずブラックサンダーを応援してしまいました。ぼくも三本ほど、ブラックサンダーを買って帰りました。

 

今にして思えば、マーケティング戦略の一つだったのでしょうね。無理やり強引に売りつける感じじゃないのがいいですよね。そうだよね。そうそう。そんな風に納得して購入。消費者のニーズを掘り下げて買って頂く。素敵な戦略ですね。これは是非、学ばなければ!

 

 

 

 

このページの目次!

 

 

 

 

マーケティングを学ぶ!

 

マーケティングを行う人を、マーケッターと呼びます。言わば軍師です。ぼくは軍師と聞いて心躍るタイプの人間です。さあ、学んでいきましょう。重要なことは、どう戦うのかのの前に、どこで戦うのか

 

自分の苦手な分野で戦いって、勝てるわけがないですよね。ただ、往々にして、自分の苦手な分野で戦ってしまっていることってありますよね。もしくは本気で勝とうとしていないとか・・・。確かにそれじゃ、負けるはずですよね。

 

 

モノを売るなら、消費者の視点に立つこと!これが難しいですよね。ただ、お客さんは神様です的な、なんでも、お客さんの言うことを聞けばいいというわけではありません。冒頭のブラックサンダーの話、お客さんの言うことを、ただ聞いていただけでは、きっとバレンタインで売れませんでしたねよ。

 

マーケティングと言うのは、消費者にとっての価値を最大限にすることですね。消費者も気づいていないことを気づかせて、ニーズを掘り下げる的な。カッコいい!でも、難しそうですね・・・。

 

SONYのウォークマンなんてそうですよね。当時は外で音楽を聞く習慣なんてありませんでした。それが今では当たり前に、生活の一部です。みんな音楽聞きますよね。

 

携帯電話なんかもそうですよね。別に電話持ち歩きたくないし・・・。それがどうです。ペットボトルで水を売ると言うのもだって、果ては、トイレのウォシュレット。いや~次の時代の常識ですよ。すごい。

 

 

で、マーケティング具体的にどうしたらいいの?

 

良いモノが売れる時代ではないのだと思います。売れたものが良いモノの時代なんだと思います。アップル社のiPhoneの普及率を考えてみたください。ですが決して、構造的にや、技術的に、日本の企業が作れない商品ではないと思いませんか?SONYのウォークマンだって、海外のメーカーは悔しかったんじゃないでしょうか。

 

若干話はズレたような気がしつつも、マーケティング具体的にどうしていったらいいのだろうか? そんなことを考えていきたいと思います。こちらの期待を上回るサービスって、何度もリピートしたくなりませんか?

 

もしかしたら伝わらないかもしれませんが、『ハンターハンター』を好きで読まれている方は納得できませんかね? 予想の少し斜め上を行くような。

※ハンターハンター、少年ジャンプで連載されている冨樫義博先生の作品です。

 

HUNTER X HUNTER 1 (ジャンプ・コミックス)

HUNTER X HUNTER 1 (ジャンプ・コミックス)

 

 

一巻を読んだだけでも、その感覚が伝わる気はします。今の時代、無料で読めそうですよね。話を戻していきましょう。顧客の違いによってマーケティングは、大きく二つの系統に分かれます。聞いたことあると思います。

 

法人(会社)を顧客にして商品を売る。

B TO Bマーケティング

ビジネスtoビジネスです。ビジネスのBです。

 

個人(消費者)を顧客にして商品を売る。

B TO Cマーケティング

コンシューマーtoビジネスです。コンシューマーのCです。

 

 

マーケティングの本質と言うのは、

売れる仕組みを作ることです。

 

よし!じゃあ具体的にどうしたらいいんだ? そうなりますよね。消費者が商品に接する場所と言うのは、三つあります。

 

 

  1. 消費者の頭の中
  2. 店頭
  3. 商品の使用体験

 

 

 

消費者の頭の中

消費者の頭の中に、選ばれる必然を作ってしまう。

 

こりゃあ、すごいですね。ちょっとこわいですね。大手広告代理店が行っている戦略なんてそうなんでしょうね。ブランドイメージの確立みたいな。

 

コーラと言えば、コカ・コーラ、もしくはペプシ。第三のコーラが登場したらどうです? なかなか割って入ることは難しそうですよね。

 

ベンツは高級車。そんな出来上がったイメージ、ありますよね。乗ったこともないのに・・・。ここまでイメージが確立できたら、マーケティング大成功でしょうね。

 

 

 店頭

私達が実際に商品を購入するのは店頭が多いですよね。店頭では場所価格が重要になってきそうですね。お店のどこに置いてあるのか? 重要ですよね。

 

 

商品の使用体験

これはなんだかピンときませんよね。ただ考えてみて下さい。最初の使用体験が良かったなら、リピータになってもらえますよね。ハンターハンターだって、一話目が面白かったから、二話目を読むわけですよね。で、ぜんぜん連載再開されないけど、これまでの経験上面白いの知っているから、待てるわけですよね。集英社だって、売れるの知ってるから待っているでしょうかね。

 

 

 

 

マーケティングそれって戦略ですよね。どう戦うのかの前に、どこで戦うのか。レッドオーシャン、ブルーオーシャンみたいなことも関わってくるんでしょうね。戦う相手の多い血の海で戦うの?それで本当に勝てるの?

 

資本主義って競争ですね。競争って戦いですね。忘れがちですが人生には時間制限がありますよね。勝てる場所で戦わないと勝てないですね。ずっと戦いぱなしじゃ、ヤレヤレですよね。

 

 

 

忘れちゃいけないのは人間は感情の動物だということ

データを分析していると忘れがちなってしまいますよね。あくまで人間は感情で動いているというこです。これを購入したら、あんな素敵な未来が待っている。そんなイメージがあるといいですよね。美味しそうな食べ物を買って、味を想像してにんまりする的な。

 

マーケティングが出来たらカッコいいなと思い、関連の書籍を購入して読み込んでみる的な(笑)

 

 

 

 

 

f:id:kotobatoasobi:20180511193140j:plain

 

 

振りかぶってますね。絶好球を待っています。いえマーケティングです。絶好球を投げてもらおうと、戦略を立てて、絶好球を投げてもらおうとしています。ちょっと違うかな。

 

 

www.garyoku.xyz

 

 

www.garyoku.xyz

 

 

 

 

最後まで読んで頂き、

ありがとうございました。