そうだ!画力をあげよう。

雑記ブログです。そうだ!画力をあげよう。と言う名のまごうことなき雑記ブログです。

【不倫】相談を受ける!最終的に二人で飴を舐めた話

不倫の相談を受ける!

 

あれはぼくが二十七歳の頃でした。友人の女性から不倫の相談を受けたことがあります。何人かで呑んでいた際の、三次会ぐらいの話だったと思います。彼女は言いました。

 

友人女性「実はね・・・」

ぼく「・・・」

 

僕の内心は、

 

えっ!

えええっ!

 

 

相談を聞く!

 

なんでも相手は会社の上司とのこと。お子さんはいないとのこと。ぼくは驚きました。不倫、自分の身の回りにそんなことがあるだろうと思いつつも、実際に耳にすると、なんて生々しんだろう・・・。

 

そしてふいにぼくは、彼女が高校生時代にスリーポイントシュートの練習をしていたことを思い出しました。部活終わりによくスリーポイントシュートの練習をしていした。あの時から十年ほどの月日がたって、今の彼女が目の前にいる。

 

あの放課後、体育館の片隅でスリーポイントシュートの練習をされていた女の子が・・・。今はそう、不倫か・・・。知らない間に月日は流れていたもんだ。一転して自分はどうなのだろうか?高校生時代、ぼくは自転車を全力で漕いでいた。そして二十七歳のぼくも、未だに自転車を全力で漕いでいた。なんなら27歳のぼくなど中二だ。中二なのだ。

 

そしてぼくは思いました。多分、相談する相手間違えてるぞ。中二の私に不倫についての相談などのれるのだろうか・・・。いや待て、これはあえてぼくに相談してきたのだろうか?彼女は、ぼくなりの意見を聞きたいが故に、ぼくに相談してきたのだろうか?これは友人として、しっかり忠告をせねばならないぞ。

 

続きを読む

【LAQ】Mini T-Rexを制作する!うん?ラキューってなに?

結果、LAQ(ラキュー)を購入する!

 

最近なんだか手の平が痛いのです。怪我?いや、手の平が凝っているのです。両手の親指の付け根、人差し指の関節が痛いのです。困ったものです。マッサージ屋さんにてマッサージを受けたところ、なんでも手の平は疲労物質がたまりやすいとのことでした。

 

手の平を触ったときにゴリっと塊を感じる場合って、ありますよね。あれ、デポジットと言うらしいですよ。そしてデポジット、その正体は頑固な疲労物質です。手のひらは疲労物質が溜まりやすいそうです。先端だからでしょうかね。

 

どうしてもパソコン作業をしていると手の平が凝ってしまいますよね。根本的な問題の解決を行いたいものですね。もちろんマッサージを受けれと気持ちよく、楽にはなります。

 

他になにかいい方法はないだろうか?と・・・。ならば、普段使わない手の使い方をすれば、いいんではないだろうか?そうすれば手の平の凝りなんて!

 

 

で結果、以前より気になっていました。LAQ(ラキュー)を購入してみました。そうですよね。人によってはLAQ?なにそれ?ですよね。

 

LAQとはパズルブロックです。そうです。LAQとはパズルブロックなのです。で、パズルブロックってなに?ですよね。

 

例えばですね。下記のようなパズルブロックがあります。それを組み合わせて色々作っていくわけですね。形の違うレゴのようなことですね。

 

f:id:kotobatoasobi:20180622030808j:plain

 

ただ、ですね。パズルブロックは左右だけでなく、上下にもつなげることが出来ます。

というこうはですね。斜めにも繋げることが出来るわけですね。

 

f:id:kotobatoasobi:20180622031620j:plain

 

立体的につながっていますね。いい感じですね。もう楽しいです。これ、お子さんは楽しいでしょうね。子ども時代にブロックにハマった記憶って、なんとなくありますよね。ただその時って、斜めに繋げることって難しかったですよね・・・。

 

続きを読む

ガンバレ育児!【AI時代の子育て戦略】を読む!感想!

【AI時代の子育て戦略】を読む!

 

AI時代の子育て戦略、すばらしく魅力的なタイトルだなと思って購入してしまいました。今後AIの時代が来るらしい・・・なるほど、なるほど。で、我々人類はどうしたらいいのでしょう?

 

この先、新しく生まれてくるお子さんたちはどうなってしまうのでしょう?・・・。AIそれはもはや、ターミネーターのイメージです。どちらかと言うとターミネーター4です。こわいんだか、便利になるんだか・・・。現在ある仕事の多くは失われるとか、いいますよね・・・そんな時代の子育て?どうなることやらですね。

 

ぼくは子供がいません。ですが育児関連の本を読むようにしています。お恥ずかしながら、せめて自分をいい感じで教育できないだろうか?そんな目線で読ませて頂いてます。本当はこうしてほしかったな~やら、どうしればより良くなるのだろうか?的なこと。残念ながらもう大人です。自分で自分を育てにゃなりませぬね。

 

 

AI時代の子育て戦略 (SB新書)

AI時代の子育て戦略 (SB新書)

 

 

 

著書は成毛眞(なるけ まこと)さん

成毛さんは元日本マイクロソフトの社長さんです。AI時代についての考え方にも信憑性が出てきますよね。

 

著者成毛さんの大まかなプロフィールです。

HONZ代表。元日本マイクロソフト社長。インスパイア取締役ファウンダー。スルガ銀行社外取締役。早稲田大学ビジネススクール客員教授。週刊新潮、週刊東洋経済、月刊クーリエ・ジャポンにエッセイ連載中です。

  

続きを読む

【外食】料理持ち帰り!なかなか言えない。どう言えばいい?考える

『外食』料理の持ち帰りについて!

 

6月18日発売の日経MJに外食時の食べきれなかった料理の持ち帰りについての記事が、掲載されていました。外食時、料理が食べきれない、そんなことってありますよね。無理して食べたりしますが、お腹が減っているとき食べたほうがおいしいですよね。

 

食べきれなかった際の料理の持ち帰りに賛成派が43.3%とのこと。どちらかと言えば賛成派は44%とのことです。合計すると87.3%が持ち帰りに賛成ということになりますね。(ホットペッパーグルメ外食総研調べ)

 

 

ちなみにそれぞれ、賛成反対の理由です。

 

賛成の理由

  • 残す(捨てる)のもったいない
  • 食品ロス対策として有効だと思う

 

反対の理由

  • 食中毒など衛生上の不安を感じる。

 

どちらにも納得できますね。家に小さいお子さんがいる家庭だと、残すのもったいななと思いつつも、食中毒の危険性も考えてみたりしちゃいますよね。なかなかどうしてですね。

 

ただ注目したいのは、持ち帰り賛成派は87.3%だったにも関わらず、実際に持ち帰ったかどうかの回答に持ち帰ったと答えた方は、35.4%とのことだそうです。

 

なんだなんだ、何が原因なんだそれは?そう思いつつも、理由は恥じらいでしょうね。恥ずかしいから、店員さんに持って帰れますか?と聞くの恥ずかしいから・・・。それが主な原因な気がしますよね。

 

実際に持ち帰らなかった理由

  • 持ち帰ることができる飲食店なのか分からない
  • 持ち帰る際、移動中の汁のこぼれやにおいが心配
  • 持ち帰りができない飲食店がある
  • 周囲の目が気になって、持ち帰りたいと言い出しにくい

 

日経MJでは今後企業が取り組むべき課題として取り上げていますね。無論そこにはビジネス的なチャンスがあることも含めつつですよ。自己責任の注記や、においやこぼれが発生しない容器、外食産業の種類によっては女性受けする容器のデザインの重要性など、など。

 

 

ただなんでもかんでもお店側に任せてしまうというのも、なかなかどうして、いざという時自分の体が動かないんじゃないだろうか?そんな心配もありますよね。もし仮に地球が食糧難に陥ってしまったなら・・・。そこまでいかなくても、タフさは重要ですね。

 

続きを読む

【もう帰りたい】を考察!我々は、本当はどこに帰りたいのだろうか?

もう帰りたい!と思うこと

 

ぼくはそれほど強い自己主張をするタイプの人間ではありません。日々が穏やかであることを望んで生きています。穏やかな人間でいたいのです。やさしい人間でいたいのです。そんなぼくの中にある、非常に強い気持ち。その名はもう帰りたい!

 

もう帰りたい!自分の中にある、これほど強い気持ちをぼくは知りません。

ブレない気持ち、もう帰りたい。

 

 

f:id:kotobatoasobi:20180619181419p:plain

 

 

もう帰りたい!は様々な場所で発動されます。気のすすまない飲み会の二次会。なぜ、二次会があるんだ?楽しいのはあなただけですよ。ぼくたちの明日を奪わないでほしいのです。気づけば終電がないじゃないか・・・。始発までの二時間。実にもう帰りたいものものです。本音を言えば一次会の半ばぐらいには、もう帰りたいかったのです。

 

続きを読む

【そして父になる】感想?【ネタバレあり】家族の繋がりを考える!

【そして父になる】を見てみる!

 

主演

福山雅治

尾野真千子

真木よう子

リリー・フランキー

田中哲司

井浦新

ピエール瀧

國村隼

樹木希林

夏八木勲

など。

 

 

あらすじ

ざっくりとしたあらすじです。

六才の子供がいる親子がいる。実はその子は病院で取り違えられていました。血の繋がりのない子供を6年間育ててた二組の親子。二組の親子は取り違えの事実を知り、どうするのか?互いの子供を交換するのか?それともこれまでどおりの生活を続けるのか?・・・そんな感じです。

 

 

 


映画『そして父になる』予告編

 

 

続きを読む

う~ん。車の運転が苦手です。家族のために【ボルボ】は安全らしい!

自分の車にこだわるということ!

 

ぼくはあまり車に興味がありません。できれば運転もしたくないです。そもそも運転が苦手なのです。教習所ではグレてしまおうかと本気で思いました。悲しいかな、駐車場が広くないお店には、特別な用がない限り行きません。

 

空間認知能力も低いのでしょう。いつも使う道すら、違う方向から入ってきたなら、そこはもう別世界です。この道をそのまま進めば、あっちの道に繋がってるだろう~的な会話をされたなら、ぼくは空返事する以外の術がありません。笑。そんなもんだからあまり車に興味がないのだろと思います。

 

 

ただ、男性で車が好きな方は多いですね。女性でも車が好きな方は好きですね。個人的に、これはいったい何故なんだろう?と疑問に思っていました。車が好きと言うのは、靴が好きということと同意語なのでしょうかね。どうなんでしょうね?

 

 

車と言うのは経済力やステータスの象徴になるとのこと。人は、なりたい自分を愛車に投影する傾向が強いとのこと。確かに小柄な方で、そのことをコンプレックスに考えておられる方は、割と大型車に乗っているような気がする。逆もありますよね。えっ?ミニクーパーなの? そんなこともありますよね。

 

 

続きを読む