鬼滅の刃なんかグッときた

こじらせております。

【鬼滅の刃】ヒノカミ神楽の秘密?炭治郎の父『炭十郎』何者なんだろう?

【鬼滅の刃】ヒノカミ神楽の秘密?炭治郎の父『炭十郎』何者なんだろう?

 

炭治郎の父・炭十郎

 

 

『鬼滅の刃』の主人公・竈門炭十郎のお父さん、
炭十郎(たんじゅう)とは何者なのでしょう?

 

竈門家の人たち

 

父・炭十郎
母・葵枝(きえ)

 

炭治郎・・・主人公
竹雄(たけお)・・・次男
茂(しげる)・・・三男
六太(ろくた)・・・四男

 

禰豆子・・・鬼になりました。
花子(はなこ)次女

 

www.garyoku.xyz

 

 

竈門家、父は病死。
炭治郎と禰豆子いがいの家族は鬼の来襲によって、
命を落としています。

 

ジャンプの人気漫画の主人公と言えば、
お父さんが重要です。もっというと血筋に秘密があったりします。

ドラゴンボール・悟空のお父さんがサイヤ人だったり、
ワンピース・ルフィのお父さんが革命家ドラゴンだったり、
幽遊白書・裏飯幽助は隔世遺伝して魔族になったり、
その場にいる宿命的なものがあったりします。
ストーリーが広がっていきます。

 

炭十郎のお父さんはどうでしょう?
なにかしらありそうな感じなのです。

 

続きを読む

【鬼滅の刃】炭治郎と栗花落カナヲがなんだかいい感じ!恋かしら?

【鬼滅の刃】炭治郎と栗花落カナヲがなんだかいい感じ!恋かしら?

 

【鬼滅の刃】炭治郎と栗花落カナヲがなんだかいい感じ!恋かしら

 

 

『鬼滅の刃』の主人公、
竈門炭治郎(かまど・たんじろう)と栗花落カナヲ(つゆり・かなを)がなんだかいい感じなのです。炭治郎にその自覚があるかどうかは別として。

 

栗花落カナヲの閉ざされた心を素直でやさしい炭治郎が開けていくのです。
陽だまりです。日向です。雪解けです。冷たい大地に柔らかい日の陽が差し込んでいくのです。

 

栗花落カナヲは感情を感じないタイプなのです。
昔はそんなことなかったんですよ。
ただ自ら何も感じない様になったのです。
生きていくために感情を遮断したのです。

 

栗花落カナヲはなかなかの、しんどい生い立ちなのです。

 

 

 

続きを読む

【鬼滅の刃】鬼殺隊のお館様/産屋敷耀哉の最期とは?

【鬼滅の刃】鬼殺隊のお館様/産屋敷耀哉の最期とは?

 

【鬼滅の刃】鬼殺隊のお館様/産屋敷耀哉の最期とは?

 

 

【鬼滅の刃】鬼殺隊のお館様
産屋敷耀哉(うぶやしきかがや)の最期とは?

産屋敷耀哉、享年23歳

 

産屋敷耀哉は病気を患っている

 

 

というか、
そもそも産屋敷耀哉とは、どのような人物なのでしょう?

 

続きを読む

【鬼滅の刃】猗窩座(あかざ)の過去と最後・やさしい子だったんだね

【鬼滅の刃】猗窩座(あかざ)の過去と最後

 

猗窩座(あかざ)

 

 

猗窩座(あかざ)とは?

上弦の参

炎柱の煉獄杏寿郎を倒した鬼です。
武を究めんとする鬼なのです。

 

 

www.garyoku.xyz

 

 


猗窩座は杏寿郎の強さを認めて、
鬼になることを誘います。

で断られます。
で戦うのです。

 

猗窩座は言うのです。

才能を持つ者が醜く衰えていくのがつらい。
耐えられない。だったら若く強いまま、自分があやめてやるよ。と・・・。

猗窩座は強さにこだわる鬼なのです。

 

 

猗窩座は言います。

弱者を見ると虫唾(むしず)が走る

 

 

猗窩座は弱者が嫌いなのです。
これは猗窩座の過去に関係します。

猗窩座、昔は優しい子だったのです。

 

続きを読む

劇場版ファイナルファンタジー【光のお父さん】を無料(フル動画)で見る方法とは?感想

劇場版ファイナルファンタジー『光のお父さん』を無料(フル動画)で見る方法とは?感想

 

 

劇場版ファイナルファンタジー『光のお父さん』を無料(フル動画)で見る方法とは?感想

 

劇場版『ファイナルファンタジーXIV』光のお父さん

★★★★★


劇場版『ファイナルファンタジーXIV』光のお父さん

笑って、泣けて、感動して、
いい時間を過ごせたなと・・・。

 

父と子の物語です。
大人になった息子と、60代の父。

 

父と息子、こりゃあ難しいぞ。
しかもお父さん、単身赴任でずっと家をあけていた仕事人間。
もはや家族にとっては異物です。

 

ただ、そんなお父さんを吉田鋼太郎さんが、
どこかチャーミングに演じられているのです。

とはいえ、
息子にとってはお父さんなんて宇宙人です。

あの人って、本当はどんな人なの?

その間を繋ぐのがオンラインゲームのファイナルファンジーだよと。
こりゃあ見ちゃいますよね。

 

どうなっちゃうの?
最後には息子は父に正体を明かすって言うじゃない。
ひゃーーーーーーー。


映画アベンジャーズみたいに、
物語の中にうねるような抑揚のあるストーリー展開があるわけでもなりません。
なんだったら、多分こうだろうと予測ができる展開だったりします。
それでも、グッとくるものがあってしまうのです。


ドキドキとワクワクとハラハラがあって感動があるのです。
主人公の仕事が広告代理店勤務です。
・・・・・・。
うん?なんやかんやで、
これもしかしてファイナルファンタジーの宣伝ぽくなっちゃったりしない?
大丈夫?
全くの杞憂に終わりました。


物語の終盤に嗚咽がもれてしまうとう・・・。
いや~久しぶりに「うううううううう~~~~~」
って泣いてしまうという。

いや~いい映画を観る事ができたもんだな~と。

家族である主要キャストがみなさんがすげぇよかったのです。


坂口健太郎

吉田鋼太郎

山本舞香

財前直見


吉田鋼太郎ってすげぇんだな。
坂口健太郎さんもいい感じだし、
なんだかんだよ山本舞香さん。
でもって、そしてしっかり脇をがちっと財前直美さんです。

いい家族だな~。

 

 

 

 

続きを読む

映画Diner(ダイナー)を無料(フル動画)で見る方法とは?感想

映画Diner(ダイナー)を無料(フル動画)で見る方法とは?感想

 

 

映画Diner(ダイナー)を無料(フル動画)で見る方法とは?感想

 

 

Diner(ダイナー)

★★★


Diner(ダイナー)

蜷川実花さんが監督だけあって映像は綺麗だし、
主役の玉城ティナさんはキレイで可愛いし、
コスプレみたいな制服がカワイイのです。

 

藤原竜也さんのボンベロはカッコいいし!
窪田正孝さんだってかっこい!
本郷奏多さんはイヤかんじのキャラクターをしっかり演じられています。

 

でも、あれ?
なんだか物語に入り込めないのです。

なんでなんだろうと・・・。
あっ!どうやらぼくはこの映画のターゲットになるお客さんじゃないんじゃ・・・。

そうDiner(ダイナー)
少女の成長 →
気づけば恋愛映画になっているのです。


Diner(ダイナー)という狭い空間での、
殺し屋同士のドンパチと、ちょっと目を覆いたくなる映像を綺麗に見せてくれるんじゃ・・・。
そのような期待をもって視聴してしまいました。

違う。
蜷川実花監督のDiner(ダイナー)は違うのです。

キレイ。
この映画は女性の方が楽しめるのかな?
そうなのかな?どうなんだろう?


とにかくぼくは、
この映画のメインターゲットになるお客さんではなかったなと・・・。

 

 

 

 

 

続きを読む

ゴジラ【キング・オブ・モンスターズ】吹き替え版を無料(フル動画)で見る方法とは?感想

ゴジラ【キング・オブ・モンスターズ】吹き替え版を無料(フル動画)で見る方法とは?感想

 

 

ゴジラ【キング・オブ・モンスターズ】吹き替え版を無料(フル動画)で見る方法とは?感想

 

 

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』

★★★★★

 

 

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』


映画が始まって20分もかからんかったと思います。
すっと物語の中へ没頭できました。

 

あとはもう、ワー!キャーワー!
そんなこと言っているうちに物語が終わっていたとう。
とても楽しい時間が過ごせた映画です。

 

ゴジラの戦いだけでなく、人間ドラマもあります。
『ケン・ワタナベ』のカッコよさ。

 

正直、そんなに期待していなかったのです。
ところがどっこいであります。

ゴジラ。神々しいのです。
モスラ。美しいのです。

どうやら、王ゴジラと女王モスラはいい感じなのです。
かといっても健全な交際です。
交際?

まあねぇ~。


ゴジラいや、ガジィラ。
いえいえ、ゴジラ。そうゴジラ。
キング・オブ・モンスターズなのです。

 

モスラもキングギドラも、ラドンも出てきます。
環境テロリストだって出てきます。

 

そしてモナーク。

モナークとは、
世界各国の怪獣たちの研究、調査を行う国際研究機関なのです。

 

 

 

 

 

続きを読む

【高齢者向け】大相撲クイズ!簡単なヒントがついています。

【高齢者】大相撲クイズ!簡単なヒントがついています

 

 

【高齢者】大相撲クイズ!簡単なヒントがついています。

 

 

 

レクリエーションのお時間にどうぞ
大相撲クイズです。70問
簡単なヒントがついています。

 

 

日本書紀には天皇の前で野見宿禰(のみのすくね)と当麻蹴速(たいまのけはや)が力比べをした伝説が残っています。
それが相撲の始まりとされています。紀元前1世紀ごろの話です。あくまで伝説です。

 

続きを読む