そうだ!画力をあげよう。

雑記ブログです。そうだ!画力をあげよう。と言う名のまごうことなき雑記ブログです。描け自分の青写真!

【多様性のある社会へ】春、健康第一!

多様性のある社会へ、で思うこと

多様性のある社会を目指して、そんな話を聞くようになって数年が経った気がする。なにかっちゃ、ダイバーシティである。特に文句はない。

 

人間を個人ではなく、組織とか全体とか、会社って単位で考えたなら、多様性がある方が生き残りやすいんだと思う。

 

小さい小魚は大きな群れをつくって海の中を泳ぐ。大きな魚に襲われたとしよう、みんながみんな同じ方向を向いていたなら、全滅してしまう。

 

 

色んな方向を向いている者がいた方が、群れとして生き残る確率は高い。

 

 

以前クローン羊が話題になったことがあった。もし仮に、自分のクローンを作ったとしよう。そして、世界の人口と同じ数の自分がいるとする。気味の悪い話だ。でも続けます。

 

で、世界と自分で喧嘩になったとしましょう。自分一人が、たくさんいる方のチームは負けるでしょう。

 

これは仮に、どこの誰が世界中の人と同じ数になったとしても、いっしょだと思う。負けるはずだ。

 

アーノルド・シュワルツェネッガーだって、クリスチアーノロナウドだって、ヒラリー・クリントンだって、そうだろう。諸葛亮孔明だったら、違うのだろうか?あとは勝手に思い浮かべてほしい。

 

 

すべての物事を、世界一のレベルでデキる人なんていないだろう。一時は勝つことはデキる人もいるのかもしれない。


それが十年、二十年、百年単位で考えたりしたらどうだろうか?困難だろう。なんだか種自体が滅びそうだ。

 

 

赤レンジャー!

青レンジャー!

黒レンジャー!

黄レンジャー!

桃レンジャー!

 

熱血漢だが空気の読めない、赤レンジャー!

沈着冷静だが気弱な、青レンジャー!有能だが団体行動のとれない、黒レンジャー!おっちょこちょいだが、みんな大好き、黄レンジャー!天然なところもあるが、やさしい、桃レンジャー!

 

みんな必要なのだ。ちなみに黄レンジャー! カレー大好きです。

 

 

 

だから、時々喧嘩とかしながらも、仲良くやっていく必要があるんだろうと思う。

 

 

多様性があったほうが、誰にとっても基本的には生きやすい確率が高いのだろう。そうは言っても難しいだろう。

 

 

天才バカボンの世界じゃ、みんながみんな、立場が平等だ。

 

 

本気で,みんながみんな、幸せになれるといいなと思うことがある。が、その数十秒には誰かにイライラしていたりもする。

 

 

田舎の両親に、絵が上手になりたいんだと伝えてみた。そして生物多様性の話をしてみた。

 

そんなことより嫁を探せと言っていた。そりゃそうだなと、ぼくは頷いた。

 

日ごろ、ダイバーシティの重要性を口にする上司に、絵の練習がしたいから、いまのぼくのポジションを変えみませんかと提案してみた。


上司がやさしい口調で未来について語ってくれた。大人な行動に、ぼくは感心した。

 

 

その時、その時、今の自分を助けてくれるのは、いつだって過去の自分だった気がする。技能だったり、コミュニケーション能力ということも含めてだ。あの人と仲良くてよかったな的なこともありつつだ。

 

未来のぼくは、今のぼくを助けに来てくれたことはない。きっと今に忙しいのだろう。

 

今のぼくが、過去のぼくを助けにもいかない。行き方もわからないし、とりあえず何とかなってるから、今のぼくがいるわけであり。

 

きっと未来のぼくも、そんな感じなのだろう。

 

 

なんだかんだと、本気で探したなら、自分の居場所と言うのは、どこかにはあったりするような気もする。ただ、探せるだけ幸せだったりするのかもしれない。

 

 

ここまでの話、何かを言っているようで、内容のあることは何も言っていないと思う。

 

そもそも五レンジャーのたとえ話は、本当に必要だったのだろうか?

 

春っぽい話だ。どこかおぼつかない。ふらふらと千鳥足だ。そうだ。春なのだ。

 

相田みつを氏はすごい名言を残された。

だって人間だもの

 

自己肯定感がハンパない。春、まだまだ温暖の差があります。体調管理は大切です。健康がいちばんです。

 

結局なにが言いたかったのか考えてみる。わからない。いや、もうわからない。だ。

 

だって春だもの。春たゆたう。だって人間だもの!健康で楽しく生きていけたなら、幸いだ。

 

 

f:id:kotobatoasobi:20180427031402j:plain

 

レッツゴー

ブレイクスルー!

ではでは。

 

 最後まで読んで頂き、

ありがとうございました。