そうだ!画力をあげよう。

雑記ブログです。そうだ!画力をあげよう。と言う名のまごうことなき雑記ブログです。描け自分の青写真!

【液タブ】XP-Pen Artist15.6を使ってみて思うこと

【液タブ】XP-Pen Artist15.6を使ってみて思うこと

 

ぼくはふと、イラストを描きたいとな思いました。始めはスケッチブックに鉛筆で描いていたんです。そしたらやっぱり、液晶タブレットが欲しくなってしまいました。

 

ただ、WACOMの液晶タブレットでサイズも大きいものとなると、20万円近くになってしまう。これはいかがなものかと・・・。欲しいのは欲しい・・・。ただ現実問題として手が出せない。

 

仮に手を出したとしよう。ぼくはちゃんと使いこなせるのだろうか・・・。買っただけで、ホコリを被った状態になってしまわないのか?

 

そんなこんなで、値段がお手軽な液タブを選択することにした。 予算は四万円以内。選択肢の中には、HUIONやGAOMONもありました。ですが、ぼくはXP-Penを選択しました。液タブを購入しようと思った時期と、Artist15.6の発売の時期が近かったからだ。

 

 

これも何かの縁なのかなと、そんな感じで購入を決めました。もちろん値段も良かった。Artist15.6 アマゾンにて ¥ 37998円だった。

 

実際にArtist15.6を購入してみて

 

ぼくの家にArtist15.6がやって来た。ヤマト運輸のお兄さんが運んできてくれました。

 

f:id:kotobatoasobi:20180424212912j:plain

 

 

我が家に初めて液タブがやって来た。我が家に初めて液タブがやって来た。ぼくの気分はルンルンだ。ぼくはしばらく箱を眺めていた。ぼくは気づく。

 

箱の作りがそんなに洗練されていない・・・。ワコムの箱はもっとしっかりしていたぞ。大丈夫なのかXP-Pen・・・。神は細部に宿ると言う・・・。ぼくはその日は、箱を開けずに眠ることにした。

 

ぼくは、そのまま一週間ほど放置してしまった。購入すると満足しがちなタイプなのです。困ったものです。

 

 

Artist15.6を購入して箱を開ける。

 

こんなことではダメだ。購入しようとした時のドキドキとワクワクを思い出せ!ぼくは思い切って箱を開けることにした。

 

f:id:kotobatoasobi:20180424214158j:plain

 

箱に中には説明書やドライバーなんかが入っていた。

手袋もついてきます。↓

f:id:kotobatoasobi:20180424220820j:plain

 

 

説明書は日本語だけでなく、

英語

韓国語

中国語

フランス語

イタリア語

ポルトガル語などでも書かれている。

 

グローバルだ。時代はグローバルだ。ぼくは説明書を読んで少しはしゃいでしまう。そして、ドライバーを無事ダウンロードする。

 

もうすぐ液晶タブレットが本当の意味で我が家にやってくる。ぼくは液タブを使っている自分を想像してみる。とにかく上手に描けるに違いない。

 

ぼくはPCと液タブの接続に取り掛かる。そしてすぐに手が止まる。接続の仕方がわからない・・・。どうやら説明書には書いていないようだ。

 

調べようかとも思ったが、ぼくはArtist15.6を箱にしまうことにした。そしてその日は、寝ることにした。そしてそのまま、少しの間Artist15.6のことも寝かしてみた。

 

↓ ちなみに接続方法です。参考になりましたら幸いです。

f:id:kotobatoasobi:20180424215912j:plain

 

Type-CタブレットUSBHDMIケーブルをパソコン本体、赤いUSBは延長コードを使い、電源に入れて下さい。これでドライバをパソコンにインストールして、タブレットの電源をONにすれば、パソコンのモニターが表示されるはずです。

 

電源は入るのに画面に表示されない場合は、パソコン側のHDMI端子が生きているか確認して下さい。

 

グラフィックドライバに接続されておらず、ただの穴の場合があります。その場合は、別のグラフィックドライバにmini-HDMIの端子があります。そちらにmini-HDMIへの変換アダプタを使用することで認識されます。注意して下さい。HDMI、mini-HDMI、micro-HDMIと様々な規格があります。

 

 

 

 

Artist15.6を購入して三週間後

 

ぼくは接続方法がわかりさっそく、パソコンにArtist15.6を接続してみる。

 

ぼくは液タブを使ってみた。とにかく楽しかった。ただ、どうやら液タブを使用したからと言って、画力が上がるわけではないようだ。ただ、とにかく楽しかった。

 

Artist15.6のスペックについては、公式サイトにて詳細が説明されています。

Artist 15.6 液晶ペンタブレット - xp-pen

 

 

ただ、実際ペンですが、Wacomの製品と比較するとだいぶ軽いです。その軽さが人によっては使いにくいかもしれません。

 

f:id:kotobatoasobi:20180424221009j:plain

 

 

 

Artist15.6を半年ほど使用してみて

 

時よりパソコンがArtist15.6との接続を認知しないことがあります。その場合は、モニターのスイッチを入れても電源が入りません。おそらく配線の接触の問題と考えられます。再度、接続しなおすと認知されます。

 

多少ストレスを感じることはあります。それでも初めての液晶タブレットとしては満足しています。

 

一度、XP-Penのカスタマーサービスに連絡をさせて頂いたことがあるのですが、とても丁寧に対応して頂きました。

 

 

ちなみに、XP-Penの公式ツイッターです。

twitter.com

 

 

 

レッツゴーブレイクスルー!

ではでは。

最後まで読んで頂き、

ありがとうございました。