そうだ!画力をあげよう。

雑記ブログです。そうだ!画力をあげよう。と言う名のまごうことなき雑記ブログです。

『グレン・ビルプのドローイングマニュアル』を読んでみる。

グレン・ビルプのドローイングマニュアルを読んでみる!

どうすれば、今よりも多少なり、いい感じに描けるようになるのだろうか?

きっとこれまでの先人たちも、考えられたことでしょう。

ならば、

経験や知識をお借りいたしましょう。

ありがとうございます。ありがとうございます。

そんな、感謝の気持ちが大切なのかもしれませんね。

ありがとうございます。

 

グレン・ビルプのドローイングマニュアル

グレン・ビルプのドローイングマニュアル

 

 

ちなみに著者の

グレン・ビルプさんと言う方は、ざっく説明しますと、

芸術教育において、

また、アメリカのアニメーション業界において圧倒的な存在であるそうです。

指導者としてのキャリアは50年を超えられているそうです。

なるほどの、グレン・ビルプ先生ですね。

 


Glenn Vilppu's Figure Drawing Method (Part 1)

 

 

 

『グレン・ビルプのドローイングマニュアル』目次

 

もくじ

謝辞

はじめに

Lesson 1:  ジェスチャー

Lesson 2: 球

Lesson 3:  ボックス

Lesson 4:  球とボックス

Lesson 5:  楕円と円柱

Lesson 6:  基本の手順

Lesson 7:  アナトミー:Prat 1

Lesson 8:  アナトミー:Prat 2

Lesson 9:  2Dと3Dでの観察

Lesson 10:  モデリングトーン

Lesson 11:  直接照明

Lesson 12:  空気遠近法

おわりに

 

なんだか魅力的な項目がならんでいますね。

いきなり、すごい上手になっちゃったら、どうしよう?

そんな気すらしますね。

 

さっそく、取り掛かっていきましょう。

 

実践してみる

どうなの?

どうなの?どうなの?

 

f:id:kotobatoasobi:20180218181946j:plain

 

いいの?

これでいいの?

ぼくは分かっているのだろうか・・・。

 

f:id:kotobatoasobi:20180218181919j:plain

 

とりかかってみたものの、

やはり少し思うわけですよ。

なんだこれ?

本当にこんなことして意味あるの?

多少なりね。ありますよ。

大人ですからね。

そのまま、人の言うことを鵜呑みには出来ないですよね。

 世知辛いですね。

 

ですがね。

Lessonが進んでいくと、解るわけですよ。

あっ!

これって、こういうことだったんだ!

なるほど!

グレン・ビルプ先生~。

 

ありますよね。

昔、中学校の先生に言われた事とか、親に言われたことが、

自分が大人になった時に、初めて解る。

ああ~そうか~そうだったのか。

・・・・・・。

ごめんなさ~い。ありがとうございます~。

みたいなですね。

 

 

f:id:kotobatoasobi:20180218182728j:plain

 

ほう~なるほど。

へぇ~。

 

f:id:kotobatoasobi:20180218182802j:plain

 

ふう~ん。

そうですか。

 

f:id:kotobatoasobi:20180218182848j:plain

 

あくまで主観なのですが、

読んで良かったです。

ありがとうございます。

グレン・ビルプ先生と思いました。

 

頭を使って描くという意味がわかりました。

なるほど!そういう事だったのかと、

今までは・・・笑。

でも、きっと本当は、まだまだ文章の本当の意味を、

自分は解ってないんだろうな~と。

 

もっと描けるようになると、更に解るのかな~と。

困ったものです。

 

より、いい感じに描けるようになると、

幸いですね。

 

 

グレン・ビルプのドローイングマニュアル

グレン・ビルプのドローイングマニュアル

 

 

ユーチュブにも動画が、色々ありそうですね。

 

レッツゴーブレイクスルー

ではでは。