そうだ!画力をあげよう。

雑記ブログです。そうだ!画力をあげよう。と言う名のまごうことなき雑記ブログです。

アオリと俯瞰を描く!練習

アオリとフカンの顔を描く!

今回はアオリとフカンの顔を描いていきたいと思います。描いていく過程で、なにか発見があると良いなと思います。

 

 

 

 

アオリを描く!

そもそも「アオリ」ってなに?

アオリというのは下から見上げたアングルのことです。まずはアタリを作成していきたいと思います。

 

f:id:kotobatoasobi:20170402230011j:plain

 

 

上を向いている感じがしますね。見上げている感じがします。このまま、下描きを行っていきたいと思います。

 

f:id:kotobatoasobi:20170402230246j:plain

 

線入れをして、色をつけていきたいと思います。

 

f:id:kotobatoasobi:20170402230539j:plain

 

うん。そんなに悪くない。思っていたほど悪くない。ですが、顔のパーツに、バランスの問題がありそうですね。そして、少し後頭部が小さかったかもしれませんね。下描きの段階で、違和感に気づけるようになるといいですね。

 

そして、下描きでは鼻を点にしていたのですが、線入れでは、線がある鼻に変更しています。斜め上を向いているので、角度のある鼻がいいのではと考えてみました。描きながら選択肢が出てきている点に、向上のあとが見えますね。

 

 

 

フカンを描く!

そもそも「フカン」ってなに?

フカンというのは上から見下ろしたアングルのことです。

 

さっそくアタリを作成していきたいと思います。

 

f:id:kotobatoasobi:20170402231518j:plain

 

それでは下描きを行っていきたいと思います。

 

f:id:kotobatoasobi:20170402231817j:plain

 

うん。下を向いていますね。このまま、ペン入れを行い、色をつけていきたいと思います。

 

f:id:kotobatoasobi:20170402231959j:plain

 

フカンでも、線入れでは鼻を線のある鼻に変更しています。それはそうと、首が太くなってしまいました。それと、上半身になにか違和感がありますね。

 

顔のように今後、身体も斜め横などからも描きたい思います。描くには、すごく頭を使いそうですね。最終的には、躍動感のある絵が描けるようになるといいですね。

 

可愛らしい女の人や素敵な男の人を描こうと考えた場合に、可愛らしい・素敵には、そのキャラクターのポーズや表情も含まれている気がします。振り向きざまのキャラクターなんて描けると、かっこいいですね。

 

 

一年後、再度アオリとフカンを描く!そして説明する

イラスト描くようになって、約一年ほど経ちました。どうでしょう。少しは上手に描けるようになっていますでしょうか。いい感じで説明できれば幸いです。

 

アオリとフカンは描くこと多いですよ。イメージ的には下の図のような感じです。

 

f:id:kotobatoasobi:20180424001011j:plain

アオリ、フカンともに三面が見えるイメージです。フカンだと、1の面が顔、2の面が側面、3の面が頭ですね。アオリだと、1の面が顔、2の面が側面、3の面が顎(あご)ですね。なんとなくイメージがつかめると、描きやす気がします。

 

 

アオリを描く!

アオリを描いていきたいと思います。まずはアタリを作成しましょう。

 

f:id:kotobatoasobi:20180424000930j:plain

横線の目の配置ラインですが、アオリの場合は上に弧を描いています。これ、大切だと思います。それでは続けていきましょう。

 

f:id:kotobatoasobi:20180424001539j:plain

 

簡単に目、鼻、口、耳の場所を位置取りしました。アオリで大切なのは、顎の面積を増やして、頭の分を小さくしましょう。顔のパーツを高めに位置取りすると、バランスがよくなります。それでは仕上げていきましょう。

 

f:id:kotobatoasobi:20180424001958j:plain

 

う~ん。

さらなる向上を考えていきたいですね。

 

 

フカンを描く!

 

次はフカンを描いていきましょう。まずはアタリを作成しましょう。

 

f:id:kotobatoasobi:20180424002326j:plain

 

横に線、目の配置ラインですね。フカンの場合は下に弧を描いています。 これ、大切だと思います。それでは続けていきましょう。

 

f:id:kotobatoasobi:20180424002541j:plain

 

 簡単に目、鼻、口、耳の場所を位置取りしました。フカンの場合は頭の面積を大きくとりましょう。そして顎の小さくします。顔のパーツを低めに位置取りします。

 

そして、フカンの場合、目の位置がズレがちになりませんか?そのため、ぼくは目の位置を補助線を引くようにしています。それでは仕上げていきましょう。

 

f:id:kotobatoasobi:20180424003156j:plain

どうですかね。なんとなく、それっぽくはなっていますかね。練習して、いい感じに描けるようになりたいですね。

 

 

 

最後まで読んで頂き、

ありがとうございました。