そうだ!画力を、あげよう。

基本的にはイラスト制作の初心者がイラストの上達を目指すブログです。その他、お金のこと経済のこと学びます。

ドラゴンボール超画集を読む!

ドラゴンボールの超画集を読んでみる!

みんな大好き、ドラゴンボールです。

鳥山明先生です。

 

f:id:kotobatoasobi:20180426005105j:plain

 

なにがスゴイって、

鳥山明さんのイラストを見ると、

とても元気がでます。

前向きな気持ちになれますね。

ストーリーに陰の要素がないからでしょうかね。

それとも、イラストにオレンジ色が多いからでしょかね。

 

ひきはじめの風邪なら治るんじゃ、そんな感じすらあります。

 

 

ドラゴンボール超画集には1984年~2013年までのイラスト、

400点以上が収録されています。

 

鳥山明さん、さん?うん?

さんづけにはなんだか違和感がありますね。

先生がしっくりくる感じが、すごいですね。

 

画集のはじまりは、

鳥山明先生からのあいさつで始まります。

 

イラスト集のコメントでこんな事を申し上げるのはも

ちょっとあれなのですが、

ドラゴンボールという作品を

あまり絵にチカラを入れていませんでした。

 

「じゃあ他の作品はちゃんと描いているのか」

なんてつっこまれると困るのですが(^ ^) 

 

とにかくこの漫画は、動きの表現に重点を置き

絵は意識して(?)あまりこだわらないようにしていました。

 

おかげで画面にスピード感が出せたんじゃないか

なんて、自分では思っております。

 

これが、「イラスト集を出すほどの絵かな~」

とバレてしまった場合の言い訳であります。

 

今もずっと勉強を続けておりますのでどうか御容赦ください。

 

見ていただいた方、特に購入していただいた方、

ありがとうございます。

 

鳥山明

 

カバーを外すと、

表紙はこのような感じです。

 

f:id:kotobatoasobi:20180426011140j:plain

 

もうすでに、

楽しそうですね。

悟空とブルマの出会いのシーンがありますね。

そうですね。ここから物語が始まったんですね。

 

 

 

超画集の目次

 

MESSAGE  FROM AKIRA TORIYAMA

1984

1985

1986

1987

1988

1989

1990

1991

1992

1993

1994

1995

1996

1999

2001

2002

2003

2004

2005

2006

2007

2009

2011

2012

2013

ARCHIVE

鳥山明的超会見

鳥山明的超会見追加版

完全作品解説

 

超画集の掲載イラスト!

1985

f:id:kotobatoasobi:20180426011842j:plain

イラストを見ているだけで、

ワクワクしますよね。

そして、この頃のヤムチャの存在感。

 

f:id:kotobatoasobi:20180426012100j:plain

 

ブルマと悟空ですね。

前後の物語を想像してしまいますね。

 

 

1986

f:id:kotobatoasobi:20180426012159j:plain

 

機械を描くのだって、上手ですね。

 

f:id:kotobatoasobi:20180426012327j:plain

 

また神龍が、

カッコいいですよね。

 

 

1989

f:id:kotobatoasobi:20180426012443j:plain

 

家族が出来たり、

仲間が増えていく感じ!

 

 

1999

f:id:kotobatoasobi:20180426012619j:plain

 

このイラストは有名ですね。

いろんな場所で見ますね。

 

 

1991

f:id:kotobatoasobi:20180426012751j:plain

 

フリーザですよ。

最終形態が強すぎて、

みんなビックリでしたね。

 

 

1995

f:id:kotobatoasobi:20180426012928j:plain

 

もはやなんだか、

安心すらしますね。

 

 

2012

f:id:kotobatoasobi:20180426013247j:plain

 

鳥山明先生、

絵のタッチが変わりましたね。

 

 

2013

f:id:kotobatoasobi:20180426013538j:plain

 

やはり、

鳥山明先生、

絵のタッチが変わりましたね。

1984年~2013年のイラストを比較できるのはいいですね。

 

 

ドラゴンボール超画集を読んで思ったこと

超画集を読んで、ぼくは安心してしまいました。

鳥山明先生の絵はもちろん上手なのですが、

もうそれ以上ですね。

 

鳥山明先生のイラストを見て、その時代の自分を思い出す感じなんですよね。

その時の自分の状況、友人のこと、悩んでいたこと。

そして、

なんだかんだ色々なことがありながらも、

今それなりに自分が生きている状況を客観視して、頑張ってきた自分、

且つ、周りの人への感謝。

 

ドラゴンボールは、ぼくの人生の中にだいぶ内在化してしまっているんでしょうね。

ドラゴンボールごっこやってましたもん。

 

よくよく考えたら、

市民権を得ている漫画ですよね。

 

鳥山明先生のイラストのタッチが変わってしまったことが、

少し寂しくもありつつ、そんなことはどうでもいいことなのかもしれませんね。

 

そもそも、

イラストのタッチが変わってしまって少し寂しいということ自体、

鳥山明先生の手を離れた、自分のイメージの中のドラゴンボール

心のドラゴンボールを持っているということかもしれませんね。

 

自分でも何を言っているのか、よくわかんないですね。

 

 

超画集に感化されて、

ドラゴンボールZ 復活のF』を鑑賞してみました。

 


映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』予告

 

久しぶりに見ても、フリーザは悪い奴で、

なんだか今回は金色にパワーアップするようなのですが、

それでもきっと、悟空には勝てないでしょう。

絶対に悟空が勝つことはわかっています。

 

それでも楽しいのです。

小学校時代の同窓会に出席にしたような。

きっとこれまで、それなりにみんな色々あったのだろうけど、

とりあえず今、元気にやっていますね的な。

次回いつになるのか分からないけど、

その時も元気で会えるといいですね~的な、

勝手にそんな感じです。

 

こんど風邪のひきはじめに、

ドラゴンボール超画集を読んでみようと思います。

効き目があるといいですね。

 

 

 

レッツゴーブレイクスルー!

ではでは。

 

 

 

DRAGON BALL超画集 (愛蔵版コミックス)

DRAGON BALL超画集 (愛蔵版コミックス)