そうだ!画力をあげよう。

雑記ブログです。そうだ!画力をあげよう。と言う名のまごうことなき雑記ブログです。描け自分の青写真!タイトルだけでも覚えて帰って下さい。

足を描く!コツってないの?

足を描く!コツってないの?

足を上手に描くのって難しいですよね。

キレイな足になりません。

どうしたらいいのでしょう?

 

 

実はってまっすぐじゃない?

そうなんです。

足を描く際、キレイな足というのは真っすぐなイメージがありますよね。

でも違うのです。

 

f:id:kotobatoasobi:20170320231821j:plain

 

太ももとすねの繋がりは、

二つの箱がズレて重なっているイメージで描いたほうが、キレイに描けます。

足を一つの長方形のイメージで描くとキレイに描けません。

 

自分の足を見るとわかりますよ。

決して真っすぐ直線ではないのです。

よくよく考えると、

足は一本の骨だけで、出来ているわけではないですからね。

 

このようなイメージで描くと綺麗になりそうですよ。

この点線のイメージです。

 

f:id:kotobatoasobi:20170320232535j:plain

 

ただ、気をつけたいのは、

足の内側と外側で、カーブの線が入っていく位置は違います。

ズレています。

 

これを同じにしてしまうと、

f:id:kotobatoasobi:20170320233253j:plain

 

う~ん。

ダメですね。

 

ズラしたほうがキレイになりそうですね。

 

f:id:kotobatoasobi:20170320233750j:plain

 

どうでしょう。

筋肉質な男性の足。

そんなイメージはないでしょうか。

 

次は女性の足を制作していきましょう。

 

f:id:kotobatoasobi:20170320233920j:plain

 

少しづつ良くなっているとは思うのですが、

キレイな足とは言い難いですね。

 

足の写真を絵に描いていきましょう!

 

f:id:kotobatoasobi:20170320235251j:plain

 

まずはアタリを作成します。

 

f:id:kotobatoasobi:20170320235327j:plain

 

見てください。

足は決して真っすぐではありませんよね。

 

実際に出来る人間の動きですね。

今回は写真を絵にしているため、ヘンテコなものにはなりませんが、

イメージなんかで描く場合は注意ですね。

足首からの下の足があさっての方向を向いていしまっていたり・・・。

 

色をつけていきましょう。

 

f:id:kotobatoasobi:20170320235733j:plain

 

 

思っていたよりキレイに描けた気がします。

ですが、まだ満足のデキにはほど遠いですね。

 

 

 

 

足を描く!骨から考えてみる

足も骨から考えていきたいと思います。

 

f:id:kotobatoasobi:20170323185941j:plain

 

足の骨は四つで構成されています。

大腿骨(だいたいこつ)脛骨(けいこつ)腓骨(ひこつ)

そして関節部分である膝蓋骨(しつがいこつ)です。

 

この骨の構図を見ると、足を真っすぐ描くと違和感がでる理由がわかりますね。

 

そう、足はまっすぐではないのです。

足の外側は、二つのカーブで描くと自然です。

中に骨があるからだということがわかります。

 

足の内側に関しては、キュッ!シュッ!みたいに描くと自然になります。

擬音、失礼しました。

キュッ!はカーブの部分です。シュッ!は真っすぐのラインです。

 

なんかこう、感覚的に掴めるといいですよね。

で且つ、足の内側もなんで膨らんでんだよ!

そう疑問に思いませんか?

この部分には筋肉・腓腹筋(ひふくきん)があるのです。

 

この部分には筋肉があると分かると、何だか描き方も変わってきますよね。

 

 

それではさっそく、

筋肉のことを頭の片隅に置きつつ、足を描いていきたいと思います。

 

f:id:kotobatoasobi:20170323191931j:plain

 

で、この時に、

アタリの〇がズレてしまうと、バランスがヘンテコなことになります。

そうならないためにも、

点線で横のラインを揃えてみましょう。

いい感じになりますよ!

 

f:id:kotobatoasobi:20170903014203j:plain

 

 

外側と内側のラインのバランスがいい感じだと、いいですね。

カーブですね。カーブの曲がり具合が手に馴染むと、いいですね。

なかなか、難しいですね。

 

う~ん。

更に描いていきましょう。

 

f:id:kotobatoasobi:20170903014443j:plain

 

なるほど。

 

f:id:kotobatoasobi:20170903014809j:plain

 

 

足首から下の足を描く!

 

足首から下の足のアタリです。

 

f:id:kotobatoasobi:20170522005420j:plain

 

親指側から小指側へのなだらかなラインが、ポイントでしょうね。

自分の足を見てみると、このような感じになっていますね。

 

このアタリを使用して、

足首から下の足を描いていきたいと思います。

 

f:id:kotobatoasobi:20170522005850j:plain

 

足首からの下の足。

自分の足をモデルに描けるのが、出来るのがいいですよね。

ポイントはかかとのラインでしょうね。

指と指の間の、短い縦の線、これが意外と重要ですね。

あるとないのでは、立体感にかなり差がデキてしまいそうですね。

 

かかとを上げている足首から下の足も描いていきたいと思います。

このような感じになりました。

 

f:id:kotobatoasobi:20170522010303j:plain

 

 

以前と比較すると、少しいい感じになってきた気がします。

足の底の、曲がっている箇所のカーブを描く線がポイントな気がしますね。

 

どうにか、足に見えるようにはなってきましたね。

それでも、修正していくポイントはまだまだありそうですね。

 

足の爪の描き方を、なんとなく描いているせいか、

違和感がある気がしますね。

こりゃあ、解決方法を考えなきゃなりませんね。

どうやるんでしょうね。

課題になりそうですね。

 

 

次は足の裏を描いていきたいと思います。

 

f:id:kotobatoasobi:20170522010830j:plain

 

爪を描く必要がなかったせいか、わりにいい感じですね。

それでも、描き慣れていない感がありますね。

結果、自信もって描けていない感が出ていますね。

やはり、反復練習は大切ですね。

 

次は、正面から足首から下の足を描いていきたいと思います。

正面からの足は難しいですよね。

どうなりますでしょうか。

 

f:id:kotobatoasobi:20170522011311j:plain

 

う~ん。

いい感じにならないですね。

試行錯誤が必要そうですね。

 

 

 

 

 

 

レッツゴーブレイクスルー!

ではでは。