なんだろう?なんかグッときた

雑記ブログです。タイトルだけでも覚えて帰って下さい。

【ゴールデンカムイ十巻】裏切りの白石、怒りの杉元、その決着の行方は?

ゴールデンカムイ十巻を読む!

 

ゴールデンカムイ、なぜこの漫画はぼくの心をこんなにも踊らせるのだろうか?おそくそれはキャラクターの濃い、強者の変り者たちが活躍するからじゃないだろうか?そして実はけっこう、残虐なシーンがあっつたりもする。それもわりとブラックジョークとして受け止めることが出来るから不思議だ。

 

ゴールデンカムイ十巻、今回新た活躍していく新キャラクターたちがいる。天才詐欺の鈴川聖弘、鈴川は刺青の囚人である。刺青の囚人には珍しく頭脳派の囚人である。喧嘩は弱い。ただ作戦を見破られてしまい、十巻で死んでしまう。他にも天才的銃器開発者、陸軍中将・有坂成蔵、長年の兵器開発により聴力が弱くなっている。それもあって、大声で話されるのです。そして鯉登少尉、鶴見中尉お気に入りの薩摩隼人です。鯉登少尉は十巻ではそんなに活躍していません。今後の活躍が楽しみです。う~ん、こんな風に新キャラたちを紹介すると、十巻はそんなに面白くないんじゃないのか?そんな印象を与えてしまいそうである。

 

が、ご心配なくゴールデンカムイ十巻、今回もおもしろいのだ。不死身の杉元をはじめ、脱獄王・白石など、安定感のある同じのメンバーが今回も大活躍します。

 

 

偽アイヌ村の村長をしていた刺青の囚人である、詐欺師の鈴川聖弘は杉元一行に捕らえられる。何やら鈴川は網走刑務所からの脱獄した他の囚人の情報を持っているとのこと。杉元たちは鈴川は連れ、土方たちと合流を目指す。

 

一方そのころ土方一味はというと、白石が第七師団に捕まってしまう。白石は自分が土方歳三と通じていたことが杉元にバレたら、自分の命が危ないと考え、逃げ出したのだ。で、なぜかタイミング悪く第七師団に捕まってしまう。土方歳三とキロランケが白石の救出に向かう。

 

土方とキロランケが白石が逃げられるチャンスを何度もつくるが、白石はそれに気づかづ、ぜんぜん第七師団の元を逃げ出さないのである。白石・・・。このままでは白石を連れた第七師団は本部に到達してしまう。

 

しびれを切らせた土方とキロランケは大胆な作戦にでる。場所は吊り橋、天候は雨、第七師団を白石が橋を渡っていると、橋の出口に土方歳三が仁王立ちである。土方歳三と言えども、あいては歴戦の猛者、第七師団でる。これいかに・・・。土方は剣を抜き、吊り橋を支える糸を切る。白石は第七師団の面々共々、川に向かって真っ逆さまに落ちていく。

 

川には手作りカヌーボートのような船を浮かべたキロランケがいるのだ。キロランケは白石を見つけて手を伸ばす。白石も手を伸ばせば届く距離、だが白石の脳裏に、自分を許さない杉元の姿が・・・。白石は手を伸ばすのをためらってしまうのだ。川に流されていく白石、救出作戦は失敗に終わってしまう。

 

 

 

 

 

その頃、病院にて土方歳三に右足を切断された二階堂は自暴自棄になっていた。ひそひそ話で、死んだ双子の片割れ・洋平と会話をしている?

 

洋平の右足燃えちゃったよ

江渡貝くんの家と一緒に・・・

足が無いと杉元を追えないね?

 

杉元を殺せないね?

 

そんな二階堂に天才的銃器開発者、陸軍中将・有坂成蔵は散弾が二発入る、義手をプレゼントするのだ。二階堂は言う。

 

ありがとう

知らないオジサン!!

 

もはや二階堂は縦社会に住人ではなくなってしまっているのだ。

 

 

土方歳三たちと合流した杉元は、白石の救出に詐欺師・鈴川聖弘を使う事を決める。鈴川は網走監獄の天獄・犬童四郎助に成りすますことを決める。

 

鈴川は言う。

 

誰か実在の人物に

成りすますっていうのは

その人物と似ていない部分を

減らすってことだ

 

鈴川は髪型を犬飼と同じにして、土方に犬飼の性格を聞く。さすがは天才詐欺師、誰が見てもそこにいるのは鈴川ではなく、犬飼である。鈴川は犬飼に成りすましているのだ。

 

 

犬飼に成りすました鈴川は変装した杉元とともに、第七師団、淀川中佐の元を訪れる。そして白石と天才贋作犯・熊岸長庵の交換を持ち掛ける。

 

金塊なんぞが

本当にあると

お考えか?

 

戦争時にて

敵国の贋札をバラ撒き

経済を混乱させる手段は

非常に有効だ

 

犬飼に成りすました鈴本は巧みに淀川中佐の心を動かしていく。その交渉の場に白石にが連れて来られる。作戦成功はもうマジか、そこへ鶴見中尉部下、鯉登少尉が現れる。薩摩弁での会話から目の前にいる犬飼が偽物であると判断する。そして、鈴川を撃ち殺す。杉元も撃たれているが、尾形の援護もあり白石を連れてその場をあとにする。

 

杉元たちは気球の試作機を奪い、どうにか鯉登少尉の追跡をかわして逃げ切る。だが、杉元と白石の関係である。杉元は白石が土方と通じていたことを知っている。白石はそれがバレて杉元に殺められるじゃないのかと、逃げ出したのだ。

 

一度でも

裏切ったやつは

何度でも裏切る

 

白石は再び命の危険を感じて逃げようとするが、杉元が呼び止める。土方一味と通じていた白石。白石は土方一味に、刺青人皮の写しを渡していた。が、それ実はデタラメのものだったのだ。杉元は言う。

 

白石は俺たちを

裏切っていなかった

 

これにてひとまず、無事決着である。白石は杉元一味に再びもどるのだ。

 

 

ゴールデンカムイ 10 (ヤングジャンプコミックス)
野田 サトル
集英社
販売価格 ¥555(2018年10月18日2時41分時点の価格)

 

 

最後まで読んで頂き、

ありがとうございました。

 

www.garyoku.xyz